川口の古民家再生 〈埼玉県〉

川口の古民家再生
_

川口の古民家再生

昭和の民家再生 : 耐震+温熱改修

埼玉県川口市に建つ立派な民家です。元は織物工場を営んでいた方の町家で、昭和7年築の建物ですが、古民家と呼ぶにふさわしい伝統的な木組の家です。

昭和年代には、道路側に木造建物で工場があったと言います。主家は祖父が建てたのですが、現在のご当主は古い家が嫌で、裏に新しい家をつくって住んでいました。最近になって自分が幼い頃を過ごした民家に戻りたいと思い始めたと言います。

道路に面した土地はコンビニエンスストアに貸して、母屋を改修することにしました。

建物は出桁造りの関東らしい町家形式です。88年の風雪に耐えてきた架構は、むかしのままの伝統的な仕事で昭和の建築とは思えないくらい柱や梁も立派で丈夫な建物です。ただし、内部は座敷の続き部屋で、暗く寒い状態でした。

そこで、耐震性能と温熱性能の両方を向上させる設計としました。

まず、傾きを直しすために柱だけを残す、骨組みだけの状態にしました。建主さんは間取りの大きな変更を望まなかったので、架構はそのままとして限界耐力設計法により、板壁や足固め貫の耐力要素を加えました。スケルトン改修と言います。

温熱性能の向上は床下を密閉して、約50坪の平屋を第三種換気により床置きエアコン一台で空気の流れをコントロールし温めることにしました。

南側に大きなガラス戸を断熱気密の良い木製窓に交換して、屋根瓦は既存を葺き直し、外壁に外断熱を施し焼き杉板で包み込みました。増築部分の台所は最近の改修でしたが、材料も仕事も悪かったので取り除きました。

大きな屋根の下は小屋裏収納になっていましたが、今回ロフトにしてご主人の書斎になりました。

古民家の再生でありながら、大きな木製窓の外観がモダンです。貫を切らずに補強して耐震を向上させ、外断熱と気密の向上で温熱改修と省エネを実現した事例です。

 

所在 埼玉県川口市
構造規模 木造平屋建(ロフト付き)
敷地面積   ー
延床面積 156.09㎡(47.2坪)
建築費 約6000万円
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 山口工務店・神谷棟梁
構造監修 悟工房
温熱監修 夏見工務店
竣工 2020年7月
構造材 古材
床板 杉 厚15mm
外壁仕上

屋根:瓦

外壁:焼杉板

断熱材

壁:フェノバボード 25mm

屋根:高性能グラスウール300mm

床・基礎:スタイロフォーム50mm

内壁仕上 漆喰塗・土壁藁入り
開口部

木製オリジナル建具(ペアガラス)

樹脂サッシ(ペアガラス)

 

 

作品

木組みの家

選択して下さい

古民家再生

選択して下さい

中規模木造建築

選択して下さい

内装・リフォーム

選択して下さい

まちづくり・ワークショップ

選択して下さい

価格

価格帯

選択して下さい

年別

年別

選択して下さい

このページの先頭へ