ブログ

2006年07月09日 Sun

_

「神長官守矢史料館」

上田の「蛍舞う丸子の家」に蛍を見に行った帰り、諏訪へ回りました。藤森照信さんの縄文建物を見たかったからです。藤森氏は「タンポポ・ハウス」「ニラハウス」など作っている設計者で東大の教授でもあります。子供のような自由な発想で面白い建物をつくっていることが素敵です。「神長官守矢史料館」は諏訪神社の神長官を勤めてきた守矢家の貴重な資料が収められています。ヘギ板と泥壁の組み合わせが、いかにも縄文的でした。

「神長官守矢史料館」

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ