ブログ

2021年06月16日 Wed

_

「小金井の家」建前映像・継手・仕口

映像は、「追っかけ継ぎ」という継ぎ手です。

梁を長く継ぐときには、継手という加工を施して、木と木を握手するように組みます。

継手の面はよく削って、上から滑り勾配を付けて、滑らせるように繋いで、木と木を一本にします。

長い木が一本では取れないので、一軒の建物に何箇所か継手がでます。

木と木を直角に組む場合は「仕口」といいます。

金物を使わない仕口には、蟻や鎌をという加工をします。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ