年間アーカイブ

1993 | 松井郁夫建築設計事務所「木組の家づくり」

1993年12月30日 Thu

_

生協いいの診療所

生協いいの診療所

ゲームで楽しく計画した生協組合員の診療所

小さな町の親しみのわく診療所を目指して、ワークショップによる診療所をつくりました。大久手計画工房との協働です。 福島県飯野市に建つ「生協いいの診療所」は、白紙の段階から、組合員の方々が参加するワークショップで計画を実現しました。ワークショップには、20歳の看護婦さんから91歳のおじいさんまで大勢が集まり、ワークショップの達人・伊藤雅春さんとの進行で進みました。

まず、敷地に立つどの木を残すかを考える「とってお木ゲーム」から始まり、「ビジョンゲーム」ではどんな診療所ができたらいいのか、皆で夢を語ってもらいました。敷地に実際の間取りを描いて問題点を洗い出し「原寸体験ツアー」もしながら、最終的にできた建物の立面図は、組合員の方から拍手で迎えられました。

完成した診療所も、組合員の人達に愛される場所となりました。

所在 福島県
PJ期間 1993年

1993年03月03日 Wed

_

篆刻美術館

篆刻美術館

再生後に国の登録文化財へ

美術館として生まれ変わった3階建ての石造。古河市の博物館別館として公開されています。コンクリートと木造の複合架構です。 1998年に登録文化財に指定されました。再生後に指定されたまれな建物です。

所在 茨城県古河市
延床面積 347.84㎡(105.22坪)
建築費 7,974万円(参考価格)
竣工 1991年3月

このページの先頭へ