中野やしきもり緑地 〈東京都〉

みんなでつくったおいしくて楽しい原っぱ

ワークショップでつくった公園です。農家の敷地がみんなの広場に変わりました。

松井事務所がある中野区で初めて、計画段階から住民参加を実現した緑地です。
「原っぱの一部を耕して、クローバーの広場に」「ハーブを植えて、みんなで料理教室をしよう」など、出来上がった後の管理運営やイベントについても、さかんに意見が交わされました。

完成した「やしきもり緑地」で、延べ200人が集まったオープニングには、餅つき退会が行われ、やしきもりの柏で包んだ草餅をみんなで食べました。

今でこそ全国的な広がりを見せるワークショップですが、初期のわいわい楽しい熱意が伝わってきます。

(写真)
1 オープン時のお祝いにお餅つき/2 森の柏の葉でお餅をくるんで食べました/3 ワークショップの様子/4 クローバーを植えた原っぱ/5 森の入り口/6楽しいイベントをやっています/7 豪勢な料理!

_

中野やしきもり緑地

みんなでつくったおいしくて楽しい原っぱ

所在 東京都
PJ期間 1993年〜1994年

印刷用PDFはこちら

作品

木組みの家

選択して下さい

古民家再生

選択して下さい

中規模木造建築

選択して下さい

内装・リフォーム

選択して下さい

まちづくり・ワークショップ

選択して下さい

価格

価格帯

選択して下さい

年別

年別

選択して下さい

このページの先頭へ