年間アーカイブ

12月, 2012 | 松井郁夫建築設計事務所「木組の家づくり」

2012年12月30日 Sun

_

むかしといまをみらいにつなぐ

全国6ヵ所キャラバンツアーが終わりました。

このツアーは、国土交通省が進める、伝統的構法の設計法作成および性能検証実験検討委員会の一環として、

全国6ヵ所で開催された講演会です。

「知恵と工夫の設計ー伝統建築に学ぶ」というタイトルで、日本全国の伝統民家21軒の調査に基づき、

現代に生かすことのできる構法的な工夫を紹介するものです。

金沢を皮切りに、松江、東京、高知、鶴岡、日田を回りました。

伝統的木造建築のこれからの設計法の考え方や伝統構法の定義に加えて、

構法歴史部会の事例調査の一員として、民家から見えた知恵と工夫を解説させていただきました。

全国の熱心な設計者や施工者、行政や審査期間の方たち、学生や一般の参加者も含めて、

約800人の方々に聞いていただくことができました。

自然災害の多いこの国で、むかしからつくられてきたの民家の知恵や工夫が、

いま わたしたちのつくっている木造住宅にどのようにに活用され、これからの日本の家の未来につながってゆくのか。

日本の家はどこから来てどこへゆくべきか。この大きなテーマに立ち向かい、価値観を転換する時期が来ています。

災害にも強い日本の家を取り戻し、新しい展望を拓く機会です。

伝統の知恵と工夫をいかした構法の法制化に向けて、実務者の声を集めましょう。

キャラバンにお運びいただいた皆様に、あらためて感謝いたしますとともに、

全国の伝統を大切に家づくりを進めるすべての方に、今後の活動にどうぞお力添えください。

 

2012年12月28日 Fri

_

巨大地震に備える

2012年も、あと数日を残して新しい年を迎えようとしています。

早いもので2011年3月11日の東北大震災から、はや2年がたとうとしています。

繰り返し襲ってくる地震を体験するたびに、自然災害の恐ろしさを思い知らされます。

 最近では、30年以内に巨大地震が、東南海地域を襲う確立が見直されました。

これまでの予想よりも確率が上がっていることに、改めて地震国に住んでいることを自覚させられます。

 そこでいま、わたしたちにできることは、住んでいる家の耐震補強と避難経路の確認です。

巨大地震に備えることを難しいことと考えずに、一度お住まいの家を点検してみてはいかがでしょう。

 戦後に建てた築32年以上、昭和55年以前の家ならば、基礎コンクリートからの改修になりますが、

昭和56年以降の建設ならば、耐震壁の改修で済みます。

 改修方法については、それぞれのお住まいの事情にもよりますが、

耐震診断しだいで、ご予算に沿って改修することも可能です。

さらに断熱施工を加えて、省エネルギー対策を実施することもできます。

 巨大地震に備え、かつ燃費の良い家づくりにもなる、これからの耐震エコ改修をぜひご検討ください。

耐震改修については、自治体の補助や税金の免除が受けられます。

 詳しくは、当事務所にお問い合わせください。

2012年12月25日 Tue

_

「高円寺の家」内覧会は盛況でした

121226kouenji

 12月16日に開催されました「高円寺の家」完成内覧会はたくさん方々にご来場いただき、盛況のうちに閉会いたしました。「燃えしろ設計」による木組みの準耐火建築と、エアコン一台で家全体を暖めることができる工夫が注目されました。お運びいただきました皆様に、改めて御礼申し上げます。

 

木組みの家「高円寺の家」完成内覧会の様子

 

 

 

 

2012年12月22日 Sat

_

高円寺の家

高円寺の家

「燃え代設計」準耐火建築物

最近都市部では、新防火地域という場所が増えました。木造住宅が建てられない地域です。

しかし、準耐火建築物という建物は木造でも建てることができます。

それには、骨組みを太くして燃えにくくすることです。

木は1分で1ミリ燃えることが実験でわかっています。45分で燃え抜けなければ「準耐火建築」として認められますので、柱や梁の構造材の周囲をを45ミリ太くすればいいのです。これを「燃え代設計」といいます。

「高円寺の家」は、さらに外壁を15ミリの桧板張りにしました。板の下に20ミリのモルタルを塗り、躯体が燃えないようにしたのです。

オーナーは、この家をとても気に入ってくれて「エッセイ」を書いてくれました。このHPの「木組の家に住んで」という連載は高円寺のオーナーの文章です。こちらからご覧ください。https://matsui-ikuo.jp/blog/serialization

オーナーのご要望は「庭を見て暮らしたい」ということだけで後はお任せでした。

そこで各部屋から庭が見えるように計画し、二階には屋上庭園をつくりました。

また、床下エアコン一台で家中を快適な温度にコントロールしています。

オーナーは「この家のために生きる!」と宣言されて、木組の普及のためにいつでも見学させてくださいます。

どうぞいつでも、お申し込みください。小さな家ですが、みどり豊かな外部とつながる吹き抜けのある快適な木組がご覧になれます。

 

 

 

 

所在 東京都杉並区
構造規模 木造2階建(準耐火建築物)
敷地面積 81.82㎡(24.75坪)
建築面積 40.50㎡(12.25坪)
延床面積 63.22㎡(19.12坪)
建築費 3,000万円(外構含む)
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 キューブワン・ハウジング
竣工 2012年12月
建ぺい率 60%
容積率 150%
地域地区 第1種低層住居専用地域
防火地域 準防火地区(都条例による新防火地区)
構造材 海山桧・天竜杉(葉枯し乾燥)
床板 天竜桧 厚15mm
外壁仕上 土壁風藁入りモルタル、一部桧板張り
温熱環境 太陽光発電 床下冷暖房
内壁仕上 漆喰塗 断熱材:ウールブレス
開口部 木製サッシ、アルミサッシ(ペアガラス)

2012年12月13日 Thu

_

年末年始休業は12/28~1/6です

今年度の、松井郁夫建築設計事務所の年末年始休業期間は
12月28日(金)~1月6日(日)となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

2012年12月05日 Wed

_

「高円寺の家」完成内覧会のお知らせ

121216高円寺の家完成内覧会

高円寺の住宅密集地に、小さな木組みの家が完成しました。
桜設計集団・安井昇氏の監修、燃えしろ設計による木造住宅です。
丈夫で美しい架構のデザインはもちろん、
省エネルギーに十分配慮した燃費の良さと、
調温湿に優れた自然素材による快適さを実現した、
人にやさしい「呼吸する木組み」です。
これからの日本の家を、どうぞこの機会に御高覧ください。

「高円寺の家」完成内覧会
開催日時:
平成24年12月16日(日)
午前11時~午後16時

設計:松井郁夫建築設計事務所
設計協力:春紫建築設計事務所(赤川真理) 
施工:キューブワン・ハウジング
山:天竜T.S.ドライシステム協同組合

お申し込み:
松井郁夫建築設計事務所
東京都中野区江原町1-46-12-203
メール ok@matsui-ikuo.jp
電話  03-3951-0703
FAX  03-5996-1370

印刷用PDFチラシはこちらです

2012年12月05日 Wed

_

「豊田の家」お住まい見学会は盛況でした

12/2に行われた「豊田の家」お住まい見学会は大盛況でした。
寒い日でしたが、家の中は薪ストーブで暖められ、2階の奥まで快適でした。
建主さんが裸足をお勧めになり、ご来場の方々には、無垢の杉床板のぬくもりを感じていただけました。

お子さんをお連れでご来場の方が多く、この日の「豊田の家」は木組みの託児所のようでした。
無垢の木と漆喰でつくる木組みの家は、子育てに最適です。

改めまして、ご協力いただいた建主さんに御礼申し上げます。ありがとうございました。

 12月16日(日)には「高円寺の家」完成内覧会が開催されます。
こちらもぜひお申込み下さい。

このページの先頭へ