ブログ

2019年01月25日 Fri

_

さくらさくみらい保育園+共同住宅 進行中

保育園と共同住宅の工事が、佳境をむかえおります。

2月のお引渡しまで、一ヶ月を切りました。

1・2階は保育園、3階は共同住宅。保育士さん向けのワンルームとファミリータイプがあります。

内部の木組フレームや外部のランダム格子が付きました。

通行人が振り返ってゆきます。

家具工事も終えて、外構工事を残すのみと言いたいのですが、いろいろ積み残しがあり、現場は大わらわです。

毎回思いますが、後一ヶ月時間がほしい!

ルーバーの陰影がランダムで面白いです。
2歳児から5歳児までの2階保育室。木組のフレームで仕切られます。
天井が貼られました。フレームも天井も吉野杉です。床は桧になります。
3階共同住宅 ファミリータイプ
ワンルームタイプ

ワンルームタイプ(清掃前)
ファミリータイプ センターシンク コリアンカウンター
ワンルームタイプ 洗面トイレ
あと少しで完成です!

2018年12月24日 Mon

_

保育園+共同住宅工事佳境

来年4月の開園を目指して、「さくらさくみらい保育園」の建設が進んでいます。

1階と2階は保育園。3階は共同住宅の建物です。

足場が外れて一部の外観が見えてきました。

内装工事も佳境です。

完成が待ち遠しい現場ですが、スタッフは目まぐるしく働いています。

来年2月に引き渡しです。みんながんばれ!

2018年10月05日 Fri

_

保育園+共同住宅 進行報告

コンクリートが打ち上がり型枠も外れて、建物内部の全体像が見えてきました。

太い柱と梁が印象的です。ラーメン構造という柱梁で支えられた開放的な架構は、まるで古民家の骨組みのようです。

「民家はコンクリートや鉄骨の現代建築につながっている」と言ったのは、建築史家で民家研究で有名な「伊藤ていじ」先生です。

この建物が長く使われるように、丈夫な架構で将来の間取りや仕切りの変更に耐えるように作りました。

間仕切りは軽量鉄骨でいつでも取り外せます。配管設備も床下の広い空間で交換ができます。

立つ前から変更話で恐縮ですが、保育園の契約期限の20年後も考えて設計しました。

建物は人の人生より長いと思うからです。

それにしても、コンクリートはモノトーンですね。


ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ