「まちつくり酒屋+情報銀行」 〈熊本県〉

「まちつくり酒屋+情報銀行」
_

まちつくり酒屋+情報銀行

薩摩街道沿いの地域交流拠点づくり

熊本県宮原町の公共事業です。1832年頃に建てられたと推定される古いつくり酒屋と蔵、大正年間に建てられた旧肥後銀行をまちづくりの拠点です。

古民家の再生利活用で、まちの人たちと住民参加のワークショップで設計しました。

3回のワークショップの結果、つくり酒屋をもてなしの場に、銀行をまちづくり活動の拠点+展示・情報発信の場として改修再生。

2つの施設を渡り廊下で結ぶことに決まりました。今では、町民のイベントや憩いの場となって、拠点として地域の役に立っています。

2002年に熊本県景観賞を受賞しています。また、改修後に登録文化財指定を受けました。

所在 熊本県八代市宮原
構造規模 木造2階建+RC2階建て
敷地面積 -㎡(-坪)
延床面積 312.93㎡(94.6坪)
建築費 約6000万円
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 JV
構造監修
温熱監修
竣工 2000年
構造材 古材
床板 杉 厚15mm
外壁仕上

屋根:瓦

外壁:漆喰

RCリシン吹き付け

断熱材

壁:既存のまま

屋根:既存のまま

床・既存のまま

内壁仕上 漆喰塗・土壁藁入り
開口部

木製サッシ(ペアガラス)

 

 

作品

木組みの家

選択して下さい

古民家再生

選択して下さい

中規模木造建築

選択して下さい

内装・リフォーム

選択して下さい

まちづくり・ワークショップ

選択して下さい

価格

価格帯

選択して下さい

年別

年別

選択して下さい

このページの先頭へ