ブログ

2006年01月14日 Sat

白浜 野島崎灯台

_

白い灯台が青い空と海に向かって建っています。灯台ってなんだか頼りになるっていう感じですよね。船の航行を見守っているからでしょうか?それとも私たちが、どこかに行くべき方向を照らしてくれているからでしょうか・・・春よ来い。

「白浜 野島崎灯台」

2006年01月13日 Fri

白浜 顔岩

_

寒い日が続きます。豪雪お見舞い申し上げます。
再び暖かい房総は白浜の昨年春のスケッチです。顔のような形をした岩が、とてもユーモラスなので描きました。今にも動き出しそうな岩で、まるで漫画映画に出てくる風景のようです。日本の風景をもっともっと描きたいですね。これからも絵になる風景が残せますように・・・

「白浜 顔岩」

2006年01月12日 Thu

初釜 おせち懐石

_

初釜のときにただいたおせちの懐石料理です。春慶塗のお重。大徳寺の銘があって感激。重の中身、伊達巻卵、鴨燻製、白身魚焼物、うに、黒豆、数の子、ごぼう、ふき、なます、香の物。汁物、えび、つみれ、青物のおすまし。小鉢、牡蠣。お多福豆、カラスミ。朱杯。日本酒もしっかり頂きました。その後のお抹茶やお茶碗も素晴らしいものでした。

「初釜 おせち懐石」

2006年01月11日 Wed

茶席 釈迦来迎図

_

以前の茶席のスケッチです。蓮の蕾の朱色に目を見張りましたが、掛け軸の釈迦来迎図のすばらしく繊細で美しい筆致には驚きました。茶席が高貴な空気につつまれていました。このような時間を大切にしたいと思います。

「茶席 釈迦来迎図」

2006年01月10日 Tue

那須の茶室

_

11年前に建てた那須の別荘に茶室を増築します。茶道の先生をご紹介していただき松井も指導を受けています。すばらしい先生の監修で、良い茶室になるよう頑張ります。

「那須の茶室」

2006年01月09日 Mon

茶道 初釜

_

茶道の初釜の会がありました。
おせちの懐石とお抹茶を頂きました。
身の引き締まる思いで一年の始まりを祈念しました。

床の間のしつらいは、裏千家の正月飾りです。
日本の伝統が茶道の世界では息づいています。

当事務所では、日本の伝統を大切にしながら、
住まいづくりからまちづくりまでを
環境・循環・継承をキーワードに取り組みます。

「茶道 初釜」

2006年01月06日 Fri

沖縄 石垣港

_

泊まったホテルが石垣港離島桟橋のすぐ横だったので朝から忙しく出いりする船を眺めていました。
新年を迎えわが事務所も希望に向かって船出、といく所存です。

「沖縄 石垣港」

2006年01月05日 Thu

沖縄 竹富島

_

2006年 明けましておめでとうございます。
今年は、明るい年になりますように!
寒波の厳しいお正月なので、南の島のスケッチをお届けします。
本年もよろしくお願い申し上げます。

「沖縄 竹富島」

2006年01月03日 Tue

はうすくらぶ

_

出版社=株式会社シー・エス・ケー / 300円

福井の地域情報誌に「福井の家」が紹介されました。「福井で暮らす光と風を感じる家」という特集です。 竣工後7年経過した今も綺麗にお住まいいただいています。 木肌もますますいい色になってきました。

2005年12月29日 Thu

別所温泉・雪景色

_

2年前に一度泊まった別所温泉にまた今回も泊まりました。「蛍舞う丸子の家」の竣工写真撮影のあとです。偶然にも2年前と同じ大雪に見舞われました。雪景色がきれいだったので温泉町の風情を描きました。

今年もいろいろお世話になりました。これで松井事務所も休みに入ります。
1月は5日が仕事始めです。
みなさま、良いお年をお迎えください。

「別所温泉・雪景色」

2005年12月28日 Wed

イタリア ALBEROBELLO

_

とんがり屋根の町並みがつづく、南イタリアのアルベロベロという不思議な町です。
ひとつの部屋にひとつの屋根が付くという家のつくり方です。この地方で採れた石を積んでつくります。めずらしい町なので観光地として有名です。
思わず雨の心配をしてしまいましたが、どうやらあまり降らないようです。それにしても変わった景観ですよね。

「イタリア ALBEROBELLO」

2005年12月26日 Mon

イタリア FERRANDINA

_

丘を埋める白い建物の美しさに思わず筆を執りました。南イタリアの通りすがりの町です。
町はそこに暮らす生活も、心地よくありたいと思いますが、町並みが美しく見えることも、大事なことだと思います。
美しい景観と生活は無関係ではないと思います。むしろ景観は、生活の総体が外に現れているのではないでしょうか?美しい町に、心地よい生活があるように思います。

「イタリア FERRANDINA」

2005年12月26日 Mon

「蛍舞う丸子の家」内覧会

_

雪の中、好評のうちに内覧会終わりました。
建主さんをはじめ職人さんや工務店の皆さん、大変お世話になりました。
建主さんからは、温かいご挨拶をいただきました。
ホームページニュース欄で、そのお手紙を公開予定です。
雪の中、足を運んでくださった皆さんにも感謝します。
スケッチは、雪の中にたたずむ板張りの外観です。
蛍のころ、また訪れたいと思います。

2005年12月24日 Sat

イタリア COSENZA

_

南イタリアのつま先のある中世の都市です。古い町並みがよく中世の面影を伝えています。
丘の上から、まちなかのドーモを描きました。丸い窓が印象的です。赤い瓦の屋根もきれいです。きょうは、この教会でクリスマスを祝っているのでしょうか?

「イタリア COSENZA」

2005年12月23日 Fri

「蛍舞う丸子の家」完成しました。

_

12月23日に見学会を開催し、雪の中多くの皆様にお越しいただきました。
当日は建主さんが参加された方々に「この家のできるまで」の紹介文を配られ、想いの深さが伝わってきました。
せり出したかけ造りが特徴の、蛍舞う夏が楽しみな家です。田んぼと竹林に囲まれた、緑豊かな敷地。長野県丸子町です。
自然派のご夫婦が可愛がっている犬や猫と暮らす家。傾斜地のため「かけ造り」とし、自然に溶け込むようにしました。
張り出したデッキから、疎水を舞う蛍の群れに手が届きそうです。
居間と寝室には松丸太の梁を飛ばし、重厚感を演出します。
基本的な構造と温熱環境に配慮しつつ、将来の介護のことも考えた住まいです。

施工は「田舎暮らしを楽しむ家」でもお世話になった腕の良い矢島工務店さん。
材木は「木組のデザインゼミナール」第一期卒業生の田中製材工業さんです。木組みのコラボレーションをご覧ください。

 

設計   松井郁夫建築設計事務所
施工   矢島工務店
製材   田中製材工業
撮影   奈良岡 忠、松井郁夫建築設計事務所

 

完成しました。夕暮れに灯りが灯ります。

特等席の浴室。夏には疎水の蛍に手が届きそうです。

居間に飛ぶダイナミックな松丸太。

 

ちいさな階段を登って玄関へ。手摺もすっきりと見せています。
小屋裏納戸をもうけました。ストリップ階段から光があふれます。

 

建主さん、棟梁、集まった方々で話も弾みました。居間のスペースは大勢で集える広々した空間です。

2005年12月22日 Thu

フランス BONIFACIO

_

コルシカ島の最南端の岬にある町です。今にも海に落ちそうな断崖の上にまで家が建っています。
宿泊したホテルの窓から描きました。夜はライトアップされて綺麗ですが、生活するには大変そうです。攻めるに困難な城郭都市の典型でしょう。まさに天空の都市です。

「フランス BONIFACIO」

2005年12月21日 Wed

イタリア VALSINNE

_

イタリアの都市は、城郭に守られています。陸続きのために、他国の侵害を逃れながら集まって住むために、壁で囲われた都市がつくられました。そのために都市と自然の境界がはっきりしています。小高い丘に密集して住む都市の景観は、まるで緑の海に浮かぶ船のようです。

「イタリア VALSINNE」

2005年12月20日 Tue

ヨーロッパ

_

気ままなブログは突然海外に飛びます。もう15年も前に旅したイタリアとフランスの楽しいスケッチを少々。吉田桂二先生のお供で湾岸戦争が終わった直後に行きました。

地中海の島。イタリアのシシリー島の遺跡から。ギリシヤ時代の神殿跡です。地中海にはこんな遺跡がたくさんあるのでしょう。積み上げた石が崩れていますが、元は木造の軸組み構造を石に置き換えた柱マグサ構造ではないかと言われています。神殿は永遠にと言うことでしょうか。約2000年前の建物が目の前にあります。

「イタリア SELINUNTE」

2005年12月17日 Sat

千倉 夏

_

港の岸辺に引き上げられた小船に草が撒きついています。夏も終わりに近づき、少しセンチメンタルな気持ちで描きました。植物は生まれた場所から逃げることなく生きるのでしょう。小船の中にまで伸びて、花を咲かせる野の草が命のたくましさを教えてくれます。

「千倉 夏」

2005年12月15日 Thu

千倉 千田 潮溜まり

_

夏の千田の岩場に出来た潮溜まりです。目を凝らすと、潮の中に生き物がたくさん蠢いています。その昔、命の始まりは、こんな潮溜まりから生まれたのではないか、と思わせる光景です。幼い子供たちと潜った海は、いつまでも変わりません。

「千倉 千田 潮溜まり」

ブログ-->