ブログ

2007年11月13日 Tue

_

「浜田山の家Ⅱ」完成しました

穏やかで落ち着いた、あたりまえの家

 

「あたりまえの家を」という建主さんの要望で、じっくり設計を行いました。
深い軒で建物に陰影をつけた、穏やかで静かな雰囲気のスタンダードです。
材木は天竜杉。施工は、若くして一流の腕をもつ石川棟梁です。
輝くほどきれいな桧の通し柱と天井板に、
棟梁のきめ細やかな仕事が、この家の上品さを一層際立たせました。

竣工おめでとうございます!

 

山    天竜
施工    石川工務店
設計    松井郁夫建築設計事務所
撮影    奈良岡 忠、松井郁夫建築設計事務所

 

2007年09月13日 Thu

_

「浜田山の家Ⅱ」仕上げをしています

 

勝手口の格子が入り、がらりと上品な印象になりました。

2007年09月13日 Thu

_

「浜田山の家Ⅱ」左官がおわりました

建物が姿を現しました。屋根もさることながら、全体に大きくて立派な家になりました。

2007年08月13日 Mon

_

「浜田山の家Ⅱ」足場がとれて全景が現れました

 

南側の外観。1階ベランダの腕木庇で影を深くし陰影のリズムを出しています。
和室も出来てきました。これから左官屋さんが入ります。

2007年08月01日 Wed

_

「浜田山の家Ⅱ」工事は順調に進んでいます

まだシートは外れませんが全貌が感じられるようになりました。

 

2階は小屋組みが見えます。棟梁の仕事の繊細さが伝わります。
和室。穏やかな雰囲気を大切にして造って行きます。

2007年07月25日 Wed

_

「浜田山の家Ⅱ」上棟しました

上棟しました。

 

建て方が行われた2日間は天気に恵まれました。猛暑の中、ベテランの職人さんたちが走り回ります。

2007年06月13日 Wed

_

「浜田山の家Ⅱ」位置出しを行いました

 

位置出しをしました。木目の細かい滑らかな表面の通し柱です。この家によく合うでしょう。

 

原寸図で精度を高めます。「美しい建物を建てたい」石川棟梁の腕がなります。

2007年05月13日 Sun

_

「浜田山の家Ⅱ」がはじまります

 

地鎮祭はお天気に恵まれました。

 

刻みを行う石川棟梁。松井事務所の建物はもう10棟以上建てています。シャープで精緻な仕上がりが評判です。
おどろくほどきれいな通し柱が届きました。

1:50の模型です。軒を深く取ることで陰影を落とし、穏やかで味わい深い当たり前の家にします。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ