ブログ

2017年08月18日 Fri

_

「井の頭の家」構造見学会開催

いよいよ「井の頭の家」が上棟します。

この建物は、地下駐車場を備えた3層の木組の家です。

一層の建坪が12坪のコンパクトな家ですが、各階ともワンルームのような広がりのある部屋の積み重ねです。

上棟後の落ち着いた時期に構造見学会を行います。

長い時間を生きた、丈夫な「民家」に学んだ木組です。

この日は、木と木を組み上げた柱・梁の見える最もダイナミックで美しい架構を見ることが出来ます。

特に柱と柱を貫く「貫」は、建物を倒壊から救います。繰り返しの揺れにも「復元力」を発揮して元に戻ります。

建主様のご厚意によって構造見学会を開催させていただきます。

「木組の家」にご興味のある方は、ふるってご参加ください。

お申込みは、松井事務所までメールもしくはFAXにてお申し込みください。現場の地図をお送りいたします。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

2017年08月10日 Thu

_

「井の頭の家」構造見学会

わたしたちつくる家は、柱や梁などのすべての木材が見えます。

むかしからの日本の「民家」です。

日本の民家には、地震に強い工夫が有ります。

「貫」と呼ばれる、柱を貫く横材は、大きな地震の揺れにも崩壊することはありません。

どうぞこの機会に、骨太で美しい構造を見に来ませんか?

 

2017年08月10日 Thu

_

中学生の取材を受けました

当事務所に、建築に興味があるという中学生が取材に見えました。

いろいろな質問にお答えしましたが、思いっきり「木組の家」の話になりました。(笑)

記念撮影に木組のやぐらまえでパチリ!新聞に載せるそうです。

将来木の家に関わってほしいですね。楽しみにしてますよ。

2017年08月10日 Thu

_

「浜田山の家3」配置確認

「浜田山の家3」建物の配置とレベルを確認しました。

地盤のよい高台に、南を大きく開けた広い庭と伸びやかな外観の家が建ちます。

周辺に馴染むように設計しましたが、軒先を1.2メートル出したので、出来上がるとかなり大きく見えるでしょう。

設計者は控えめな性格なのですが、出来てくる建物は控えめながらも目立ちます・・・。

猛暑の中、鳶職の方たちが根切りをはじめています。

東京では、土工事は鳶の仕事です。建物の上棟のときには高いところに登る鳶職ですが、この日は地面に張り付いていました。

基礎工事が終わるまで、日射のきつい逃げ場のない仕事です。ご苦労さまです。

 

 

 

2017年07月31日 Mon

_

「浜田山の家3」材料検査に行ってきました

「浜田山の家3」が始まります。

天竜から届いた木材の検査に行ってきました。履歴のわかる天然乾燥のスギ・ヒノキは、含水率23%内外で木理の美しい材でした。

詳しくはこちらから。

「浜田山の家3」材料検査

2017年07月23日 Sun

_

「井之頭の家」地下駐車場の工事進行中

炎天下の中、井之頭の家の駐車場の配筋が進んでいます。

RCで跳ね出す階段の施工に苦労しております。

型枠の設置を終えて、いよいよコンクリートの打設です。

駐車場の姿を見ることができるのはもうすぐです。

2017年07月23日 Sun

_

八王子の古民家再生

八王子で進めております古民家再生の図面ができました。

茅葺きの平屋ですが、大きな屋根を生かしたロフトの利用を考えています。

茅はおろして、断熱改修します。もちろん耐震補強を進めながらの再生です。

「懐かしくてあたらしい」古民家再生です。乞うご期待!

 

2017年07月21日 Fri

_

木組ゼミに伊礼智さん登壇

毎回の講師陣がすごい!と評判の木組ゼミですが、今回は飛ぶ鳥を落とす勢いの伊礼智さんです。

詳しくはこちらから。

木組ゼミに伊礼智さんをお招きしました

2017年07月12日 Wed

_

本と暮らす「阿佐ヶ谷の家」を事例集にUPしました

ワークショップ[き]組の事例集に、本と暮らす「阿佐ヶ谷の家」を掲載しました。詳しくはこちらから。http://kigumi.jp/works/%E9%98%BF%E4%BD%90%E3%83%B6%E8%B0%B7%E3%81%AE%E5%AE%B6

2017年07月10日 Mon

_

古民家再生ゼミ講評会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「古民家再生ゼミ」最終日は、川崎民家園で実測した「伊藤家」を宿泊施設に改修するという設定で、受講生のみなさんに発表していただきました。

耐震補強はもちろん温熱環境の向上を目指すという難しい課題でしたが、力作揃いでした。

今回は少人数なのでじっくり講評に時間をかけ、構造に詳しい「き」組メンバーの山中さんにお願いして、計算ソフトを使うときの留意点など解説していただきました。

受講生からは、「コンピューターに任せっぱなしは、いけないですね。」と反省の弁も聞かれました。

オブザーバーに、政策投資銀行の方を迎えていましたが、次は古民家利活用の事業化の話も伺おうということになりました。

日本中に残る多くの古民家を利活用することで、貴重な財産を取り壊しから守りたいですね。

 

 

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ