年間アーカイブ

12月, 2014 | 松井郁夫建築設計事務所「木組の家づくり」

2014年12月26日 Fri

_

日経ホームビルダー「伝統構法の省エネ」掲載されました

日経HB「伝統構法で省エネ」

日経ホームビルダー2015年1月号に「伝統的な木造建築でも省エネ基準は超えるべき壁」と題してインタビューが掲載されました。 どうぞご覧ください。

(印刷用PDFはこちら)

2014年12月26日 Fri

_

日本住宅新聞「高円寺の家」掲載

日本住宅新聞「高円寺の家」

日本住宅新聞1月5日号に「高円寺の家」が掲載されました。
「準耐火でもひと工夫で木の家ができる」と題して1~3面に取り上げられています。
どうぞご覧ください。

(印刷用PDFはこちら)

日本住宅新聞「高円寺の家」2

 

日本住宅新聞「高円寺の家」3

2014年12月26日 Fri

_

年末年始休業は12/27~1/4となります

平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
さて弊社におきましては、来る下記期間を年末年始休業とさせて頂きます。

■年末年始休業日
2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)

今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願い致します。
尚、休業中にいただきましたお問い合わせは、1月5日から順次対応致しますのでご了承ください。

 

2014年12月12日 Fri

_

「こうすれば燃えにくい木造建築」

こうすれば燃えにくい木造建築

木組の準耐火建築「高円寺の家」が本に掲載されました。

真壁で、無垢の木をあらわしにして新防火地区で、準耐火建築を実現しました。木の家でも、火災に強い建物にするための方法がわかりやすく解説されています。

どうぞ書店などでお買い求めください。

「こうすれば燃えにくい 新しい木造建築 22のQ&Aと10の実例で学ぶ設計の心得03」

日経アーキテクチャ+松浦隆幸 編
発行:日経BP社
定価:3,800円+税

 

□作品集「高円寺の家」

こうすれば燃えにくい木造建築

2014年12月10日 Wed

_

PHJ「省エネ診断士セミナーin山形」に参加しました

山形エコハウスサーモグラフィ

「山形エコハウス」のサーモグラフィ画像。壁も天井も、24度前後の均一な温度になっていますね。

 

松井匠です。
先日、一般社団法人パッシブハウスジャパン主催の「省エネ診断士セミナー」に参加してきました。
森みわさんと松尾和也さんによる、省エネ住宅をつくるための講義です。

いろんな温風勉強会に出てきましたが、パッシブハウスジャパンの基準にしている性能はとても高いレベルだと思いました。
ぼくは工学系でも理系でもないのですが、温熱の話はなんとなく肌に合うというか、おもしろく感じるので、今回の勉強会はエキサイティングでした。
とくに外皮に断熱材を300㎜以上使った「山形エコハウス」は、室温が天井から床まで均一になっているという快適さと、厚い断熱材で遮音された空間が、とても印象に残りました。
関東と東北の気候の違いはあれど、ずっと住むには気持ちのいい家がいちばんですから、この快適さを忘れないように設計しようと思います。

森さん、松尾さん、パッシブハウスジャパンの方々、ありがとうございました。

<匠>

このページの先頭へ