「小金井の家」建前映像・ダボ 〈東京都〉

木と木を接合するときに木の栓を入れてつなぎます。

棒状の木がめり込んで部材をつなぐのです。

金物を使わない方法です。

金物は強すぎて母材である木を壊すので、

むかしから大工は「豆腐を針金で釣ってはいけない」といいました。

「木は対等に組む」ともいい同じ強さの木を組み、

硬い木には硬い木で組み、柔らかい木には柔らかい木で組むように。

継手や仕口の材も種類を使い分けたようです。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ