ブログ

2017年07月10日 Mon

_

古民家再生ゼミ講評会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「古民家再生ゼミ」最終日は、川崎民家園で実測した「伊藤家」を宿泊施設に改修するという設定で、受講生のみなさんに発表していただきました。

耐震補強はもちろん温熱環境の向上を目指すという難しい課題でしたが、力作揃いでした。

今回は少人数なのでじっくり講評に時間をかけ、構造に詳しい「き」組メンバーの山中さんにお願いして、計算ソフトを使うときの留意点など解説していただきました。

受講生からは、「コンピューターに任せっぱなしは、いけないですね。」と反省の弁も聞かれました。

オブザーバーに、政策投資銀行の方を迎えていましたが、次は古民家利活用の事業化の話も伺おうということになりました。

日本中に残る多くの古民家を利活用することで、貴重な財産を取り壊しから守りたいですね。

 

 

2017年06月27日 Tue

_

「東馬込の家」をワークショップ「き」組の事例集に加えました

「東馬込の家」の事例写真をワークショップ「き」組の事例集にアップしました。

詳しくはこちらからどうぞ

東馬込の家

2017年06月23日 Fri

_

「井の頭の家」木材検査に山に行ってきました。

松井事務所では、木材を山から直接買っています。

木材の適正な価格を山に戻すことで、植林を促してほしいからです。

「井の頭の家」の建主さんと一緒に、静岡県の天竜の山に出かけて検査と選別をしました。

大工さんを連れて、どの木をどこに使うか「番付」を打ってきました。

木組の家に使うことができるのは、天然乾燥の木材です。山で伐る木は、夏の終わりから水を吸い上げなくなったころに伐り倒し、春先まで枝葉を付けたまま斜面に放置して水分の蒸発を待って降ろします。「葉枯らし乾燥」と言います。

バーコードは、木の生えていた場所や伐採日から出荷日までの履歴データです。つまり、生まれも育ちもわかる木です。

どの木も、色艶や杢理も素晴らしく、美しい素材です。中でも約25%くらいまで含水率の下った木を選びました。

これから、手刻みが始まります。上棟が楽しみです。

天龍木材検査

天龍木材検査

桧 含水率14.5%

桧 含水率14.5%

バーコードに履歴データ 

バーコードに履歴データ

 

 

 

2017年06月23日 Fri

_

「井之頭の家」地下駐車場工事が始まりました

「井之頭の家」は敷地の高低差を活かして、地下に駐車場をつくります。

コンパクトな建物ですが、駐車場を入れると総3階建てになります。

現在、土を取り出して防水工事を行っています。

これから、コンクリートの躯体に断熱材を打ち込み、熱損失を防ぎ、夏涼しく冬暖かい家にします。

少しずつですが、駐車場の姿が見えてきました。

地下駐車場工事進行中

地下駐車場工事進行中

2017年06月22日 Thu

_

古民家再生ゼミ 実測調査を行いました。

古民家再生ゼミで川崎民家園の「伊藤邸」を実測しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

実測調査中

実測調査中

古民家再生ゼミ「実測調査」

2017年06月07日 Wed

_

「中落合の家」木組の家が始まります。

事務所にほど近い中落合の閑静な住宅街に「木組の家」が始まります。

3世代の住む、おおらかな間取りです。詳しくはこちらからどうぞ。

「中落合の家」始まります。

2017年05月29日 Mon

_

「東馬込の家」内覧会は盛況でした

き組の標準化された「プロトタイプの家」の内覧会が盛況のうちに終了しました。

皆様ありがとうございました。

「東馬込の家」内覧会盛況でした

2017年05月17日 Wed

_

「井之頭の家」地鎮祭

地鎮祭

地鎮祭

井之頭の家 軸組模型

井之頭の家 軸組模型

「井之頭の家」の地鎮祭を執り行いました。

長い時間をかけて、住まい手さんとともにつくりあげた、暮らしの夢が実現します。

地下駐車場を含む32坪のコンパクトながら、庭とデッキを持つシンプルで気持ちのよい家です。

土地の神様に安全を祈願して、いよいよ着工です。

2017年05月06日 Sat

_

「東馬込の家」内覧会のお知らせ

高山邸内覧会

「東馬込の家」内覧会

造園工事中

造園工事中

最もシンプルで省エネタイプ・燃えしろ設計の「木組のプロトタイプ」の家が竣工いたしました。

当日は建主様のご厚意で内覧会を開催いたします。お申込みは「き」組サイトから。

http://kigumi.jp

2017年05月03日 Wed

_

浜田山の家Ⅲ模型納品

兒玉邸模型

「浜田山の家Ⅲ」模型

一階内部

一階内部

浜田山の家Ⅲは、民家のような佇まいをテーマに設計しました。

南側の表通りから見える「せがい造り」の姿を、建主さんに見ていただきたくて、模型を納品しました。

内部も作り込み、図面ではわからない空間の様子をご説明いたしました。

模型を覗き込むと、架構の模型ではつかめない、暮らしの様子が見えてきます。

本物の建物が完成するまで、楽しみに待ったいただけるとありがたいですね。

 

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ