_

ブログ

2013年05月30日 Thu

_

連載【木組みの家に住んで】
第八話「光の採り入れ方。浴槽につかりながら庭を見る」

 「高円寺の家」のオーナーのKさんによる連載エッセイ第八話です。

【木組みの家に住んで】

「高円寺の家」施主

第八話
光の採り入れ方。浴槽につかりながら庭を見る

木組みの家「高円寺の家」越し屋根

越し屋根

さて今回は光の採り入れ方です。

これまで幾度となく申し上げましたが、わたしの家は南側にアパートが建っていて光が入りにくい立地となっています。
南側に中庭をほどこして光が入るように設計されています。

写真は、朝、目覚めたときの天井の風景です。
ベッドの真上で光があふれています。

木組みの家「高円寺の家」ハイサイドライト南側の屋根に小さな小窓がしつらえてあり、リモコンで開けることもできます。

寝室を出て、パソコンルームにいたる廊下。この上部にも開閉式の窓があります。

ここは通常はベランダですが、空中庭園として芝が貼られています。

洗濯物は外に干さず、すべて乾燥機で処理する考え方になっています。
欧米式なんですね。

木組みの家「高円寺の家」屋上庭園そのぶん、芝は贅沢。

 

 

 

そして、この家の特徴は、全室から庭が見えるところです。

 

木組みの家「高円寺の家」居間から庭を臨む

 居間から庭をのぞむ。

 

木組みの家「高円寺の家」食事室から庭を眺める

 

 

 

 

 

食事室から庭をながめる。

 

木組みの家「高円寺の家」寝室からの光景

 

 

 

 

 

寝室からの光景。

 

木組みの家「高円寺の家」浴室木組みの家「高円寺の家」浴室から

 

 

 

 

浴槽につかりながら、庭をながめることが出来ます。
風呂場は、この家の目玉です。

 

木組みの家「高円寺の家」玄関に小窓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  玄関に小窓をつけていただいたので、あかるい。

 

木組みの家「高円寺の家」雪見の地窓

地窓

 

 

 

 

 

食事室の南側。雪見の窓というのでしょうか。

障子を開けると、窓があり、それが開きます。

 

木組みの家「高円寺の家」階段下のあかり

地窓

 

 

 

 

北側、階段下の明かり取り。

 

木組みの家「高円寺の家」吹抜け西側

 

 

 

 

圧巻は、食事室の上部に大きく設置された、はめ殺しのガラス窓です。
これは西側ですが、家で唯一、大空が見える位置です。
この窓の効果で、食事室が大きく見えます。

青空を見ながら朝の食事。

夏場は西日が当たるかもしれませんが、それも経験してみなくてはわかりません。

木組みの家「高円寺の家」食事室のあかり

 

食事室。

東側の窓から朝日が差し込みます。
今朝は卵かけご飯でした。

 

 

 

 

 

<第九話につづく>
第一話第二話第三話第四話第五話第六話第七話

 

_
木組みの家「高円寺の家」SketchUp日影検討

「高円寺の家」 の日影検討

「松井事務所」より

 Kさんのお宅は、南側にアパートが隣接しているため、採光は一番の課題でした。

3Dで日影を検討し、冬はたっぷりと光を入れ、夏は直射日光を入れないよう、窓の開け方を工夫しました。

さらに、白い漆喰壁が光を運び、家中を明るくします。

お住まい内覧会では、狭小地でも明るい木組みの家を、ぜひご体感ください。

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年6月
  2. 2017年5月
  3. 2017年4月
  4. 2017年3月
  5. 2017年2月
  6. 2017年1月
  7. 2016年12月
  8. 2016年11月
  9. 2016年10月
  10. 2016年9月
  11. 2016年8月
  12. 2016年7月
  13. 2016年6月
  14. 2016年5月
  15. 2016年4月
  16. 2016年3月
  17. 2016年2月
  18. 2016年1月
  19. 2015年12月
  20. 2015年11月
  21. 2015年10月
  22. 2015年9月
  23. 2015年8月
  24. 2015年7月
  25. 2015年6月
  26. 2015年5月
  27. 2015年4月
  28. 2015年3月
  29. 2015年2月
  30. 2015年1月
  31. 2014年12月
  32. 2014年11月
  33. 2014年10月
  34. 2014年9月
  35. 2014年8月
  36. 2014年7月
  37. 2014年6月
  38. 2014年5月
  39. 2014年4月
  40. 2014年3月
  41. 2014年2月
  42. 2014年1月
  43. 2013年12月
  44. 2013年11月
  45. 2013年10月
  46. 2013年9月
  47. 2013年8月
  48. 2013年7月
  49. 2013年6月
  50. 2013年5月
  51. 2013年3月
  52. 2013年2月
  53. 2013年1月
  54. 2012年12月
  55. 2012年11月
  56. 2012年10月
  57. 2012年9月
  58. 2012年8月
  59. 2012年7月
  60. 2012年6月
  61. 2012年5月
  62. 2012年4月
  63. 2012年2月
  64. 2011年12月
  65. 2011年11月
  66. 2011年10月
  67. 2011年9月
  68. 2011年8月
  69. 2011年7月
  70. 2011年6月
  71. 2011年5月
  72. 2011年4月
  73. 2011年3月
  74. 2011年2月
  75. 2011年1月
  76. 2010年12月
  77. 2010年11月
  78. 2010年10月
  79. 2010年9月
  80. 2010年8月
  81. 2010年7月
  82. 2010年6月
  83. 2010年5月
  84. 2010年4月
  85. 2010年3月
  86. 2010年2月
  87. 2010年1月
  88. 2009年12月
  89. 2009年11月
  90. 2009年10月
  91. 2009年9月
  92. 2009年8月
  93. 2009年7月
  94. 2009年6月
  95. 2009年5月
  96. 2009年4月
  97. 2009年3月
  98. 2009年2月
  99. 2009年1月
  100. 2008年12月
  101. 2008年11月
  102. 2008年10月
  103. 2008年9月
  104. 2008年8月
  105. 2008年7月
  106. 2008年6月
  107. 2008年5月
  108. 2008年4月
  109. 2008年3月
  110. 2008年2月
  111. 2008年1月
  112. 2007年12月
  113. 2007年11月
  114. 2007年10月
  115. 2007年9月
  116. 2007年8月
  117. 2007年7月
  118. 2007年6月
  119. 2007年5月
  120. 2007年4月
  121. 2007年3月
  122. 2007年2月
  123. 2007年1月
  124. 2006年12月
  125. 2006年11月
  126. 2006年10月
  127. 2006年9月
  128. 2006年8月
  129. 2006年7月
  130. 2006年6月
  131. 2006年5月
  132. 2006年4月
  133. 2006年3月
  134. 2006年2月
  135. 2006年1月
  136. 2005年12月
  137. 2005年8月
  138. 2005年6月
  139. 2005年5月
  140. 2005年4月
  141. 2004年12月
  142. 2001年12月

このページの先頭へ