ブログ

2018年06月27日 Wed

_

資産になる家2「浜田山の家Ⅱ」

22年前に建てた「浜田山の家Ⅱ」が、建主さんの都合で、売りに出されました。

なんと、当時の姿のままで、建設当時の費用を上回る値段です!

まさに「資産になる家」です。

先日、売り主の不動産屋さんがお見えになって、建設当時のコンセプトや、素材の木材や漆喰、特注の建具などについて取材を受けました。

これまでに数々の雑誌に取り上げられた、こだわりの「木組の家」です。

いつか古民家になってほしい!

チラシを掲載いたします。今週土曜日より現地見学会があります。

ご興味のある方は、どうぞお運びください。

2018年06月19日 Tue

_

「漢方の本陣」見学会報告

6月12日に滋賀県建築士会の方々約50名が現場見学に見えました。

270年前の古民家の再生現場は、建築士や工務店の方にも珍しかったと思います。

スコットランドの建築家も飛び入り参加して、大いに盛り上がりました。

来年5月には、滋賀の建築士会ので講演を依頼されました。

その頃には、本陣さんが完成していると思います。

みなさんに内覧会に来ていただければ、また話も盛り上がるでしょう。

「日本のすまいは、古民家からやってきた」という現代木造住宅のルーツの話をしたいと思います。

2018年06月19日 Tue

_

北海道「北の民家の会」基調講演報告

北海道にも民家はあります。明治の開拓時代に本州から渡った職人たちがつくった各地の民家です。

道内に残る明治の古民家を再生している、武部建設主催の「北の民家の会」総会に基調講演を依頼されて行って来ました。

会場には、以前からの知り合いが何人か見えていました。

CASBEEを創るきっかけを作った環境共生の町、下川町の相馬さん。

下川町の環境共生住宅を設計した、櫻井百子さん。

FB友達の山本亜耕さん。この日が初顔合わせ。

そして誰よりも大事な人。私に温熱設計を目覚めさせてくれた、Replan編集長の三木さん。

その三木さんのブログを転載します。知り合ったいきさつなど、軽妙な語りをお楽しみください。

【伝統工法・松井郁夫講演 in 北の民家の会】

2018年06月06日 Wed

_

保育園+共同住宅進行中

木造住宅の木組を得意にしている松井事務所ですが、事務所近くにコンクリートの保育園と共同住宅の設計を依頼され着工しております。

パートナーに荒俣真琴さんを迎え、子育て世代の目線で優しいデザインの保育園を目指しております。

後ろの高層マンションに配慮した、3層の低層建築です。

1階と2階が保育園。3階が保育士さんの住まいとして計画しています。

地下工事を終えて、いよいよ地上部分が建ち上がります。

内部には、木組の柱梁を入れ込みます。もちろん床は桧の無垢の木です。

子どもたちに小さなうちから、自然素材に触れてもらえれば、優しい気持ちになれると思います。

外壁の色など、まだまだ検討することはたくさんあります。時々ご報告しますので、木組の家と同様にお楽しみください。

 

2018年06月05日 Tue

_

新しいスタッフが来てくれました。

 

おかげさまで、応募していたスタッフ募集に、新しいメンバーが決まりました。

「赤尾あずさ」さんといいます。

いくつかの設計事務所を経た、実力のある経験者です。

当事務所の主催する「木組のでザインゼミナール」や「古民家再生ゼミ」に参加され、今回の応募に答えてくれました。

外部スタッフの「荒俣真琴」さんと同じ事務所に所属していたことがあります。

お二人とも、スキルの高い主婦です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年05月22日 Tue

_

「木組のデザインぜミナール」2日目

 

 

 

 

 

 

 

2018「木組ゼミ」入門コース 2日目

2018年05月22日 Tue

_

「古民家再生ゼミ」が始まりました。

日本の家のルーツをたどる「古民家再生ゼミ」が始まりました。

初日は、「八王子の古民家再生」の現場を訪ねました。

受講生は全国から集まりました。南は熊本、徳島、高山、山梨などです。

自己紹介のあと、東京でも珍しい茅葺き民家の骨組みを見ることが出来て、受講生一同、興味津々でした。

これから5回のゼミで「むかしに学んで、いまに伝え、みらいを創る」日本の家づくりを学びます。

2018年05月02日 Wed

_

「漢方の本陣」建て起こし完了

「漢方の本陣」の建て起こしが終わりました。

長年の傾きが、最大9センチだった柱が、ほぼ真っすぐに直りました。

これから足固め、板壁で耐震補強して、温熱向上の工夫を始めます。

古民家に最大の欠点である寒さの克服に向けて、空気のコントロールを仕掛けます。

滋賀県の夏見工務店さんのお力を借りて、いよいよ日本でも珍しい古民家の

耐震改修+温熱改修が始まります。

乞うご期待!

2018年05月02日 Wed

_

「八王子の古民家再生」構造見学会を行いました

 

都内では珍しい、茅葺き農家の再生を依頼され、4年掛かってようやく工事に入りました。

解体後の、美しい架構が見える工事の途中で、見学会を開催しました。

古民家には、日本の木造住宅のルーツがあります。

太くて丈夫な、大黒柱や梁の軸組部分と、屋根の架構の違いを見るにはちょうどよい時期です。

桁や梁の木組の軸部は大工仕事で、丸太の扠首など縄で縛り付けた屋根は、屋根職人の仕事です。

あまり知られていないことですが、このような伝統の木組は台風や地震の力を、揺れることで逃がす仕組みでできています。

減衰設計といいます。超高層ビルと同じ考え方です。

それに比べて、在来工法は全く別の仕組みです。日本の家の構法は、明治の西欧化ですっかり形を変えてしまったのです。

現代の一般住宅はすでに日本の伝統の建物ではありません。和洋折衷です。

伝統の民家に比べると固く金物で縛って、自然に対抗する考え方の強度設計です。

今回は、日本の家のルーツを古民家にたどり、架構に学ぶことが目的です。

木組ゼミの受講生や、建主さんや、日大の学生さんも見えて盛況でした。

これを機会に、少しでも古民家の魅力に触れていただけれたなら幸いです。

いい時期にまた、見学会をやります。乞うご期待!

2018年04月26日 Thu

_

「西荻窪の家」お別れ見学会盛況でした

わたくしが、建築を志そうと決めた家が、壊されます。

妻の叔父の家「西荻の家」です。

先日の日曜日に、有志の方や「木組ゼミ」の受講生とお別れ見学会を開催しました。

この家の設計者は、小川行夫さん(88歳)です。わたしが若い頃、最初に師事した先生です。

元大工棟梁で、建築家協会の会員でした。

小川さんは、終戦の年、13歳で大工を目指し20歳のときに肩を壊して設計に進んだといいます。

28歳のときに、妻の家も設計しています。この家は、それから数年後の油の乗り切った頃の作品です。

わたくしが26歳のときに結婚を報告した宴会の帰り、義理の叔父に招かれて、この家の玄関に立ちました。

その時の衝撃は今でも忘れません。

低く長い軒をくぐると、太い柱に梁、梁の向こうに庭のツツジが見えます。

厚い床板が、無造作に切りっぱなしの小口を見せて、客を迎い入れようとしています。

あまりの素材感と美しさに、慌てて靴下を脱いで、裸足で上がりました。

切目縁の向こうには、庭から伐ったばかりの桐の木を床柱にした茶室。後に葉が生えたといいます。

大きな自然石の手水。月見台に虹のように掛かった古材の丸太が印象的でした。

リビングに入る階段は、無垢の梁の切りっぱなしが数段。

床から浮いた家具。梁の梁の間にフチ無しではめ込まれたガラス。その隙間から入るかぼそい光と、室内の梁の織りなす影。

廊下の行き止まりには、明り取りのはめ殺し窓。そのガラスに直に、戸当り無しで閉まる引き戸。

浮造りされた合板の切りっぱなしの小口はそのまま壁の見切りになって、木組の和の家なのに、モダンな納まりとバタ臭い素材の使い方。

繊細なディテールと、豪胆な架構。外観は、民家のような真壁の土壁。低い塀は元の家の瓦。

その頃、都市計画を仕事にしていましたが、この家を見て建築を作りたいと思いました。

私の人生を変えた家です。

この家のすべてが、いま、わたしつくっている建物の原点「木組のモダニズム」なのだと改めて確信しました。

義叔父は「もうじゅうぶん、この家と庭を楽しんだよ」といいます。ゆっくりと家も庭も噛み締めた、お別れ見学会でした。

娘のFBでは、さらにラブストリーも?

荻窪の、祖母の兄の家見に行きました。95歳のおじさんのお家。ここはこの後壊されて、8軒の建て売りが建つそうです。私の祖父は、このお兄さんの親友。 おじさんに会うとついつい祖母のラブストーリーを思い出します。祖母は女学生の頃、…

きむら めぐるさんの投稿 2018年4月22日(日)

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ