松井郁夫・スタッフ紹介

photo-matsuti

松井郁夫

IKUO MATSUI

城下町の職人街に生まれ、古い町家で育ちました。幼いころから職人の手仕事を見て、ものづくりに憧れてきました。

学生時代に、ふるさとの町並みが壊されていくのに耐えかねて、全国町並み保存運動に参加し、全国各地の古民家を見て歩きました。

その後、大工棟梁の下で、伝統構法に巡り合いました。町並み保存運動から地域力を学び、古民家の保存再生から木組みを学びました。伝統的な木組みの家に新しいテクノロジーを加えることで、これからの未来を見据えた家ができると思います。

日頃から、職人とともに現代住宅を木組みで提供することを使命とし、「美しい家」を「日本の山の木」と「職人の手仕事」でつくります。また、温熱計算により「省エネルギー」を計り、吸放湿と蓄熱を兼ね備えた燃費の良い快適な家を目指しています。古民家再生や中規模木造建築の設計、町並み保存や住民参加のまちづくりなども手がける他、設計者、大工達への育成もおこなうなど、木組みの普及・継承にもつとめております。

丈夫で快適な木組の家づくりを通して、住まい手のみなさんの幸せと社会に貢献したいと願っております。

_

◎経歴

1955年 福井県大野市生まれ
1977年 東京芸術大学美術学部卒業・工業デザイン専攻
1979年 東京芸術大学大学院美術研究科修了 環境造形デザイン専攻株式会社現代計画研究所入社 都市計画・アーバンデザイン担当 本郷台駅前広場設計担当(横浜市)
1985年 松井郁夫建築設計事務所設立
1992年 まちづくりデザイン室併設 
1993年

有限会社 松井郁夫建築設計事務所設立

元東京芸術大学講師 元金沢工芸大学講師 内閣府地域伝導師

2003年 ものつくり大学講師 国土交通省大工育成塾講師
2006年 株式会社松井郁夫建築設計事務所に変更
2009年 一般社団法人ワークショップ「き」組代表理事に就任
2011年 一般社団法人 住宅医協会理事 一般社団法人地域素材利活用協会理事

 

 

_

◎スタッフ

山崎哲史

山崎哲史

SATOSI YAMAZAKI

1988年 京都府舞鶴市生まれ  2012年 三重大学工学部建築科卒 2014年岐阜森林アカデミー木造建築講座卒 株式会社象設計集団を経て木造住宅の設計者を目指して、入社。

 

◎協力事務所

p_mochizuki

望月麻紀

MAKI MOCHIZUKI

1977年東京都生まれ 芝浦工業大学工学部建築学科卒 2007年から3年間松井郁夫建築設計事務所に勤務。 一児の母。

 

 

荒俣真琴

MAKOTO ARAMATA

1978年高知県生まれ 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻修士課程修了 一級建築士事務所アラマタマコト設計室設立。 二児の母。

_