「安達屋」豆腐店内覧会報告 〈東京都〉

コロナ禍の中、久しぶりにリアル内覧会を開催させていただきました。

東京・世田谷・駒沢大学前の商店街の一角です。

「自然薯豆腐」が名物の、「こだわりの豆腐屋」さんの兼用住宅です。

著書を読んでいただき、「こだわりの木組の家」を依頼していただきました。

建て込んだ商店街の敷地なので、まずは3Dで日射の検討からはじめました。

南側のビルの上から光を入れるために、片流れの屋根を採用。冬の陽の光を入れて、夏の日射をカットするルーバーを付けました。

1階は、豆腐の制作をする作業場です。住まいは2階に納めました。敷地が小さいので、最小限の過不足のない架構と間取りです。

内覧会はこの時期でしたので完全予約制にしました。それでも18組27人の方がお見えになりました。

「木の香りがする」「居心地がいい」と大変好評でした。お運びいただいたみなさん、ありがとうございました。

丈夫な木組と快適な漆喰の家です。末永くお使いください。

 

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ