西糀谷の家 〈東京都〉

西糀谷の家

茶室のある木組の三世代住宅

しっかり者の御母様は茶室のある三世代住宅をご要望されました。

玄関先には元あった藤の棚を残しました。

一階は本格的な琵琶棚付きの床の間のある茶室と水屋。

二階の息子夫婦には趣味の部屋と子ども室。

架構は、徳島の葉枯らし材を初めて使いました。

当時は、葉枯らし材が東京でも珍しくて、木場の旦那衆が現場を見に来ました。

梁や柱を現しで見せることを試行し始めた頃の家です。

軒裏に無垢の木が貼れることが、実験によって可能になったばかりでした。

この家の少し贅沢なのは、襖の紙をオリジナルの泥染で好みの色がつくれたことと、金糸を蒔いたりできたことです。

だるまに目玉を入れた時のように、建具がいいと建物のグレードが上がります。

所在 東京都大田区西糀谷
構造規模 木造2階建
敷地面積 204.03㎡(61.83坪)
建築面積 97.34㎡(29.40坪)
延床面積 171.32㎡(51.74坪)
建築費
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 渡辺工務店
竣工 1998年7月
建坪率 60%
容積率 200%
地域地区 第一種低層住居専用地域
第一種高度地区
防火地域 準防火地区
構造材 徳島杉(葉枯らし乾燥)
床板
外壁仕上
断熱材
内壁仕上 漆喰塗・土壁藁入り
開口部 アルミサッシ(シングルガラス)