2017年08月18日 Fri

_

松井事務所と家を建てると、何が違うのですか?

松井事務所のつくる家は、総合力の高い本物の家です。古民家と職人に学んだ知恵を元に、地震に強い架構の丈夫さ、快適な温熱環境、素材の良さ、使いやすさをトータルにデザインしてきた実績があります。

また、信頼できる工務店や腕の良い職人との協働によって、コストパフォーマンスの良い家をつくります。

建て主様の、ご要望やご意見に耳を傾けて、無垢の木と漆喰の自然素材を駆使し、手仕事の職人技で、オリジナルデザインの家をつくります。ご予算の範囲内で、満足のいく家をつくることは、設計者の役目だと思っています。

建売住宅のように、既製品を集めてもよい家にはなりません。さまざまなアイディアを駆使し、自由な暮らしができる設計を心がけています。いつ、誰が住んでも、居心地の良い家をつくります。住まい方を提案しますが、固定はしない家づくりです。

工事価格についても、見積もりを提示し査定をして納得のゆくよう進めます。価格の見えるコストバランス表を作成し工事費を比較しながら進めます。

住まいは、ご家族の生活を包む幸せの器だと考えています。ご家族のみなさんの夢をかたちにする事が、わたしの仕事です。

このページの先頭へ