ブログ

2016年02月25日 Thu

_

作品集を更新しました

佐倉の平屋

佐倉の平屋

深大寺の家

深大寺の家

松本城のみえる家

松本城のみえる家

 

 

 

 

 

2015年に竣工した家を、3件作品集に追加しました。

http://matsui-ikuo.jp/works/

 

2015年は平屋、省エネ、寒冷地と、違った空気感の家を設計しました。

木組の伝統構法を守りながら、温熱環境に力を入れ

暑さ寒さを取り除いた木造建築を目指しました。

構造協力に木組みのメンバーを迎え、より一層スッキリと整理された骨組みで

住み継ぎながら、長く快適に過ごしていただけます。

 

住む場所、住む人によって、家は形を変えるものだなと、改めて感じた2015年でした。

 

(木村)

 

 

2015年11月02日 Mon

_

「深大寺の家」完成内覧会のご報告

「深大寺の家」完成居間

先週末の「深大寺の家」完成内覧会は快晴で、
たくさんの方々にお越しいただき、
木組ゼミの受講生を中心に、
新潟や能登からもプロの方々がお見えになりました。

24坪の小さな家ですが、風の流れや太陽のまわり方を計算して、
建物を配置し、小さな吹き抜けを設けました。
窓の断熱性能を上げ、太陽光発電を搭載し、
エアコンによる床下暖房によりエネルギーの効率を上げました。
松井事務所の建物の中でも、温熱性能の高い木組の家になっているのは、
これからの地球環境を見据えてのことです。

もちろん架構は、無垢の木による伝統構法です。
吉野産の杉を使い、手刻みによる貫と足固めの壁、
仕上げは自然素材の漆喰壁です。調湿に優れた素材は、快適な室内を造ります。

建て主様ご家族には、これからの寒い季節を、
温かく過ごしていただけると思います。
建て主様のご厚意に感謝し、
お運びいただいた多くの皆様に御礼申し上げます。

設計:松井郁夫建築設計事務所
構造協力:小林一元建築設計室
施工:キューブワン・ハウジング

「深大寺の家」完成外観

151025jin_6

151025jin_3

151025jin_2

151025jin_4

151025jin_7

2015年10月22日 Thu

_

小さくて快適「深大寺の家」完成です

木組みの家「深大寺の家」完成時外観

 

「深大寺の家」が完成し、建築基準法の検査も終わりました。
あとは、25日の内覧会とお引き渡しです。

小さくても、広々と感じて心地よく暮らせるように、
随所にさりげない工夫を施してあるのですが、
たぶん、言わないと誰も気づかないでしょう(笑)

内覧会へのお越しをお待ちしています。
<匠>

 

木組みの家「深大寺の家」完成時1F内観

木組みの家「深大寺の家」完成時2階天井

2015年10月13日 Tue

_

「深大寺の家」完成内覧会のご案内

jindai_nairan

 

調布市深大寺に、吉野木材を使った「深大寺の家」が完成しました。
コンパクトなL字の間取りの木組の家です。

光や風の回りを計算し、小さな吹き抜けのある延床24坪の家です。
窓の断熱性能を上げ、太陽光発電と床下エアコン暖房による、エネルギー効率の向上を目指しました。

伝統の木組と省エネルギーの融合をご高覧ください。
当日は皆様のお越しをお待ちしております。

「深大寺の家」完成内覧会

開催日時:
2015年10月25日(日)
11:00~16:00

対象:家づくりをご検討の方・本年度「木組ゼミ」受講生

お申込みはこちらからどうぞ

チラシ印刷はこちらからどうぞ

 

「深大寺の家」建物データ

小さな木組の省エネタイプ
1F 40.39㎡ 2F 38.74㎡
延床面積 79.13㎡(23.04坪)
構造材 吉野杉・桧(手刻み)
外壁 土壁風藁入モルタル
内壁 漆喰塗り
開口部 アルミ樹脂複合サッシ
断熱材 ウッドファイバー、GW
設計:松井郁夫建築設計事務所
構造計算:小林一元建築設計室
施工:キューブワン・ハウジング
山:吉野中央木材

2015年08月27日 Thu

_

「深大寺の家」コンテンポラリーな屋根野地板

jin-tennjyou

前回リビングに錆丸太が立った「深大寺の家」ですが、いよいよ二階屋根野地板が貼られました。
「深大寺の家」はL字なので、写真はちょうどL字の部分です。
近未来的なアートのような雰囲気ですが……伝統構法木組の家です。
一歩引いてみると、天井らしさが現れます。

素材は杉の無垢板です。色合いがまちまちで綺麗ですよね!
うちでは普段屋根の垂木を見せているのですが、今回は断熱性能を上げる工夫で、新しい屋根を考案しました。板張りも、こうして見ると新鮮な美しさがあります。
板と板の合わさる3㎜の目地がピシっと揃っていて、これはもう棟梁の永田さんの腕が素晴らしい証拠です。

_

jin-tennjyou2

_

外壁も下塗りが終わりました。
このままでもいいくらいの雰囲気ですが、これから仕上げの藁入モルタルが塗られます。
今日は家具屋さんが来て、棚や下駄箱を設置してくれました。
かわいらしい下駄箱が玄関に置かれます。
完成は10月末です。乞うご期待ください!

_

jin-gaikan

_

jin-getabako

2015年07月28日 Tue

_

「深大寺の家」錆丸太が入りました

錆丸太、ちょうどいい太さです。

錆丸太。いい太さです

毎日暑い日が続き、夏らしくなってきました。
猛暑の中、精密な仕事してくださる大工さんたちのお陰で「深大寺の家」も着々と進んでいます。

居間には錆丸太を採用しました。
錆丸太とは、杉の木をカビさせて模様を付けている柱のことです。
趣ある柱になっていると思いませんか?

_
真っ直ぐな床板が綺麗です

吉野杉の床板。無節です

そして、床板貼りも始まりました。

床板が貼られると、やはり家らしさが増すように思います。
生活が始まると艶が増し、しっとりと落ち着いてくるのも無垢の床板の魅力です。

外壁工事も進み、そろそろ左官がはじまります。
どんな顔になるか、たのしみですね。

_
外壁工事も順調です

外壁工事も順調です

2015年06月02日 Tue

_

「深大寺の家」構造見学会は盛況でした

先日行われた「深大寺の家」構造見学会は、
真夏のような暑さの中で行われましたが、
木組ゼミ生や一般の方でたいへん賑わいました。

皆さん「木のいい香りがする」「安心感のある造り」と
楽しんで見学してくださいました。

構造見学会は、木組みの家の特徴である
貫と足固めでつくる、丈夫で美しい架構を見ていただけます。

大工さんの叡智である「継手仕口」は、いつも壁の中に隠れてしまうのです。
もったいないけど「粋」ですね。
今のうちにじっくり見ていただきました。

見学会に来てくださった皆様に改めて御礼申し上げます。

<匠>

天井の梁について説明しています

木組の小屋組解説中

「鼻隠板」垂木の小口を守ります。きれいな板です

「鼻隠板」垂木の小口を守ります。きれいな板です

 

2015年05月18日 Mon

_

「深大寺の家」構造見学会のお知らせ

 

東京都深大寺に、木組の家が上棟しました。

コンパクトな造りながら、のびのびとした明るい家です。
伝統工法の「骨」と優れた温熱性能の「外皮」で、

地震に強く、省エネルギーの住まいを実現します。

吉野の自然乾燥材を使った「本物の家」を見に来ませんか?

骨組みの美しさが「き」組の家の特徴です。
構造見学会は、架構をじっくりご覧いただける機会です。

みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

 

 

「深大寺の家」木組みの構造見学会

開催日時:
2015年5月30日(土)
10:00~16:00

対象:家づくりをご検討の方・本年度「木組ゼミ」受講生

お申込みはこちらからどうぞ

 

「深大寺の家」データ

省エネルギーの小さな木組の家
1F 40.39㎡ 2F 38.74㎡
延床面積 79.13㎡(23.04坪)
構造材 吉野杉・桧(手刻み)
外壁 土壁風藁入モルタル
内壁 漆喰塗り
開口部 アルミ樹脂複合サッシ
断熱材 ウッドファイバー、GW
設計:松井郁夫建築設計事務所
構造計算:小林一元建築設計室
施工:キューブワン・ハウジング
山:吉野中央木材

2015年04月17日 Fri

_

「深大寺の家」がはじまります

 

150413jindai2

150413jindai8

庭のある木組の家が建ちます

東京都調布市で「深大寺の家」がはじまります。

小さなお子さんのいるご家族のための、コンパクトでものびのびと暮らせる明るい家です。

吉野の天然乾燥材を使った無駄のない木組の架構と、優れた温熱性能を備えた、これからの木の家です。

150413jindai4

きめ細かい吉野の桧

 

 

 設計は松井郁夫建築設計事務所、施工はキューブワン・ハウジングです。

下小屋では刻みがはじまっています。

構造見学会は5月30日を予定していますので、
ぜひ木組の家の醍醐味をご高覧ください。
詳細は追って当ページでお知らいたします。

150413jindai3

山で材をよく見て、柱に番付して送られてきます

 

150413jindai6

含水率15%。よく乾いた天然乾燥材です

 

 

 

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年12月
  2. 2017年11月
  3. 2017年10月
  4. 2017年9月
  5. 2017年8月
  6. 2017年7月
  7. 2017年6月
  8. 2017年5月
  9. 2017年4月
  10. 2017年3月
  11. 2017年2月
  12. 2017年1月
  13. 2016年12月
  14. 2016年11月
  15. 2016年10月
  16. 2016年9月
  17. 2016年8月
  18. 2016年7月
  19. 2016年6月
  20. 2016年5月
  21. 2016年4月
  22. 2016年3月
  23. 2016年2月
  24. 2016年1月
  25. 2015年12月
  26. 2015年11月
  27. 2015年10月
  28. 2015年9月
  29. 2015年8月
  30. 2015年7月
  31. 2015年6月
  32. 2015年5月
  33. 2015年4月
  34. 2015年3月
  35. 2015年2月
  36. 2015年1月
  37. 2014年12月
  38. 2014年11月
  39. 2014年10月
  40. 2014年9月
  41. 2014年8月
  42. 2014年7月
  43. 2014年6月
  44. 2014年5月
  45. 2014年4月
  46. 2014年3月
  47. 2014年2月
  48. 2014年1月
  49. 2013年12月
  50. 2013年11月
  51. 2013年10月
  52. 2013年9月
  53. 2013年8月
  54. 2013年7月
  55. 2013年6月
  56. 2013年5月
  57. 2013年3月
  58. 2013年2月
  59. 2013年1月
  60. 2012年12月
  61. 2012年11月
  62. 2012年10月
  63. 2012年9月
  64. 2012年8月
  65. 2012年7月
  66. 2012年6月
  67. 2012年5月
  68. 2012年4月
  69. 2012年2月
  70. 2011年12月
  71. 2011年11月
  72. 2011年10月
  73. 2011年9月
  74. 2011年8月
  75. 2011年7月
  76. 2011年6月
  77. 2011年5月
  78. 2011年4月
  79. 2011年3月
  80. 2011年2月
  81. 2011年1月
  82. 2010年12月
  83. 2010年11月
  84. 2010年10月
  85. 2010年9月
  86. 2010年8月
  87. 2010年7月
  88. 2010年6月
  89. 2010年5月
  90. 2010年4月
  91. 2010年3月
  92. 2010年2月
  93. 2010年1月
  94. 2009年12月
  95. 2009年11月
  96. 2009年10月
  97. 2009年9月
  98. 2009年8月
  99. 2009年7月
  100. 2009年6月
  101. 2009年5月
  102. 2009年4月
  103. 2009年3月
  104. 2009年2月
  105. 2009年1月
  106. 2008年12月
  107. 2008年11月
  108. 2008年10月
  109. 2008年9月
  110. 2008年8月
  111. 2008年7月
  112. 2008年6月
  113. 2008年5月
  114. 2008年4月
  115. 2008年3月
  116. 2008年2月
  117. 2008年1月
  118. 2007年12月
  119. 2007年11月
  120. 2007年10月
  121. 2007年9月
  122. 2007年8月
  123. 2007年7月
  124. 2007年6月
  125. 2007年5月
  126. 2007年4月
  127. 2007年3月
  128. 2007年2月
  129. 2007年1月
  130. 2006年12月
  131. 2006年11月
  132. 2006年10月
  133. 2006年9月
  134. 2006年8月
  135. 2006年7月
  136. 2006年6月
  137. 2006年5月
  138. 2006年4月
  139. 2006年3月
  140. 2006年2月
  141. 2006年1月
  142. 2005年12月
  143. 2005年8月
  144. 2005年6月
  145. 2005年5月
  146. 2005年4月
  147. 2004年12月
  148. 2001年12月

このページの先頭へ