ブログ

2017年03月01日 Wed

_

「吉祥寺の家4」内覧会 盛況でした

「吉祥寺の家4」内覧会

「吉祥寺の家4」内覧会

「吉祥寺の家4」南外観

「吉祥寺の家4」南外観

「吉祥寺の家4」内覧会は、ご家族連れや設計中の建主さん、木組ゼミの受講生のプロの方も大勢見えて、盛況のうちに終了いたしました。
会場を提供いただいた建主様やキューブワンハウジングの工事関係者、家具を展示していただいた青山のオーローズのスタッフ、2日間の間に、お運び頂いたみなさま、大変ありがとうございました。
これを励みに、民家のような架構に居心地の良い木組みの家を作り続けます。これからもよろしくお願いいたします。
友人の住宅評論家・南雄三さんの感想を掲載させていただきました。
詳しくはこちらから、http://kigumi.jp/blog/

2017年02月24日 Fri

_

「吉祥寺の家4」完成内覧会のお知らせ

「吉祥寺の家4」が完成し、内覧会を開催させていただけることになりました。

吉祥寺の家4 通りにわリビング

吉祥寺の家4 通りにわリビング

吉祥寺の家4 力桁階段

力桁階段のホール

詳細は「き」組サイトで掲載中!

お申込みは下記からもどうぞ。
http://matsui-ikuo.jp/contact/
みなさまのお越しをお待ちしております。

「吉祥寺の家4」完成内覧会を開催致します。

2017年01月19日 Thu

_

「吉祥寺の家4」窓の気密

「吉祥寺の家4」もうすぐ完成です。

木製窓の気密を工夫しました。

「吉祥寺の家4」木製サッシの工夫

 

2016年10月11日 Tue

_

「吉祥寺の家4」破風板の眉かき

kichi4_161011_4

丁寧な「眉かき」です

日本の民家には「破風板」という屋根の部材があります。
木組で小屋組みをつくると、梁が外部に出てくるので、そこから水が入らないようにするための板なのですが、これが結構大きな幅の板になります。
「吉祥寺の家4」は180㎜の桧の無節を使っています。
180㎜というと、少し重く感じるサイズです。
昔の大工さんは、その辺もよく心得ているもので、板に一本、筋を入れて、軽く見せる工夫をしました。これは、水切りを良くするためでもありますので、切り口が斜めになるように欠き込んでいきます。
簡単なようで、これには眉かき用の刃物が必要で、なかなか高級な仕事なのです。
佐々木棟梁、いつもありがとうございます!

10月になり、晴れの日が多くなったので、現場もペースを上げて、工事は順調です。
断熱材もしっかり充填され、サッシも入りました。
ここからじっくりと内部造作が進んでいきます。
完成までは、こちらもずっと緊張しますね。(匠)

 

天井の梁が見えるリビングダイニングです

天井の梁が見えるリビングダイニングです

 

充填された断熱材

充填された断熱材

瓦棒の板金工事

瓦棒の板金工事

吹抜の窓

吹抜の窓

2016年09月08日 Thu

_

「吉祥寺の家4」構造見学会は好評でした!

dsc_1180

dsc_1190

 

8月27日。台風迫る雨模様の中、「吉祥寺の家4」の構造見学会が行われました。

足元の悪い中でしたが、プロの方や一般の方、たくさんの方に来て頂きました。

木組の丈夫な架構である貫や足固めをご覧になって、堅牢な仕組みに皆さん感心されていました。

天気に左右される大工仕事。

この日も二階では、天井張りが行われていました。

赤ちゃんやお子様も多かったので何の音か気になるけど、梯子が怖くて登れない…。

そんな可愛い一幕もありました。

「吉祥寺の家4」は、2月末に完成内覧会予定です!

(木村)

2016年08月06日 Sat

_

「吉祥寺の家4」構造見学会開催のお知らせ

kichi4_kengaku

 

吉祥寺の住宅街に木組の家が上棟します。
暮らしやすさを考えた、収納の多い間取りです。
スタンダードで心地よい家を目指しました。

何世代にも住み継ぐことのできる「本物の木の家」を見に来ませんか?

構造見学会は、地震に粘り強く、丈夫な木組の骨組みを じっくりとご覧いただけます。
日本古来の耐震の工夫「貫」「足固め」「折置組」など、
木組の基本のすべてを体感していただけます。

ぜひお誘い合わせの上、お申込みください。
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

「吉祥寺の家4」構造見学会

開催日時:
2016年8月27日(土)
10:00~15:00

対象:家づくりをご検討の方、本年度「木組ゼミ・古民家再生ゼミ」受講生

お申込みはこちらからどうぞ

チラシ印刷はこちらからどうぞ

 

「吉祥寺の家4」

1F 54.54㎡ 2F 54.06㎡
延床面積 109.06㎡(33坪)
構造材 天竜杉・桧(手刻み)

設計:松井郁夫建築設計事務所(松井郁夫、松井匠)
設計協力:望月麻紀
構造計算:悟工房(山中信悟)
施工:キューブワン・ハウジング(小村幸治・佐々木棟梁)
山:天竜T.S.ドライシステム協同組合(森下幸司)

2016年07月27日 Wed

_

吉祥寺の家4・着工しました。

kigumi_ichidashi

建物の位置出し。形がイメージできるようになります。

 

材木を選びに下小屋へ

下小屋に並ぶ柱材。

 

材木を真剣に選んでいます。

どの材木をどこに使うか選びます。適材適所です。

 

「吉祥寺の家4」着工です。

こちらは元々お住まいの家を建て直す為、
解体作業→位置出し→基礎コンクリート作業と進みます。
今は「位置出し」と言って、家が建つ場所を測って割り出し、
印を着ける作業をしています。

一方その間に、建主さんと松井は材木検査へ。
今回お世話になる、キューブワン・ハウジングの下小屋へ行き、
静岡の天竜から来た材木をチェック。
建主さんと、実際に目で見て材木を選びます。
これは、松井郁夫建築設計事務所では、毎回必ず行う作業です。

この時色の悪いものや、節が大き過ぎるものは送り返します。
真壁で、木が見える木組の施工だからこそ、材木にはとことんこだわっています。
選んだ材木は、この後大工さんが手刻みで加工。
柱や梁になります。

今回植栽計画も入念に。
以前の玄関先にあった、オオムラツツジを残すため、
一旦建物の裏に移植しています。
完成後はまた玄関先に戻します。
夏の植替えは負担になるそうで、少し心配です。

「吉祥寺の家4」は、8月末に上棟の予定です。

 

オオムラツツジ。完成後、玄関前に戻します。

オオムラツツジ。完成後、玄関前に戻します。

 

2016年05月26日 Thu

_

「吉祥寺の家4」が始まります

玄関側は二階がせり出しています

玄関側は二階がせり出す「せがい造り」です

バルコニー側

南側はバルコニーと木製引込戸が見所

「阿佐ヶ谷の家」に続き、「吉祥寺の家4」が始まりました。
吉祥寺にはご縁があって4軒目となりますが、中央線沿いの建主さんが内覧会で集まるなど、楽しいつながりができています。

「吉祥寺の家4」は、玄関を入って、シューズクローゼット、パントリー、壁に本棚、二階に納戸と、
収納を沢山もうけたので、居間に物の出てこないすっきりとした暮らしができそうです。

 

kichijyouji4-3

玄関から一本力桁階段が、チラリ

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年8月
  2. 2017年7月
  3. 2017年6月
  4. 2017年5月
  5. 2017年4月
  6. 2017年3月
  7. 2017年2月
  8. 2017年1月
  9. 2016年12月
  10. 2016年11月
  11. 2016年10月
  12. 2016年9月
  13. 2016年8月
  14. 2016年7月
  15. 2016年6月
  16. 2016年5月
  17. 2016年4月
  18. 2016年3月
  19. 2016年2月
  20. 2016年1月
  21. 2015年12月
  22. 2015年11月
  23. 2015年10月
  24. 2015年9月
  25. 2015年8月
  26. 2015年7月
  27. 2015年6月
  28. 2015年5月
  29. 2015年4月
  30. 2015年3月
  31. 2015年2月
  32. 2015年1月
  33. 2014年12月
  34. 2014年11月
  35. 2014年10月
  36. 2014年9月
  37. 2014年8月
  38. 2014年7月
  39. 2014年6月
  40. 2014年5月
  41. 2014年4月
  42. 2014年3月
  43. 2014年2月
  44. 2014年1月
  45. 2013年12月
  46. 2013年11月
  47. 2013年10月
  48. 2013年9月
  49. 2013年8月
  50. 2013年7月
  51. 2013年6月
  52. 2013年5月
  53. 2013年3月
  54. 2013年2月
  55. 2013年1月
  56. 2012年12月
  57. 2012年11月
  58. 2012年10月
  59. 2012年9月
  60. 2012年8月
  61. 2012年7月
  62. 2012年6月
  63. 2012年5月
  64. 2012年4月
  65. 2012年2月
  66. 2011年12月
  67. 2011年11月
  68. 2011年10月
  69. 2011年9月
  70. 2011年8月
  71. 2011年7月
  72. 2011年6月
  73. 2011年5月
  74. 2011年4月
  75. 2011年3月
  76. 2011年2月
  77. 2011年1月
  78. 2010年12月
  79. 2010年11月
  80. 2010年10月
  81. 2010年9月
  82. 2010年8月
  83. 2010年7月
  84. 2010年6月
  85. 2010年5月
  86. 2010年4月
  87. 2010年3月
  88. 2010年2月
  89. 2010年1月
  90. 2009年12月
  91. 2009年11月
  92. 2009年10月
  93. 2009年9月
  94. 2009年8月
  95. 2009年7月
  96. 2009年6月
  97. 2009年5月
  98. 2009年4月
  99. 2009年3月
  100. 2009年2月
  101. 2009年1月
  102. 2008年12月
  103. 2008年11月
  104. 2008年10月
  105. 2008年9月
  106. 2008年8月
  107. 2008年7月
  108. 2008年6月
  109. 2008年5月
  110. 2008年4月
  111. 2008年3月
  112. 2008年2月
  113. 2008年1月
  114. 2007年12月
  115. 2007年11月
  116. 2007年10月
  117. 2007年9月
  118. 2007年8月
  119. 2007年7月
  120. 2007年6月
  121. 2007年5月
  122. 2007年4月
  123. 2007年3月
  124. 2007年2月
  125. 2007年1月
  126. 2006年12月
  127. 2006年11月
  128. 2006年10月
  129. 2006年9月
  130. 2006年8月
  131. 2006年7月
  132. 2006年6月
  133. 2006年5月
  134. 2006年4月
  135. 2006年3月
  136. 2006年2月
  137. 2006年1月
  138. 2005年12月
  139. 2005年8月
  140. 2005年6月
  141. 2005年5月
  142. 2005年4月
  143. 2004年12月
  144. 2001年12月

このページの先頭へ