ブログ

2007年11月05日 Mon

_

「那須の別荘」完成しました

那須の別荘地の林の中に平屋建て純和風の別荘が出来ました

 

建主さんからは日本建築の美を追求してほしいという依頼を受けました。
入母屋の屋根の美しさと連続した和室の開放感で本来の日本建築の美しさを引き出しました。
斜面地なので、清水の舞台のような懸け造りになっています。
施工は、「宇都宮の民家再生」「樹林の茶室」でお世話になった工務店、山装さん。

見事な仕事で、素晴らしい出来栄えになりました。竣工おめでとうございます!

 

設計  ㈱松井郁夫建築設計事務所
施工  ㈱山装
撮影 奈良岡 忠、松井郁夫建築設計事務所

 

夜はライトで木を照らして趣を添えます。

 

玄関。砂利洗い出しの広い土間です。玄関ホール。左が和室です。天井からのトップライトが活きました。

 

ホールの右は台所と寝室に続きます。建具の横格子もシャープにきまりました。

 

 

床の間のある和室。机もデザインしました。
縁側から陽光がさんさんと射します。外を見るとまるで空中に浮いているようです。

 

納戸には書籍がたくさん入れられるよう大きな棚を置きました。
板張りもきれいに仕上がったお風呂。窓から那須の山が望めます。

 

2007年10月13日 Sat

_

「那須の別荘」足場が外れました

「月見デッキ」です。屋根の平らな板を丸柱で受けて、繊細な趣を実現しました。

 

砂利洗い出しもきれいに仕上がっています。手摺もまるで社寺のように格式高い印象です。

 

玄関の天井は斜めに上がっていきます。「駆込み天井」といって日本の伝統的な技のひとつです。

2007年09月13日 Thu

_

「那須の別荘」建具の打ち合わせ

 

この日は鹿沼の建具屋の下小屋に行きました。これは「猿おとし」という雨戸の錠です。

2007年08月13日 Mon

_

「那須の別荘」順調に工事が進んでいます

懸け造りで浮いた建物外観です。少しづつ優雅な平屋の雰囲気が出てきています。

 

小屋組みです。フレームが並んだ構造がよくわかります。ここには月見デッキが造られます。

2007年07月13日 Fri

_

「那須の別荘」上棟しました

上棟しました。連日の雨の中でしたが、見事な木組みが建ち上がりました。

 

広々とした平屋の間取り。すでにこの家の雰囲気の軸を感じることが出来ます。
懸け造りの梁です。この上に家が乗っている形になっています。

  

式次第は地域ごとにやり方は異なってきます。沢山棟梁が四方を清めて回ります。
棟札とお供え物です。工事の無事を祈願しました

2007年05月13日 Sun

_

「那須の別荘」材木検査に行きました

 

今回お世話になる沢山棟梁です。もう墨付けが始まっています。
天竜の取り組んでいる「新月の木」を使います。新月伐採すると虫が寄らないといいます。

2007年04月20日 Fri

_

「那須の別荘」がはじまります

正面から見た「那須の別荘」模型。伸びやかな和風の建物になります。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年12月
  2. 2017年11月
  3. 2017年10月
  4. 2017年9月
  5. 2017年8月
  6. 2017年7月
  7. 2017年6月
  8. 2017年5月
  9. 2017年4月
  10. 2017年3月
  11. 2017年2月
  12. 2017年1月
  13. 2016年12月
  14. 2016年11月
  15. 2016年10月
  16. 2016年9月
  17. 2016年8月
  18. 2016年7月
  19. 2016年6月
  20. 2016年5月
  21. 2016年4月
  22. 2016年3月
  23. 2016年2月
  24. 2016年1月
  25. 2015年12月
  26. 2015年11月
  27. 2015年10月
  28. 2015年9月
  29. 2015年8月
  30. 2015年7月
  31. 2015年6月
  32. 2015年5月
  33. 2015年4月
  34. 2015年3月
  35. 2015年2月
  36. 2015年1月
  37. 2014年12月
  38. 2014年11月
  39. 2014年10月
  40. 2014年9月
  41. 2014年8月
  42. 2014年7月
  43. 2014年6月
  44. 2014年5月
  45. 2014年4月
  46. 2014年3月
  47. 2014年2月
  48. 2014年1月
  49. 2013年12月
  50. 2013年11月
  51. 2013年10月
  52. 2013年9月
  53. 2013年8月
  54. 2013年7月
  55. 2013年6月
  56. 2013年5月
  57. 2013年3月
  58. 2013年2月
  59. 2013年1月
  60. 2012年12月
  61. 2012年11月
  62. 2012年10月
  63. 2012年9月
  64. 2012年8月
  65. 2012年7月
  66. 2012年6月
  67. 2012年5月
  68. 2012年4月
  69. 2012年2月
  70. 2011年12月
  71. 2011年11月
  72. 2011年10月
  73. 2011年9月
  74. 2011年8月
  75. 2011年7月
  76. 2011年6月
  77. 2011年5月
  78. 2011年4月
  79. 2011年3月
  80. 2011年2月
  81. 2011年1月
  82. 2010年12月
  83. 2010年11月
  84. 2010年10月
  85. 2010年9月
  86. 2010年8月
  87. 2010年7月
  88. 2010年6月
  89. 2010年5月
  90. 2010年4月
  91. 2010年3月
  92. 2010年2月
  93. 2010年1月
  94. 2009年12月
  95. 2009年11月
  96. 2009年10月
  97. 2009年9月
  98. 2009年8月
  99. 2009年7月
  100. 2009年6月
  101. 2009年5月
  102. 2009年4月
  103. 2009年3月
  104. 2009年2月
  105. 2009年1月
  106. 2008年12月
  107. 2008年11月
  108. 2008年10月
  109. 2008年9月
  110. 2008年8月
  111. 2008年7月
  112. 2008年6月
  113. 2008年5月
  114. 2008年4月
  115. 2008年3月
  116. 2008年2月
  117. 2008年1月
  118. 2007年12月
  119. 2007年11月
  120. 2007年10月
  121. 2007年9月
  122. 2007年8月
  123. 2007年7月
  124. 2007年6月
  125. 2007年5月
  126. 2007年4月
  127. 2007年3月
  128. 2007年2月
  129. 2007年1月
  130. 2006年12月
  131. 2006年11月
  132. 2006年10月
  133. 2006年9月
  134. 2006年8月
  135. 2006年7月
  136. 2006年6月
  137. 2006年5月
  138. 2006年4月
  139. 2006年3月
  140. 2006年2月
  141. 2006年1月
  142. 2005年12月
  143. 2005年8月
  144. 2005年6月
  145. 2005年5月
  146. 2005年4月
  147. 2004年12月
  148. 2001年12月

このページの先頭へ