事務所紹介

豊かな暮らしは、自然素材につつまれた「家」から生まれると考えています。

それは、組んでは外すことができる、寿命の長い無垢の木の家の「木組の家」です。

日本のような地震や台風の多い国では、自然災害に耐える「家」をつくり続けてきた伝統的な技術があります。

国産材を使い、手仕事の大工技術を駆使した、丈夫で住み心地の良い家を造るなら、むかしからつくられてきた「木組の家」が良いと考えます。

わたくしは、雪深い城下町で生まれ育ち、実家は百年を超える古民家の町家でした。通り土間のある家は、太い柱や梁に囲まれ、安心して豊かな気持ちで暮らすことができたと思います。

上京後、東京藝術大学でデザインを学びましたが、都会で暮らし始めて都市の住宅の貧困さに気づきました。そこで、都市計画に興味を持ち自分が生まれ育った町並みをつくる古民家が、本来の日本の木造住宅ではないかと考え、大工棟梁の元で伝統の木組を学びました。

おかげさまで、いまではむかしながらの職人技術を生かした、「木組の家」をみなさまに提供できるようになりました。

伝統に学んだ丈夫で美しく、豊かに暮らせて、次の世代に住み継いでいただけるような家です。

わたしたちのつくる家は、自然素材と最新の技術で地震や台風に強く、あたたかい省エネルギーの家です。

美しい日本の風景に溶け込み、家族団欒の心地よい生活をお約束する家づくりです

代 表: 松井 郁夫

_