ブログ

2010年10月03日 Sun

_

「板橋の家」上棟

秋雨の合間を縫って、2日遅れの建て方が始まりました。
木組みの醍醐味は、建て方にあります。
木と木が軋みながら組みあがってゆく様は、 木組みの家が靭性のある、粘り強い建物であることがわかります。
木は木同士で組むことの大切さがわかります。
金物では木を傷めてしまう事も、建て方を見ているとわかります。
木組みは、優れた接合部の工夫であることを実感した建て方でした。 上棟おめでとうございます。

mini-DSCN0026.jpg

mini-DSCN0096.jpg

mini-DSCN0099.jpg

mini-DSCN0110.jpg

mini-DSCN0122.jpg

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ