ブログ

2006年03月20日 Mon

_

木の家に暮らす

出版社=株式会社地球丸 / 1,200円

家族と一緒に育つ家、という特集の中で、江戸、大正、平成と改修を重ね、手を入れて住み継がれる「日本の家」して「鷹巣の家」が紹介されました。梁が幾重にも重なり重厚な骨組みの家ですがライフステージに対応できるフレキシブな間取りになっています。日本の民家の知恵に学ぶ、という文章も書いています。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ