ブログ

2007年11月13日 Tue

_

「浜田山の家Ⅱ」完成しました

穏やかで落ち着いた、あたりまえの家

 

「あたりまえの家を」という建主さんの要望で、じっくり設計を行いました。
深い軒で建物に陰影をつけた、穏やかで静かな雰囲気のスタンダードです。
材木は天竜杉。施工は、若くして一流の腕をもつ石川棟梁です。
輝くほどきれいな桧の通し柱と天井板に、
棟梁のきめ細やかな仕事が、この家の上品さを一層際立たせました。

竣工おめでとうございます!

 

山    天竜
施工    石川工務店
設計    松井郁夫建築設計事務所
撮影    奈良岡 忠、松井郁夫建築設計事務所

 

2007年09月13日 Thu

_

「浜田山の家Ⅱ」仕上げをしています

 

勝手口の格子が入り、がらりと上品な印象になりました。

2007年09月13日 Thu

_

「浜田山の家Ⅱ」左官がおわりました

建物が姿を現しました。屋根もさることながら、全体に大きくて立派な家になりました。

2007年08月13日 Mon

_

「浜田山の家Ⅱ」足場がとれて全景が現れました

 

南側の外観。1階ベランダの腕木庇で影を深くし陰影のリズムを出しています。
和室も出来てきました。これから左官屋さんが入ります。

2007年08月01日 Wed

_

「浜田山の家Ⅱ」工事は順調に進んでいます

まだシートは外れませんが全貌が感じられるようになりました。

 

2階は小屋組みが見えます。棟梁の仕事の繊細さが伝わります。
和室。穏やかな雰囲気を大切にして造って行きます。

2007年07月25日 Wed

_

「浜田山の家Ⅱ」上棟しました

上棟しました。

 

建て方が行われた2日間は天気に恵まれました。猛暑の中、ベテランの職人さんたちが走り回ります。

2007年06月13日 Wed

_

「浜田山の家Ⅱ」位置出しを行いました

 

位置出しをしました。木目の細かい滑らかな表面の通し柱です。この家によく合うでしょう。

 

原寸図で精度を高めます。「美しい建物を建てたい」石川棟梁の腕がなります。

2007年05月13日 Sun

_

「浜田山の家Ⅱ」がはじまります

 

地鎮祭はお天気に恵まれました。

 

刻みを行う石川棟梁。松井事務所の建物はもう10棟以上建てています。シャープで精緻な仕上がりが評判です。
おどろくほどきれいな通し柱が届きました。

1:50の模型です。軒を深く取ることで陰影を落とし、穏やかで味わい深い当たり前の家にします。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年8月
  2. 2017年7月
  3. 2017年6月
  4. 2017年5月
  5. 2017年4月
  6. 2017年3月
  7. 2017年2月
  8. 2017年1月
  9. 2016年12月
  10. 2016年11月
  11. 2016年10月
  12. 2016年9月
  13. 2016年8月
  14. 2016年7月
  15. 2016年6月
  16. 2016年5月
  17. 2016年4月
  18. 2016年3月
  19. 2016年2月
  20. 2016年1月
  21. 2015年12月
  22. 2015年11月
  23. 2015年10月
  24. 2015年9月
  25. 2015年8月
  26. 2015年7月
  27. 2015年6月
  28. 2015年5月
  29. 2015年4月
  30. 2015年3月
  31. 2015年2月
  32. 2015年1月
  33. 2014年12月
  34. 2014年11月
  35. 2014年10月
  36. 2014年9月
  37. 2014年8月
  38. 2014年7月
  39. 2014年6月
  40. 2014年5月
  41. 2014年4月
  42. 2014年3月
  43. 2014年2月
  44. 2014年1月
  45. 2013年12月
  46. 2013年11月
  47. 2013年10月
  48. 2013年9月
  49. 2013年8月
  50. 2013年7月
  51. 2013年6月
  52. 2013年5月
  53. 2013年3月
  54. 2013年2月
  55. 2013年1月
  56. 2012年12月
  57. 2012年11月
  58. 2012年10月
  59. 2012年9月
  60. 2012年8月
  61. 2012年7月
  62. 2012年6月
  63. 2012年5月
  64. 2012年4月
  65. 2012年2月
  66. 2011年12月
  67. 2011年11月
  68. 2011年10月
  69. 2011年9月
  70. 2011年8月
  71. 2011年7月
  72. 2011年6月
  73. 2011年5月
  74. 2011年4月
  75. 2011年3月
  76. 2011年2月
  77. 2011年1月
  78. 2010年12月
  79. 2010年11月
  80. 2010年10月
  81. 2010年9月
  82. 2010年8月
  83. 2010年7月
  84. 2010年6月
  85. 2010年5月
  86. 2010年4月
  87. 2010年3月
  88. 2010年2月
  89. 2010年1月
  90. 2009年12月
  91. 2009年11月
  92. 2009年10月
  93. 2009年9月
  94. 2009年8月
  95. 2009年7月
  96. 2009年6月
  97. 2009年5月
  98. 2009年4月
  99. 2009年3月
  100. 2009年2月
  101. 2009年1月
  102. 2008年12月
  103. 2008年11月
  104. 2008年10月
  105. 2008年9月
  106. 2008年8月
  107. 2008年7月
  108. 2008年6月
  109. 2008年5月
  110. 2008年4月
  111. 2008年3月
  112. 2008年2月
  113. 2008年1月
  114. 2007年12月
  115. 2007年11月
  116. 2007年10月
  117. 2007年9月
  118. 2007年8月
  119. 2007年7月
  120. 2007年6月
  121. 2007年5月
  122. 2007年4月
  123. 2007年3月
  124. 2007年2月
  125. 2007年1月
  126. 2006年12月
  127. 2006年11月
  128. 2006年10月
  129. 2006年9月
  130. 2006年8月
  131. 2006年7月
  132. 2006年6月
  133. 2006年5月
  134. 2006年4月
  135. 2006年3月
  136. 2006年2月
  137. 2006年1月
  138. 2005年12月
  139. 2005年8月
  140. 2005年6月
  141. 2005年5月
  142. 2005年4月
  143. 2004年12月
  144. 2001年12月

このページの先頭へ