ブログ

2022年02月16日 Wed

_

「小平の古民家再生」小屋裏再調査

「小平の古民家再生」の天井の撤去に伴い小屋裏の梁組がよく見え始めました。

当初の架構が4間5間のしっかりした梁組でした。

床下の解体も進み、「石場建て」の柱と礎石や大きな松丸太の「足固め」も見えます。

珍し「吊束」もありました。金物で補強した接合部も見えます。

驚いたことに、改築で切られた柱や梁も見られます。

そこで、再調査をして、さらに耐震補強と温熱改修計画を進めます。

古民家は解体に学ぶことが多く、毎回新しい発見があります。

これからが「古民家再生」の醍醐味です!

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ