ブログ

2006年07月08日 Sat

_

「飛騨白川郷の春」

春先に梅の花が咲いている白川郷です。春を待つ人たちにとって梅の開花は本当に嬉しいものですね。
合掌造りの家には何世帯もの人たちが一緒に住んで、今では考えられないような共同生活をしていたそうです。その中ではぐくまれた家族の絆や村での共働が、この茅の葺き替えなどの仕事に生きていて、だからこそ現在世界遺産になるまでちゃんと残すことが出来たのだろうと思います。

「飛騨白川郷の春」

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ