ブログ

2006年07月04日 Tue

_

「飛騨白川郷の茅葺」

飛騨白川郷の茅葺
茅葺のお手伝いに行った折に描いたスケッチです。白川郷が世界遺産になる前でした。茅葺の合掌造りの古民家を保存するには「どうしたらよいのか」いろいろな関係者が悩みつつ保存運動をしていました。日本ナショナルトラストの呼びかけで、二年続けて茅葺屋根の葺き替えを手伝いました。屋根のてっぺんで音頭を取るのが茅葺棟梁です。赤い布を腰に巻いています。私たちは茅の束を運ぶ手元でした。なかなか屋根には載せてもらえません。勾配が45度もある急な屋根ですから。

「飛騨白川郷の茅葺」

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ