ブログ

2020年10月19日 Mon

_

「初めての人にもできる!古民家再生絵本」発刊

「初めての人にもできる!古民家再生絵本」が発刊になりました。

「古民家への道」「初めての人にもできる!木組の家づくり絵本」との姉妹本です。

今回は、古民家の耐震性能と温熱性能の向上のノウハウをすべて公開しました。

本書に掲載されている「漢方の本陣」は、2019エコハウス大賞と2020ウッドデザイン賞を受賞いたしました。

古民家再生の実務者の方には、きっと役に立つ絵本になったと思います。

今週の末には書店に並びます。Amazonでも買えます。

わかりやすい緻密なイラストが特徴です。

是非お手にとってご覧下さい。

以下趣旨説明です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本書は、古民家の構造と美学を紹介した「古民家への道」(既刊)の姉妹本として描かれています。

「古民家への道」で掲載いたしました理論と事例の、実践的な再生法を図説する絵本です。

これからの未来に向けた、古民家の「なおしかた」を、歴史と技術の両面から解説しています。

今私達の住んでいる住いは、古代の竪穴式住居から現代住宅に至るまで、その仕組みの原理原則に大きな違いは無いと考えます。

私の家づくりの原点は、古民家といわれる明治以前に建てられた日本独自の「民(たみ)の家」です。

ところが、日本の家は、明治維新で西欧化し、第二次大戦後にアメリカンナイズしたことによって構法の変化が起こり現在に至っていると考えられます。

そこで本書では、古民家の優れた理念や技術が、明治以来継続してこなかったことに注視して、古民家と呼ばれる伝統家屋の優位性を、その理念と技術に学ぼうと考えました。

つまり150年前に失われた日本独特の古民家の技術を、現代に伝え広めたいと考えていたのです。

日本の民家は、強度によって力を押さ込む「強度設計」ではなく、柳に風の力を逃がす「減衰設計」です。生命を守るためには、自然の猛威をいなす古民家の知恵を見直すことが必要だと考えています。

さらに古民家は、地理的、民俗学的な視点からも、日本の気候風土にそった美しさがあります。

そこで、柱・梁構造による壁に頼らない「限界耐力計算」を駆使した日本の住いの行方を追求する必要があると考えます。

この本では、わたくしが取り組んできた再生事例を中心に、その具体的な手法をイラスト化しています。

「耐震性能の向上」や「温熱性能の向上」の両方を実現化する手法も紹介しています。

日本の優れた文化を子孫に伝えるためにも、多くの人に古民家の再生を実践してほしいと考えています。

そのために、「古民家に住みたい人」や「古民家を再生したい」初心者向けて書かれた解説書です。

今のわたくしの考えられるだけのノウハウを余すところなく描きました。お役に立てれば幸いです。

 

 

2020年10月19日 Mon

_

「安達屋」豆腐店はじまりました

ワークショップ「き」組で取り組んでまいりました「安達屋」豆腐店がはじまりました。

「安達屋」豆腐店はじまりました

2020年10月19日 Mon

_

WS「き」組「野田の平屋」ライブ内覧会のお知らせ

WS「き」組で進めてまいりました「野田の平屋」が竣工いたしました。

コロナの影響で内覧会をライブ配信の動画で行うことになりました。

10月20日15時より随時行います。夜景が美しいので、夕方暗くなるまでお送りします。

御用とお急ぎでない方は、是非ご覧下さい。

木組の平屋のおおらかな空間を体験できます。

「野田の平屋」ライブ配信のお知らせ

2020年10月14日 Wed

_

「ウッドデザイン賞」W受賞のご報告

この度、松井事務所で取り組んでまいりました仕事が「ウッドデザイン賞」を受賞いたしました。

「漢方の本陣」の古民家再生と「東馬込の家」木組の家の2軒がW受賞いたしました。

詳しい受賞名と内容は、12月11日に発表になります。コロナで授賞式は行われないようです。

取り急ぎのご報告ですが、これもひとえに皆様のご支援とご協力の賜物と感謝致します。

 

 

 

 

 

2020年10月05日 Mon

_

「初めての人にもできる!木組の家づくり絵本」電子書籍化完了!

拙著「初めての人にもできる!木組の家づくり絵本」電子書籍化しました。

気軽に読めて、楽しめる絵本としてご活用下さい!

こちらからご購入下さい。

https://books.rakuten.co.jp/rk/00676d0f925f30ea8abd9192c92ca974/?l-id=search-c-item-text-01

2020年10月05日 Mon

_

「古民家への道」電子書籍化完了!

拙著「古民家への道」が、電子書籍化しました。

身近な読み物としてご利用下さい。

台湾の楊棟梁!お待たせしました!

こちらからご購入下さい。謝謝!

https://books.rakuten.co.jp/rk/a44bd3f394fc3b0aa2d9173208a7431e/?l-id=search-c-item-text-01

2020年10月01日 Thu

_

WS「き」組の「野田の平屋」完成間近

「野田の家」完成間近

2020年10月01日 Thu

_

新建ハウジングの取材を受けました

新建ハウジングという建築の専門新聞社の取材を受けました。

別冊の巻頭のOpinionです。

木の家の「豊かさ」と「快適性」についてお話しました。

「豊かさ」とは本物の木の空間に包まれて暮らすこと、「快適性」とは温熱環境の良い家に住むこと。

また、いま必要なことは、「職人の育成」です。それには「無垢の木の手づくりの家造り」を「実践」「継続」することだと思います。

よろしければ、記事をお読みください。

 

2020年09月22日 Tue

_

リフォームの時期が来ました!

最近、松井事務所が設計した建物のリフォーム依頼が増えています。

事務所を構えて35年になりますが、20年から25年位前に建てた建主さんから、最近よくご連絡をいただきます。お子さんも家を出て夫婦二人になったのを機会に、設備器具や外装を更新します。

訪ねてゆくと、きれいに住んでいらして、大事にされているんだなァと安心します。ありがとうございます。

写真は「善福寺の家」1997年竣工と「越谷の家」1995年竣工です。両方とも懐かしく想い出深い住まいです。

どちらも阪神大震災後の建物です。

耐震の工夫として貫を採用しました。貫は明治以前の日本建築の構造の要でしたが、筋違が入ってきて衰退しました。繰り返しの力にも耐える優れた構造です。

今回の改修で不具合を直して、まだまだ長く使っていただければと思います。

 

 

「善福寺の家」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「越谷の家」

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年09月21日 Mon

_

WS「き」組の「野田の家」がもうすぐ完成します

「野田の家」もうすぐ完成

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ