事務所概要

名称 株式会社 松井郁夫建築設計事務所 まちづくりデザイン室
_
代表取締役 松井郁夫
一級建築士
一般社団法人ワークショップ「き」組代表理事
NPO木の建築フォラム理事
愛知県立芸術大学講師
内閣官房長室地域伝道師
国土交通省大工育成塾講師
住宅医理事
_
所在地

〒165-0023 東京都中野区江原町1-46-12江原ジュールカースル102号

事務所アクセス

_
TEL 03-3951-0703
_
FAX 03-5996-1370
_
E-mail

ok@matsui-ikuo.jp

お問い合わせ

_
顧問弁護士 秋野卓生(弁護士法人匠総合法律事務所)
_
会計事務所 笹山智之(笹川会計事務所)
_
協力事務所 小林一元(小林一元建築設計室)
宮越喜彦(木住研)
荒俣真琴(アラマタマコト建築設計室)
山中信悟(悟工房)
滝口泰弘(WOOD AC)  
_
パートナー 寺川ムラまち研究所地域計画連合
株式会社地域計画連合
上野・藤井事務所
稲山建築設計事務所
FU設計
アーキワード・中野欣一  
_

◎主な活動

1985年 全国町並保存運動に参加

1995年 阪神淡路大震災を機に、日本古来の木組みを見直す「木住考」(これからの木造住宅を考える会)をたちあげる。『建築知識』に読者とのワークショップ形式で「木造住宅『私家版』仕様書」を連載。

2000年 山と住まい手とを結ぶ「緑の列島ネットワーク」のたちあげに参加。同ネットワーク主催の「MOKスクール」で講師をつとめる。

2001年 職人がつく木の家ネット発起人。初代事務局。

2003年 ワークショップ「き」組を発足。山と職人と住まい手をつなぐ、顔の見える家づくりのビジネスモデルとして、グットデザイン賞・Gマーク獲得

2000年~大地に還る家審査委員、真の日本の住まい審査委員

2005年 木青連 木材利用コンクール審査員

2003年 未来の大工を育てる(財)住宅産業研修財団「大工育成塾」講師、テキスト執筆

2004年 木組みの設計者育成実践講座「木組のデザイン」ゼミナール開講

2009年 一般社団法人ワークショップ「き」組 設立

2009年 木の建築フォラム理事 木の建築賞審査委員

2011年 住宅医スクール講師 住宅医としてリフォームに取り組む

2014年 古民家再生ゼミ開講

 

_

◎受賞歴

1979年

1996年

04月

06月

安宅賞受賞

「S邸」古民家再生でナショナル「健康な住まい」コンテスト入賞

  10月 「陽明堂」茨城住まい匠大賞
  11月 「M邸」越谷市建築景観賞
1998年 02月 いわきの家設計コンペ特別賞
  11月 「やなぎや薬局」古民家再生 大野市景観賞
2000年 02月 「宇都宮の民家再生」東京ガス「あたたかな住空間」コンペ優秀賞
2002年 02月 「まちづくり酒屋・情報銀行」古民家再生 熊本県景観賞
2004年 10月 GOODデザイン賞受賞 ワークショップ「き」組がビジネスモデルとしてGマーク取得
2007年 01月 NPO法人木の建築フォラム「木の建築賞」ワークショップ「き」組の活動が受賞
2010年   「検見川の家」漆喰作品賞受賞
    「検見川の家」NPO法人木の建築フォラム 第7回 木の建築賞 「山と建てる賞」受賞

 

_

◎執筆・メディア掲載

1991年 08月 住宅建築「鷹見泉石記念館」「篆刻美術館」古民家再生
1994年 12月 月刊ハウジング「N邸」
1996年 09月

月刊ハウジング「前田(斉藤)邸」
日経アーキテクチュア 建築知識「虎見邸」
住宅建築「まちづくりから住まいづくりへ」

  12月 造景 no.6「生協いいの診療所 かくて母屋は残った」
1997年 08月 木の建築42号「虎見邸」
  09月 住宅建築「小西別荘」古民家移築再生
  12月 ディテール No.129「水回りを再生した茅葺き農家」古民家再生
1998年 10月 ディテール No.138「西糀谷の家」
  11月 建築設計福井「越前大野の町屋」古民家再生
  12月 木造住宅[私家版]仕様書・架構編(共著・建築知識より出版)
1999年 10月 住宅建築 「宇都宮の民家再生」
2000年 09月 モダンリビング 「境野邸」
2001年 03月 造景 No.31「宮原まちづくり拠点」
室内 No.555「むかしといまをつなぐいえ」古民家再生
  06月 ウッディ-ライフ No.94「青木邸」古民家再生
  07月 ソトコト No.25「エコハウス情報」
  08月 家庭画報マンションリフォーム革命「奈良岡邸」
  11月 別冊太陽「実測から学んだ古民家再生のルール」
木造住宅[私家版]仕様書(エクスナレッジより出版)
2002年 02月 新建ハウジング「金沢文庫の家」
室内 No.566「山と大工と住み手でネットワークをつくって」
  08月 住む。創刊2号「古い農家に土地の恵みを得て暮らす。」
  12月 ウッディ-ライフ No.101「金沢文庫の家」
2004年 01月 「木組の家」に住みたい!(彰国社より出版)
  05月 ニューハウスNo.583“「金沢文庫の家」
  季刊春 住む。No.9「あきる野の家」古民家再生
  06月 日経アーキテクチュア、No.772「鵠沼海岸の家」
2005年 02月 ニューハウスNo.592「江古田の家Ⅱ」
  木の家に暮らす 10号春「理想の家、誰と建てる?」「鵠沼海岸の家」
  05月 日経アーキテクチュア、No.797「再架構の家」「深く広くなる発注者の要求」
  07月 木の家に暮らす 11号夏「古民家の架構を生かした家」
  09月 木の家に暮らすNo.11「田舎暮らしを楽しむ家」古民家再生
  12月 東京生活No.9「あきる野の家」古民家再生
2006年 01月 はうすくらぶNo.37「福井の家」古民家再生
  02月 室内No.614「青梅の家」
  03月 木の家に暮らすNo.13「鷹巣の民家再生」
  05月 ニューハウスNo.607「再架構の家」古民家再生
  08月 日経アーキテクチュアNo.828「葛西の家」
  09年 日経ホームビルダーNo.87「葛西の家」
  10月 日経ホームビルダーNo.88「それでも使う国産材」
2007年 03月 日経アーキテクチュア特別増刊号「葛西の家」
2008年 03月

百の知恵双書016 「木組」でつくる日本の家(農文協より出版)

(2008年以降の新しい情報は、メディア コーナーをご覧ください。)

_

「職人がつくる木の家ネット」に松井郁夫へのインタビューが掲載されています。あわせてご覧ください。

_

このページの先頭へ