大和の家 〈神奈川県〉

大和の家

厚板でつくる屋根

区画整理事業で立ち退きになって新居を建てようとして、本屋で見つけたのが「木造住宅【私家版】仕様書」でした。

専門家向けの技術書をご覧になって当事務所に依頼されたので、最初から信頼関係が出来上がっていました。

区画整理事業の移転という手続きも問題なく、出来上がった家は、大変気にいっていただきました。

内覧会のときには、多くの専門家の方もいらして大盛況でした。

この家は、屋根を厚い板でつくり垂木を無くして軒先をシャープにしました。屋根が軽く見えていると思います。

現在は、周りの家が建て込んでいますので、写真のように見ることができなくて残念です。

 

所在 神奈川県大和市
構造規模 木造2階建(店舗併用住宅)
敷地面積 144㎡(43.56坪)
建築面積 84.60㎡(25.59坪)
延床面積 130.55㎡(39.49坪)
建築費
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 キューブワン・ハウジング
竣工 2011年8月
建ぺい率 80%
容積率 200%
地域地区 近隣商業地域
防火地域 準防火地区
構造材 天竜桧・天竜杉(葉枯し乾燥)
床板 天竜桧 厚30mm
外壁仕上 土壁風藁入りモルタル
断熱材 ウッドファイバー(木の繊維)
内壁仕上 漆喰塗・土壁藁入り
開口部 アルミサッシ(ペアガラス)