東馬込の家 〈東京都〉

東馬込の家

木組みの家のパッケージプラン

木組のプロトタイプの家が竣工いたしました。最もシンプルで標準化された家です。

ワークショップ「き」組が自信を持って提案する、地震に粘り強く、準耐火建築物として火にも強く、しかも断熱性能のよい省エネ住宅です。

さらに「足固め・貫」「フラットベット基礎」などの伝統的な耐震の工夫に加えて、新防火地区の「燃えしろ設計」です。

地震に強い伝統の木組にくわえて温熱性能の向上を目指し、次世代エネルギー基準を超える断熱基準のG2レベル(UA値0.44)を確保しました。

気密測定ではC値0.5を計測しています。

燃えしろ設計の構造材は、吉野の「中央木材」石橋さんの提供です。なんとすべてJAS材で揃えてくれました。

木組のプロトタイプでありながら、高レベルの断熱性能を保持します。

ワークショップ「き」組のつくる家は、日本の古民家に学んだ、「進化する木組の家」です。

所在 東京都大田区
構造規模 木造2階建
敷地面積 162.05㎡(49.02坪)
建築面積 59.86㎡(18.11坪)
延床面積 98.87㎡(29.91坪)
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 キューブワン・ハウジング
竣工 2017年7月
建ぺい率 36.94%
容積率 61.02%
地域地区 第1種中構層住居専用地域
防火地域 新防火地区
構造材 吉野杉・桧
床板 吉野杉 厚15mm
外壁仕上 土壁風藁入りモルタル
断熱材 フェノバボード 105mm
内壁仕上 漆喰塗・ラスボード下地
開口部 樹脂サッシ(ペアガラス)