ブログ

2006年09月13日 Wed

_

「国分寺の家Ⅱ」完成しました

徳島杉の赤みがきれいな、田の字型の家

 

この家は、2004年夏にワークショップ「き」組で建てた「国分寺の家」のお向かいさんです。
お隣同士で依頼された、大変ありがたい仕事です。
施工は「国分寺の家」と同じく石川棟梁、山も前回と同じく徳島TSウッド。
オールスターメンバーが集結しました。
大黒の杉材が内側から輝くようにみえる、架構の美しい建物です。

 

設計    松井郁夫建築設計事務所
施工    石川工務店
山     TSウッドハウス協同組合(徳島)

 

 

外観正面から見たところです。モダンな外観でありながら木組みの特性を生かした「せがい造り」のテラスです。

 

キッチンは対面式です。ガラスの飾りだなが明かりを受けてきれいに見えます。

 

和室は引き戸を閉めれば完全に個室になります。普段は開けておいてごろりと昼寝。

 

たくさんの方がお見えになりました。徳島からTSウッドの和田さん(林業家)も駆けつけ、木材の説明をしてくれました。

ワークショップ「き」組のメンバーで完成目前の「国分寺・Ⅱ」を見学に行きました。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ