Q&A

寄せられたお問い合わせをまとめました。
掲載のない内容のご質問は、どうぞお気軽にお問い合わせください。


◎木組の家について

Q1. 松井事務所と家を建てると、何が違うのですか?

松井事務所のつくる家は、国産材無垢の木と漆喰でつくる木組の家です。木組とは、伝統に学んだ知恵を元に、地震に強い構造の丈夫さ、快適な温熱環境、素材の良さ、使いやすさをトータルにデザインしきた日本の家です。信頼できる工務店や腕の良い職人との協働によって、コストパフォーマンスの良い家をつくります。建て主様の、ご要望やご意見を反映した、オリジナルの家です。自然素材を使い、手仕事の職人技で、ご予算どおりの満足のいく家をつくります。建売住宅のように、既製品を集めてもよい家にはなりません。真の豊かな暮らしができる快適な家をつくります。住まい方を固定しない家づくりです。工事価格についても、見積もりを提示し査定をして納得のまで調整します。価格の見える「コストバランス表」を作成し費用を比較しながら進めます。住まいは、ご家族の生活を包む「しあわせの器」だと考えています。ご家族のみなさんの夢をかたちにする事が、わたしたちの仕事です。

Q2. 建築家の建てる建物は、高いイメージがあるのですが?

当事務所でこれまで手掛けた住宅の工事費で最も多かった工事費の坪単価は、90〜150万円代です。一戸建ての総工事費は3000万円前後になっています。住宅金融支援機構によれば、東京の一般の戸建ての坪単価は90.3万円だということです。実勢は意外と高い家づくりになっていると思います。松井事務所の木組の家は、何世代も住み継げる寿命の長い家です。「組んでは、外す」という日本民家の木組の特性で、将来の移築も可能です。家づくりは、長い時間で考えることが大切です。また、コストコントロールもわたしたちの仕事です。わたしたちは住まい手のご要望にお応えすることを第一義に考え、ご予算の範囲で知恵を絞ることが仕事です。手の届く価格で、質の高い家をつくりたいと考えています。 また、素材を吟味するために、直接、山に木を買いに出かけることもあります。設計は、住まい手のみなさんに満足していただけるよう、コスト面やデザイン面のバランスをコントロールすることが大切だと心がけております。

Q3. 設計料や工事費は、どのくらいかかりますか?

設計料は、設計の内容や工事金額によって違います。工事費の料率により2000万円台は工事費で15%が目安で3000万円台は14%で4000万円台は13%というふうにスライドして下がります。工事総額は、ご要望に応じて一概には言えませんが、新築住宅で坪単価100万円前後からと考えてください。ただし、狭小住宅の場合は、どんなに小さくても最低2500万円はかかります。工事費には本体工事と設備工事がすべて含まれています。カーテンは含まれませんが、造付家具、厨房機器、衛生設備、電気設備を含んでいます。工事費と設計料の他に、確認申請と中間・完了検査の費用が必要です。構造設計が必要な場合は、別途実費を申し受けます。また省エネ等級など、住宅性能評価書をご希望の場合は、申請費が別途となります。

Q4. 木の家は、地震に強いのでしょうか?

地震国である日本では、昔から地震に強い工夫がされてきました。それが「貫」や「足固め」です。 ともに木の特性である「めり込み」や「摩擦」を活かし力をいなして、変形しても倒壊しない「復元力」のある「粘り強い」家をつくります。 松井事務所のつくる家は、ご家族の命を守るための丈夫な家づくりを目指しています。

足固めとは

「足固め」は、石の上に直接柱を建て、柱の足元が開かないようにするために必要な部材です。むかしから足元を丈夫につくるための工夫です。柱を起立させることができる大切な構造材ですが、阪神大震災まで、忘れられていましたが、国土交通省の実施した実大実験によってその重要性が認められました。わたしたちがつくる木組の家では「足固め」を使い地震に強い家をつくります。

貫とは

柱と柱を貫く構造材です。「貫」の壁は大きな地震で大変形しても粘づよく建物を維持します。建物が大きく傾いた後も元に戻すことができる「復元力」にも優れています。わたしたちのつくる「木組の家」は、崩壊しない生存空間を確保するために必ず壁の中に「貫」を通します。「貫」はむかしの知恵をいまに生かす大切な工夫です。「貫はやめてはいけない」と考えています。当事務所では、すべての家に、大切な家族を守るために「貫」を実践しています。

Q5. 相談をしたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

まずは、メールもしくはお電話いただき、本来ならば事務所においでいただくのですが、リモートでのご相談も受け付けております。来ていただければ、 事務所内には木組の実大模型があります。お話しは木組の打ち合わせ室で伺います。 ショールームのように写真パネルやサンプル展示もございます。 相談は無料ですので、まずはメールでお気軽にご連絡ください。

Q6. 相談するにあたって、何か準備することはありますか?

まず土地の資料をご準備ください。こちらで準備した設計要望シートに実現したい想いやご家族の生活、ご予算などをかきこんでください。 下記からダウンロードしてください。 設計要望シートは、こちらからどうぞ。

Q7. 敷地が決まっていないのですが、相談にのっていただけますか?

もちろんです。敷地によってどれくらいの建物が建つのか、予算のバランスなども総合的にご提案いたします。 検討中の敷地を見て、どれくらいの建物が可能かをアドバイスすることもお手伝いできます。一案30万円ですが、設計契約していただければ設計料に含まれます。設計要望シートは、こちらからどうぞ。

Q8. マンションリフォームなどの改修も、相談にのっていただけますか?

もともと古い建物の再生を得意とする事務所ですがマンションリフォームも実績があります。建物を実測調査して、温熱環境の向上など、省エネルギー対策についてもご提案いたします。 建物を拝見するための費用はかかりませんが、実測調査費用は、建物によりますのでご相談ください。

マンショリフォームの事例です。

Q9. 予算も、相談にのっていただけますか?

もちろんです。ご希望の予算を考慮したうえで最大限の提案をさせていただきます。空間のイメージをそのままに、工法や仕上げ素材でコストダウンを図ることも可能です。コストバランスの表を使ってご説明します。

Q10. 正式に依頼する前に、検討のために図面を書いていただくことはできますか?

設計要望シートでご要望をお聞きした後に、敷地を見せていただければ、簡単なアイディアスケッチですが一案お書きすることができます。2~3週間ほどお時間をいただき、簡単な図面でプレゼンテーションいたします。費用は30万円ですが、そのまま設計契約進めれば設計料に含まれます。お気軽にお申し出ください。

Q11. 自然素材の木組の家、古民家に興味があり、ゆくゆくは建てたいと考えています。もっと詳しく知りたいのですが、どの書籍がおすすめですか。

松井郁夫執筆の本は、こちらからご覧ください。

Q12. 遠方でも大丈夫ですか。

松井事務所では全国各地で木組の家をつくり、古民家の再生を行っています。その土地の気候・風土・街並に沿った木組の家や古民家の改修などをご提案させて頂きます。

Q13. 設計を依頼するときに、気をつけなければいけないのは、どんなことですか?

いちばん大事なのは、間取りは書かずに要望は言葉でいただけると助かります。ご自分の希望と予算とをはっきり示してご相談ください。予算と希望がはじめから明らかになっていれば、優先順位をつけながら、ベストな答えを見いだすことができます。また、間取り図も書かれてしまうと、設計者の発想に蓋をしてしまいますので、言葉でいただきイメージの膨らむまでお待ち下さい。専門家による思いもかけない良い提案が待ってます。

Q14. 木組の家に魅力を感じています。伝統構法で家を建てたいのですが、とても高価な気がするし、いまどき伝統の木組が出来る職人さんはいるのでしょうか?

木の家は高いという風評は根強く、最初から、あきらめている方がほとんどですが、そんなことはありません。設備や間取りをシンプルにすれば、手の届く価格で、無垢の木の木組の家を建てることができます。伝統構法の木組は、どんな職人さんでも出来るとはいえませんが、まだまだ若い人にも木組の仕事のできる職人さんはいます。松井事務所がつくる家の現場では、腕のいい大工職人さんが40代50代を中心に仕事をしています。なかには30代の棟梁もいます。松井が講師を努めた「大工育成塾」で育った職人さんです。 大工ばかりでなく建具や左官も伝統的技術をもった職人も協働しています。

Q15. 最近の家は金物を使うことが主流と聞いています。木組の家の場合も、筋違を止めるにも、柱を止めるにも金物を使うのですか?

建築法規では、金物の替わりに「木の栓」を使ったり、「貫」という横材で筋違の替りをしたりすることも許可されています。金物よりも「貫」などの木と木の組み手のほうが、繰り返しの揺れに、粘り強く抵抗することが実験で分かっています。金物は木よりも強いので、金物が木を折ってしまうことがあります。むかしから、大工の口伝では「豆腐を針金で釣ってはいけない」と言われています。また再生が可能なのは、金物をできるだけ使わない「木組の家」です。 一般に筋違を使うのは、簡便に強い壁ができるからですが、筋違が建物を突き上げて壊してしまうことが九州の地震で見かけられました。筋違のない伝統的な石の上に置いただけの建物でも、「限界耐力計算」で安全を確かめることもできます。お気軽にご相談ください。

Q16. 木の家には住みたいのですが、無垢の木は割れたり反ったりしませんか。木は乾燥が大切と聞いています。どれくらい乾燥した木を使えばよいのでしょう?

無垢の木は、乾燥する途中でひび割れたり反ったりします。これは木が呼吸して生きている証拠です。ひび割れも強度には影響がありません。また無垢の木には湿度を調整する作用があり、気持を癒す香りがあります。これは人工的に乾燥させたのでは逃げてしまう成分です。木の持つ吸放湿性能は、常に人体に最適な環境をつくります。また、ひび割れや反りも梅雨時には閉じることもあり、気候次第で変化します。乾燥の度合いは、天然乾燥材の杉で含水率25%が適切だといわれていましたが、最近になって30%でも国が認めるようになりました。

Q17. 木の家といっても外部には木を見せられないと聞いています。特に都市部に建てる場合は、やはり木の家らしくない外観になってしまうのでしょうか?

都市部では建築規制によって、木の使用が限られていると思われていますが、2000年の建築基準法の改正によって、一定の性能をクリアしていれば外部の板張りも可能となりました。例えば、外壁の性能を基準に満たすような防火構造にすることによって、都市部の準防火地域内でも木の外装ができます。また実験によって、木を太くする「燃えしろ設計」を採用すれば木造でも「準耐火建築」とすることができます。作品集の「高円寺の家」は、新防火地区での燃えしろ設計で外壁には木を貼っています。まだまだ、木には可能性があると考えています。