ブログ

2008年06月28日 Sat

_

「宮原の家」完成しました

 

松丸太のダイナミックさと茶室の繊細さの調和です。軒下の犬走りが建物を引き立てます。

 

きれいな材を使った式台。カウンターもちょうどいい高さになりました。
十和田石を張った浴室。木は桧を使っています。

  

たくさんの蔵書を管理する書斎です。木製サッシと階段に趣向を凝らしました。
 せまい場所でスムーズに上がる工夫をしました。段板ごとに左右の幅が違います。

 

水屋です。細かなところまでつくりこみました。お茶会にはたくさんの人が招かれることでしょう。

 

2008年06月28日 Sat

_

「宮原の家」完成しました

数寄屋の趣と民家の力強さを兼ね備えた純和風の平屋建て

 

周りを生産緑地に囲まれた、空の広い宮原の敷地に、平屋建ての木組みが建ちました。

埼玉県宮原の地に純和風の家が建ちました。
「終の棲家を」という建主さん。豪快な松梁のある居間、お茶室と水屋、
たくさんの蔵書に埋まる書斎、数奇屋と民家の融合する住まいです。
熟練の技とコンビネーションで数寄屋の趣と民家の開放感を紡ぎ合わせました。

構造材はTSウッドの徳島杉。
施工は渡辺工務店。松井事務所と22年のコンビを組む渡辺正司棟梁の仕事です。

竣工おめでとうございます!

 

施工  渡邊工務店
設計  ㈱松井郁夫建築設計事務所
撮影  奈良岡忠 松井事務所

 

 

2008年05月13日 Tue

_

「宮原の家」内覧会のご報告

 

秋田杉のテーブルも渡辺棟梁が作ってくれました。
20年前にやはり渡辺棟梁と松井事務所のコンビと自宅を建てた大宮の家の建主さんも見学にきました。

 

デッキや犬走りからは広い庭を眺めることができます。
雨の日は屋根と雨落ちの間に、雨のカーテンが降りてきます。

 

大好評だった、段板ごとに幅の違う階段です。遊びのあるたのしい仕掛けになりました。

2008年05月01日 Thu

_

「宮原の家」完成内覧会のお知らせ

埼玉県宮原に純和風平屋建ての家が建ちました。
熟練の技とコンビネーションで数寄屋の趣と民家の開放感を紡ぎ合わせました。
構造材はTSウッドの徳島杉。施工は渡辺工務店。
松井事務所と22年のコンビを組む渡辺正司棟梁の仕事です。

2008年04月13日 Sun

_

「宮原の家」完成間近です

左官がおわり、畳も入りました。建具が入ると完成です。

 

雨落ちの砂利を敷きました。
雨の日に部屋から外を眺めると、外との間に薄い雨の膜ができます。雨樋にはない趣です。

 

照明も入りました。上棟の頃からくらべると、木の色が全体に馴染んできているのがわかります。

茶室です。丸窓の前にある棚は「違い棚」といいます。
丸窓を月に見立て、叢雲のかかった様子を表現しています。

2008年03月13日 Thu

_

「宮原の家」左官が始まりました

左官がはじまり外壁の下地が塗られています。どしっとした存在感がでてきました。

 

外壁の下地です。この上に藁を混ぜたモルタルを塗ります。
居間の壁にも塗られました。漆喰は調温湿作用があるので夏も快適です。

 

 左官の芳賀さんです。松井事務所の左官をいつもお願いしています。
わずか1.5mmの厚みしかない漆喰を細かいところまでムラなく塗る、素晴らしい腕です。

建主さんがお持ちの水墨画です。何に使うかは完成してからのお楽しみ。

2008年02月13日 Wed

_

「宮原の家」内部造作が進んでいます

サッシも入り、外壁の下地の木摺りも張られました。
このあと左官がはじまると、またがらっと印象が変わります。

  

内部の造作が着々と進行中です。打ち合わせも非常に細かな収まりの話に終始するようになってきました。

 

玄関の式台はこんなにきれいな桧の板が入りました。
床の間も進んでいます。丸窓には「違い棚」という棚が入ります。

 

水屋の天井は網代張りです。清涼かつしっとり落ち着いた雰囲気にします。
お茶室側のトイレは茶道の際につかうので、趣を添えました。

 

水屋の棚も出来てきています。水屋の流し。この上に竹のスノコが乗ります。

 

2008年01月13日 Sun

_

「宮原の家」窓が入りました

 

サッシが入ってますます部屋の雰囲気がでてきました。

 

茶室側廊下の小窓。現場で原寸で検討して、アタリをつけました。

2007年12月13日 Thu

_

「宮原の家」順調に工事が進んでいます

屋根の板金がきれいに施工されました。

 

大雪や春一番に見舞われましたが工事は順調に進んでいます。

 

雪止めの位置を決めました。実際に見ながら慎重に決めます。

  

この日は床の下地ができていたので実際の高さで空間を確認しました。
 書斎の窓。ちょっと趣向をこらした木製の窓が入ります。

2007年11月13日 Tue

_

「宮原の家」構造見学会を行いました

越屋根もついて屋根の形が出来ました。

 

越屋根を乗せているところ。前日の雪が屋根に残っています。
越屋根は雪国で部屋に光を入れる知恵でもあります。

 

この日は上棟式。立派な棟札を飾り、紅白のお餅を配りました。
 上棟式は盛大に行われました。職人さんをねぎらい、工事の無事と家族の安泰を祈願する大切な催しです。

2007年10月13日 Sat

_

「宮原の家」上棟しました

上棟です。屋根が架かって建物の全貌が見えてきました。

 

庭に長く伸ばした軒と玄関先は「宮原の家」の顔です。

 

入母屋の角木のおさまりを渡辺棟梁と確認。むかしの民家のように小屋組がよくみえます。

 

屋根に野地板を落とし込んでいきます。天気がいいと作業もはかどります。
 松丸太と小屋組。屋根のてっぺんに乗った横長の木が「棟」です。

2007年10月12日 Fri

_

「宮原の家」建方が始まりました

建方が始まりました。何ヶ月もかけて手刻みした材が組まれ、建物が姿を見せはじめました。

丸太と丸太を継ぎます。丸太は四角くないのでうまく叩かないと転がってしまいます。

松丸太の上にさらに松丸太がかかります。二代目の孝之さんは実質的にほとんどの仕事を任されています。

5本の松丸太がすべて乗りました!すばらしい腕の職人さんたちがいてこその、この眺めです!

2007年09月13日 Thu

_

「宮原の家」構造見学会のお知らせ

大宮の生産緑地に平屋建て純和風の家が上棟します。
構造材はTSウッドの徳島杉。
施工は渡辺工務店。松井事務所と22年のコンビです。梁に使う松丸太は、
渡辺棟梁と福島の協和木材まで買い付けに行きました。
熟練の技とコンビネーションで、数寄屋の趣と民家の開放感を現代に紡ぎ合わせます。

2007年08月13日 Mon

_

「宮原の家」下小屋で丸太を組みました

がっしり組まれました。

 

仕口を慎重に検討しています。丸太は水平垂直が出ないためレーザーをあてながら測ります。

 

きれいな仕口。これだけで造形物としてすばらしいものです。
 こちら側はこのように丸太の上に丸太が乗ります。

2007年07月13日 Fri

_

「宮原の家」松丸太に墨付けをしています

 

丸太と丸太を組むための墨付けに型板が登場。
丸太の刻みに入ります。大きいので少し動かすのも大変です。

 

丸柱が届きました。軒下の磨き丸太です。右は、桁に使う磨き丸太です。背割れを入れてあります。

 

徳島からTSウッドの和田さんが来られました。杉の材木を前に棟梁とお話されていきました。
 「宮原の家」の屋根のおさまりは難しいので、板金屋さんも一緒に打合せをしました。

2007年05月13日 Sun

_

「宮原の家」地鎮祭と位置出し

この日、現場で敷地を見ながら正確な位置を出しました。このあとは基礎コンクリートを打ちます。

 

神主さんの下、工事の安全とこの地での新しい生活の加護をお祈りします。
下小屋ではどんどん刻みが進んでいます。難しい屋根の収まりは「原寸図」といって原寸大で検討します。
今回は「箕甲」という難しい屋根なので綿密に打ち合わせていきます。
松井事務所と長年のコンビである棟梁と二代目の腕がなります。

2007年04月13日 Fri

_

「宮原の家」丸太を買いに行きました

福島の協和木材に、丸太の買い付けに行きました。

 

この家の印象を決める大事な梁です。渡辺棟梁の目が光ります。
材木のことなら右に出る者はいません。横田木材の目利き、斎藤さんも一緒に選びました。

  

さすがに大きくて立派な工場。みんなで見学させてもらいました。
松丸太もすばらしいものを選ぶことが出来ました。刻みも本番にはいります。

2007年03月13日 Tue

_

「宮原の家」大黒柱が届きました

立派な大黒柱が届きました。240×240の桧です。

 

主な構造材は徳島杉。暖かみのあるいい色をみせます。
 渡辺棟梁の息子さんで二代目の孝之さん。刻みに腕がなります。

2007年02月13日 Tue

_

「宮原の家」軸組模型ができました

軸組模型を作ると構造がよくわかります。
黒い大黒柱は民家の架構、茶室周りには数寄屋の趣向を。

農家の機能性と、数寄屋の優雅な趣をあわせた屋根にしました。

 

建物西面。水屋も造ります。建物東面。書斎と水周りが東に置かれます。

2007年01月13日 Sat

_

「宮原の家」1:50模型ができました

 

 むかしの農家のように、地域にひらかれた建物南面数寄屋の風情をうまく入れて、胸躍る家にします。

「むかしの民家には様式があった。その様式を持った、終の棲家にしたい」
古民家の様式を持ちながら、娯楽のある平面計画になりました。

 

周囲は生産緑地。空が広い敷地です。大きな土地なので平屋建てが実現しました。

大勢の人が集まる、楽しい家にします。

 

大黒柱に丸太の梁が架かります。キッチンで料理をしながら居間と座敷を一望できます。
 座敷には炉を切ってお茶が出来るようになり、丸窓には「違い棚」が入ります。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年10月
  2. 2017年9月
  3. 2017年8月
  4. 2017年7月
  5. 2017年6月
  6. 2017年5月
  7. 2017年4月
  8. 2017年3月
  9. 2017年2月
  10. 2017年1月
  11. 2016年12月
  12. 2016年11月
  13. 2016年10月
  14. 2016年9月
  15. 2016年8月
  16. 2016年7月
  17. 2016年6月
  18. 2016年5月
  19. 2016年4月
  20. 2016年3月
  21. 2016年2月
  22. 2016年1月
  23. 2015年12月
  24. 2015年11月
  25. 2015年10月
  26. 2015年9月
  27. 2015年8月
  28. 2015年7月
  29. 2015年6月
  30. 2015年5月
  31. 2015年4月
  32. 2015年3月
  33. 2015年2月
  34. 2015年1月
  35. 2014年12月
  36. 2014年11月
  37. 2014年10月
  38. 2014年9月
  39. 2014年8月
  40. 2014年7月
  41. 2014年6月
  42. 2014年5月
  43. 2014年4月
  44. 2014年3月
  45. 2014年2月
  46. 2014年1月
  47. 2013年12月
  48. 2013年11月
  49. 2013年10月
  50. 2013年9月
  51. 2013年8月
  52. 2013年7月
  53. 2013年6月
  54. 2013年5月
  55. 2013年3月
  56. 2013年2月
  57. 2013年1月
  58. 2012年12月
  59. 2012年11月
  60. 2012年10月
  61. 2012年9月
  62. 2012年8月
  63. 2012年7月
  64. 2012年6月
  65. 2012年5月
  66. 2012年4月
  67. 2012年2月
  68. 2011年12月
  69. 2011年11月
  70. 2011年10月
  71. 2011年9月
  72. 2011年8月
  73. 2011年7月
  74. 2011年6月
  75. 2011年5月
  76. 2011年4月
  77. 2011年3月
  78. 2011年2月
  79. 2011年1月
  80. 2010年12月
  81. 2010年11月
  82. 2010年10月
  83. 2010年9月
  84. 2010年8月
  85. 2010年7月
  86. 2010年6月
  87. 2010年5月
  88. 2010年4月
  89. 2010年3月
  90. 2010年2月
  91. 2010年1月
  92. 2009年12月
  93. 2009年11月
  94. 2009年10月
  95. 2009年9月
  96. 2009年8月
  97. 2009年7月
  98. 2009年6月
  99. 2009年5月
  100. 2009年4月
  101. 2009年3月
  102. 2009年2月
  103. 2009年1月
  104. 2008年12月
  105. 2008年11月
  106. 2008年10月
  107. 2008年9月
  108. 2008年8月
  109. 2008年7月
  110. 2008年6月
  111. 2008年5月
  112. 2008年4月
  113. 2008年3月
  114. 2008年2月
  115. 2008年1月
  116. 2007年12月
  117. 2007年11月
  118. 2007年10月
  119. 2007年9月
  120. 2007年8月
  121. 2007年7月
  122. 2007年6月
  123. 2007年5月
  124. 2007年4月
  125. 2007年3月
  126. 2007年2月
  127. 2007年1月
  128. 2006年12月
  129. 2006年11月
  130. 2006年10月
  131. 2006年9月
  132. 2006年8月
  133. 2006年7月
  134. 2006年6月
  135. 2006年5月
  136. 2006年4月
  137. 2006年3月
  138. 2006年2月
  139. 2006年1月
  140. 2005年12月
  141. 2005年8月
  142. 2005年6月
  143. 2005年5月
  144. 2005年4月
  145. 2004年12月
  146. 2001年12月

このページの先頭へ