宮原の家 〈埼玉県〉

数寄屋と民家が融合した終の棲家

_

宮原の家

数寄屋と民家が融合した終の棲家

所在 埼玉県さいたま市北区
構造規模 木造平屋建
敷地面積 758.44㎡(229.43坪)
建築面積 145.22㎡ (43.93坪)
延床面積 176.33㎡ (53.54坪)
建築費
設計監理 松井郁夫建築設計事務所
施工 渡辺工務店
竣工 2008年6月
建ぺい率 60%
容積率 200%
地域地区 第一種中高層住居専用地域
防火地域 法22条地区
構造材 徳島杉(葉枯し乾燥)、桧、松丸太
床板 天竜桧 厚30mm
外壁仕上 土壁風藁入りモルタル
断熱材 フォレストボード
内壁仕上 漆喰塗
開口部 アルミ、一部木製

印刷用PDFはこちら

作品

木組みの家

選択して下さい

古民家再生

選択して下さい

中規模木造建築

選択して下さい

内装・リフォーム

選択して下さい

まちづくり・ワークショップ

選択して下さい

価格

価格帯

選択して下さい

年別

年別

選択して下さい

このページの先頭へ