年間アーカイブ

6月, 2019 | 松井郁夫建築設計事務所「木組の家づくり」

2019年06月24日 Mon

_

「野田の平屋」軸組模型ができました

「野田の平屋」の軸組模型ができました。

丈夫な架構を支える地震に強い、門型フレームと足固め折置組のシンプルな軸組です。

居間では象徴的な大黒柱が力強く家族を支えています。

何世代にも渡る生活の変化にも対応できるように、間取りと架構を一致させ、長寿命の木組の家を目指しています。

大きな一枚屋根の下、ご家族の、のびのびとした生活を思い浮かべながら、実施に入ります。

 

 

 

 

2019年06月18日 Tue

_

吉祥寺の家Ⅳ


吉祥寺の家Ⅳ

通りにわリビングの家

所在 東京都武蔵野市
構造規模 木造2階建
敷地面積 149.28㎡(45.16坪)
建築面積 59.49㎡(18.00坪)
延床面積 109.06㎡(32.99坪)
建築費 3672万円
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 キューブワン・ハウジング
竣工 2017年2月
建ぺい率 39.85%
容積率 73.06%
地域地区 第1種低層住居専用地域
防火地域 法22条地域
構造材 天竜杉
床板 天竜杉 厚15mm
外壁仕上 土壁風藁入りモルタル
断熱材 高性能グラスウール16K 75mm
内壁仕上 漆喰塗・ラスボード下地
開口部 アルミサッシ(ペアガラス)

2019年06月17日 Mon

_

さくらさくみらい保育園+共同住宅


さくらさくみらい保育園+共同住宅

待機児童問題が問題となっている中、松井事務所も保育園事業をお手伝いすることができました。

1・2階が0〜5歳児までの保育園、3階は保育士さんのための共同住宅です。

保育園に通うお子様が自然素材に触れ、のびのびと育つことができるように願い、外部の木製ランダムルーバーや内部の木フレーム・フローリングなど、積極的に木質化をして、木の温かみを感じられる空間を目指しました。

RC造の建物ですが、自然素材に包まれた保育園が完成しました。

所在 東京都中野区
構造規模 RC造3階建
敷地面積 429.23㎡(129.84坪)
建築面積 313.04㎡(94.69坪)
延床面積 805.99㎡(243.81坪)
建築費 3億3600万円
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
アラマタマコト設計室
施工 白石建設
竣工 2019年4月
建ぺい率 72.93%
容積率 265.60%
地域地区 近隣商業地域、第1種低層住居専用地域
防火地域 防火地域、準防火地域
構造材  RC
床板 桧 厚15mm(吉野中央木材)
外壁仕上 RC外壁用湿式外断熱システム「エコサーム」
仕上げ:グラニュール
一部RC打ち放し仕上げ・クリア撥水剤塗布
木製ルーバー:桧無地
断熱材 RC外壁用湿式外断熱システム「エコサーム」70mm
内壁仕上 薄塗り漆喰・石膏ボード下地
開口部 木製建具、アルミサッシ(ペアガラス)

2019年06月12日 Wed

_

鎌倉古今


鎌倉古今

安政2年の古民家再生

山懐に包まれたホテル&レストラン

鎌倉の奥座敷二階堂の山間に残る安政2年(168年前)の古民家をレストランに。

両脇に建てられた昭和の数寄屋と蔵を宿泊施設に再生しました。

2室だけの小さなホテルですが、アメニティの充実した心地よい一夜をご提供しています。

イタリアンのランチだけの利用もあります。

ここから始まる、鎌倉観光。古民家の魅力をどうぞご堪能ください。

所在 神奈川県鎌倉市
構造規模 木造2階建
敷地面積         –
建築面積         –
延床面積 332.944㎡(100.71坪)
建築費 8800万円
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 芙蓉建設
竣工 2018年12月
建ぺい率         –
容積率         –
地域地区 第1種低層住居専用地域
防火地域 指定なし
構造材 古材
床板 桧 厚15mm
外壁仕上 板壁部:下見板補修,古色塗り
土壁部:漆喰塗り
断熱材 高性能グラスウール16K 80~100mm
内壁仕上 漆喰 一部 既存土塗り壁補修
開口部 木製建具 一部 既存建具補修

2019年06月10日 Mon

_

八王子の古民家再生


八王子の古民家再生

明るく温かい古民家再生

東京都八王子に残る明治44年築の古民家です。

元は農家で、茅葺きでしたが、暗くて寒いので、改修して終の棲家にしたいとの依頼です。

オーナーは自邸を直営形式で「木組の家」をすでに建てて住んでいらっしゃいました。

木材の購入や大工職人の手配などに詳しく、現場で何度も工事内容を確認をしながら進めましたので、延べ6年の歳月をかけて完成しました。

耐震改修はもちろん、「高ハッポウ」という屋根に窓を開け、明るい室内を実現しました。

断熱材を充填して、床下エアコンと薪ストーブを設置しましたが、エアコン一台で充分暖かい家となりました。

温熱環境は、HEAT20にG2レベルに達しています。無暖房で15度を下回らない家ということです。

2021年には「ウッドデザイン賞」を受賞しました。

明るくて暖かい家は、さらに100年生きる新しい古民家となりました。

所在 東京都八王子
構造規模 木造3階建
敷地面積 3000㎡(907坪)
建築面積 157.18㎡(47.54坪)
延床面積 360.54㎡(109.06坪)
建築費 6600万円
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 キューブワンハウジング
竣工 2019年5月
建ぺい率 00%
容積率 000%
地域地区 第一種住居地域
防火地域 準防火地区
構造材 古材
床板 栗 厚15mm
外壁仕上 土壁風藁入りモルタル 焼杉板厚15mm
断熱材 壁フェノバボード63mm 屋根グラスウール300mm
内壁仕上 漆喰塗・土壁藁入り
開口部 アルミサッシ(ペアガラス)

このページの先頭へ