ブログ

2008年03月04日 Tue

_

新刊本のご案内

財団法人・住宅保障機構の機関紙「住宅保障だより」に2年間にわたり連載していた【「木組」でつくる日本の家】が、読みやすい単行本になります。農文協から出版されている「百の知恵双書」の一冊として、今月末には書店に並ぶ予定です。再編集の労を担って頂いたのは旧友の真鍋弘さんです。
真鍋さんが寄せてくれた言葉を添えました。みなさんも書店で手にとってご覧下さい。

「新建材で覆い尽くされ、30年そこそこでゴミにされてしまう
国籍不明の今どきの日本の住まい。
かつて日本の家は近くの山の木を使い、
大工が木と木を組んで丈夫な架構の長寿命の家をつくっていた。
それが美しい町並みの景観となっていた。
古民家の骨組みはどのように合理化なのか。
開放的で耐震的な家づくりの秘密はどこにあるのか。
気候風土に根ざした長寿命の家づくりとはどんな家づくりのことか。
古民家に学んだ家をつくることが、山と職人と住まい手をつなげ、
荒れた日本の山々を再生させることにつながる。
これからの「日本の家」づくりのありかたを伝える実践の書。」

新刊本のご案内

2008年02月19日 Tue

_

飯山・瑞穂村

「雪に晒して紙を白くする」そんな和紙の里に行ってきました。「内山紙」という手漉き和紙の里は、長野県飯山市・瑞穂村にあります。今では7件ほどの紙漉き職人さんがいるそうです。紙漉きの蔵の軒先には、雪に晒す前の楮(こうぞ)が干してあります。皮を向いた枝も積んであります。北信濃の美しい里山の、のどかな冬の一日でした。

今回の旅はNHK出版の「住まい自分流」の新連載として記事になります。毎回のスケッチも載りますので、ご期待下さい。(画・文 郁夫)

飯山・瑞穂村

2008年02月02日 Sat

_

大宮「宮原の家」上棟

豪壮な松丸太を組み上げた民家の木組みを髣髴とさせるリビングと、本格的な茶室のある京間の座敷が融合した家がついに上棟しました。
木組みの苦労はHPにも紹介しましたが、造作や仕上げ工事はこれからが正念場です。「ふるくてあたらしい」空間づくりに一段と努力する覚悟です。渡辺棟梁はじめ、二代目の若い力に期待します。
見学会は2月9日(日)です。ご興味のある方はどうぞお申し込み下さい。
(画・文 松井郁夫)

大宮「宮原の家」上棟

2008年01月17日 Thu

_

「木組のデザイン」ゼミナール第五期生募集のお知らせ

私家版仕様書研究会のメンバーが主催する「木組のデザイン」ゼミナールが、おかげさまで第五期を迎えます。
第五期受講生の募集を開始しました。
好評につき講座を3つに分けました。
詳しくはこちらをご参照下さい。

「木組のデザイン」ゼミナール第五期生募集のお知らせ

2008年01月11日 Fri

_

千倉・千田「夜明け前」

昨日に引き続いて、千倉の千田に日の出を見に来ました。少し早めに着いて海を眺めていると、空にはまだ三日月が出ていました。これから空が明るくなると言うのに、月は煌々と輝いています。そのまま朝日が昇っても、月は空にありました。光を放つ側と受ける側が共存する、不思議な光景を見た気がしました。(郁夫・画)

千倉・千田「夜明け前」

2008年01月09日 Wed

_

豊田の家・「上棟」構造見学会

おかげさまで「山と職人と住まい手をつなぐ」木組みの家プロジェクトが15棟目を数えました。2003年発足以来「ワークショップ「き」組」が、みなさまに支持していただけたおかげです。山に植林を促し、職人さんには伝統の腕を振るっていただく木組みの家づくりの仕組です。
今回は、豊田駅にほど近い公園の木々の中に建つ、まるで別荘のような家です。施工は伝統構法では定評のある風基建設です。建て方は14日から始まるようですが、見所は数日後、見学会は19日(土)です。シンプルでスタンダードな木組みの架構をごらん下さい。

豊田の家・「上棟」構造見学会

2008年01月07日 Mon

_

千倉・千田「夕焼け」

今年は正月3日に千倉に出かけました。千倉でのお正月は初めてです。南房総の海は、ゆっくりとした時間が流れているので、こちらものんびりできました。夕方、千田の海に行くと、夕焼けの空と海が虹色に変わってゆく美しい光景に遭遇しました。今年もまた心が癒される千倉の海です。明日は海からの日の出を見ようと思います。(郁夫・画)

千倉・千田「夕焼け」

2007年12月07日 Fri

_

東京・江原公園の紅葉

すっかり秋めいて、今年も公園の木々が色づきました。隣の公園が季節の変わり目を知らせてくれます。木々のみどりが、毎朝新鮮な気分を与えてくれます。今年も余すところあとわずか、おかげさまで仕事にスケッチ展に、充実したよい一年であったと思います。来年も、よい年でありますように。(郁夫)

東京・江原公園の紅葉

2007年11月29日 Thu

_

大宮・宮原のイチジク

今回、設計した「宮原の家」の位置出しに行ってきました。現場の回りは、元は農地で、今も生産緑地の残る緑豊かなところです。
敷地の中にイチジクの木がありました。ちょうど熟してきれいに色づいていたのでスケッチしました。イチジクの実の色合いは、なんとも美しい赤紫です。

実を割ると真っ赤な果実が見えました。
イチジクは「無花果」と書きます。実はなっても花は咲かないのでしょうか?(郁夫)

大宮・宮原のイチジク

2007年11月27日 Tue

_

能登の蟹

突然ですが、近くの友人が蟹を持って事務所にやって来ました。練馬まちづくりセンター、所長の石川君です。何でも能登の民宿からもらったものとか。当然その晩は宴会です。有田の皿に盛って、早く食べようという友人を待たせてのスッケチです。気もソゾロ、アタフタと描いていただきました。ゴチソウサマデシタ。(郁夫)

能登の蟹

2007年11月16日 Fri

_

樹林の茶室

昨年のことですが、別荘地に茶室をつくりました。12年前に民家再生の仕事をした建物の裏庭です。樹林に囲まれ佇まいは、そこだけほんのりと光が差し込むような静かな場所です。数奇屋の趣のすばらしさと、お茶の世界の深さを知った仕事でした。

樹林の茶室

2007年11月14日 Wed

_

那須・山水閣

今年の夏は二つの別荘を依頼されました。一つは軽井沢です。一つは那須です。今回のスケッチは那須の別荘近くの旅館「山水閣」のラウンジです。温泉もさることながら食事の後のナイトキャップに、このラウンジでいただくウイスキーは最高です。
内装はフランク・ロイドライトの影響を受けているようです。大谷石の壁と照明や天井のフレームワークはライトに似ています。ゆっくりとくつろげる那須の宿です。

那須・山水閣

2007年10月24日 Wed

_

千倉・スケッチ展終了しました

おかげさまで、1ケ月の開催期間中に166名のかたが、私のつたないスケッチを見てくださいました。2回のトークサロンには約50名の方が、千倉の魅力や民家の話を聞いてくださいました。リピータの方も何組かいらして感激です。あらためて「シーレ」の魅力と千倉のよさを実感しました。みなさん、ありがとうございました。
ギャラリー「シーレ」の関さんご夫婦と遠いところをお越しくださった皆様に感謝!感謝!

スケッチは、開催中に古民家を見せていただいたK邸です。茅葺の屋根のまま残せたらいいですね。葺き替えには手伝いに行きます!隣に建つ牛小屋も立派な木組みの家でした。こちらも残して住まいにすれば素敵だと思います。

千倉・スケッチ展終了しました

2007年09月27日 Thu

_

千倉・スケッチ展「むかしといまをつなぐ民家たち」

千倉のギャラリー「シーレ」でスケッチ展がはじまりました。「シーレ」はこのあたりでは有名なギャラリー。企画展を毎月チェックして訪れる方がたくさんいます。あまりに大勢のお客さんに、昼ごはんを食べている暇もないほどでした。館山など少し離れたところからお越しくださった方もいて、関さんご夫婦のお人柄とカリスマが「シーレ」の人気の秘密です。22日はトークサロンを行いました。これも満員御礼で、駆けつけた画家の石井崇さんが皆にパエリアを振舞って下さいました。足を運んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。

10月6日にもトークサロンを予定しています。関さん自家製のお茶菓子付ですので、よろしければどうぞお越し下さい。

※当初、トークサロンの日程が10月4日という記述になっていましたが、正しくは10月6日です。

千倉・スケッチ展「むかしといまをつなぐ民家たち」

2007年09月08日 Sat

_

千倉・ギャラリー「シーレ」

スケッチ展を企画してくださったギャラリーです。千倉駅の山側に少し入った、隠れ家的なギャラリーですが、ごらんのとおり雰囲気は抜群です。オーナーの関さんご夫妻の趣味のいい、手入れの行き届いたインテリアやガーデニングが、敷地全体を包み込んで素敵です。月二回ですが、日曜にはクロッキー教室も開かれています。関さんご夫妻の絵は、とても魅力的です。ゆっくり来ていただければ、ご夫妻のお話も聞けるかも・・・
(画・文 松井郁夫)

千倉・ギャラリー「シーレ」
(http://purple.ap.teacup.com/4893/)

2007年09月07日 Fri

_

千倉・スケッチ展のお知らせ

3年前から描き続けた千倉の民家や町並み、風景のスケッチを展示していただけることになりました。9月15日(土)から10月14日(日)までの1ヵ月間です。

場所は千倉にある、民家を改修した素敵な
ギャラリー「シーレ」(http://purple.ap.teacup.com/4893/)です。民家の絵がうってつけの場所です。ちょっと遠いところですが、千倉と南房総を満喫していただける方は、どうぞゆっくりとお運び下さい。DMをアップしておきます。

千倉・スケッチ展のお知らせ

2007年08月23日 Thu

_

千倉・白間津

毎年通っている千葉の海、千倉の近くに白間津(しらまづ)とういう漁村があります。変わった地名の上に、4年に一度の珍しいお祭りがあります。今年が開催の年だったのですが見逃してしまいました。
写真で見る祭りの風情は、なにやら平家の落人伝説につながるような?それとも韓国の祭りに近いような?スケッチの家もどこか沖縄の家ような?詳しいことは分かりませんが、海辺の集落には、さまざまな文化が波のように押し寄せて、吹き溜まっていくのでしょうか?(画・文 松井郁夫)

千倉・白間津

2007年08月11日 Sat

_

朝顔

事務所の前に「朝顔」の鉢植えを置いています。夏の定番です。道行く人から「いつもきれいな花をありがとうございます。」と声をかけていただきました。ちょっとうれしい気分です。
当事務所も13日(月)より17日(金)まで夏休みに入ります。暑さ厳しい折。みなさんゆっくり休んで気を養いましょう。

2007年08月11日 Sat

_

郡上八幡・町家

郡上八幡は、この時期夏の観光客でいっぱいです。お盆の徹夜踊りで有名な町ですが、町の中を流れる吉田川に子供たちが泳ぎ、その隣で鮎釣りをしている光景は、まさに「日本のふるさと」といえます。
スケッチは市街地に残る古い町家です。間口の広い大きな家です。残念なことに普段は、空き家になっています。踊りの時期だけ、都会に出た人が戻ってくるともいいます。年々増える町家の空き家が悩みのタネですが、なんとか人が住める仕組を考えられないでしょうか?(画・文 松井郁夫)

郡上八幡・町家

2007年08月10日 Fri

_

和泉村

通りがかりの集落で、ふと足を止めてみたくなる風景に出会うことがあります。このスケッチの村もそんな集落の一つです。
福井県大野郡和泉村は、岐阜県郡上市白鳥町に抜ける峠の村です。深い谷の所々が少し平らになって、田畑を作っています。農作業用でしょうか、板倉の群れがきれいです。きっと紅葉の時期も素晴らしいでしょう。
全国に和泉という地名が数多く残っていますが、概ね平家の落人部落であったりします。その昔源氏に敗れた平家の残党が、この集落にも落ちのびて来たのでしょうか?ひっそりとした心に残る風景です。(画・文 松井郁夫)

和泉村

2007年08月09日 Thu

_

日本民藝館

現在、私たちが身近に目にする、器や竹篭などの生活雑器を民具と呼んで、その美しさをあらためて価値付けてくれたのは、大正時代の民芸運動です。
「民家」と言う言葉もそのときに生まれたと言います。多くの人々が気付かなかった美を、日本全国から丹念にすくいあげ、各国の工人に影響を与え続けた、創始者・柳宗悦の残した足跡は大きいと思います。
スケッチは、駒場東大前に建つ日本民藝館の西館(柳宗悦旧宅)です。栃木から移築された長屋門ですが、驚くことに、屋根は大谷石の瓦で葺いてあります。
力強くも美しいたたずまいです。本館の展示品には、見るたびに新しい発見と驚きがあります。(画・文 松井郁夫)

日本民藝館

2007年07月18日 Wed

_

つくば「大工育成塾卒業制作建物」加力実験

新潟県柏崎で大きな地震が起きました。
被害に見舞われた方々と潰れてしまった家々を思うと胸が痛みます。TV放送を見ると、むかしの家は地震に弱いのかという不安感を持つ人が増えそうで心配です。
日本の山や職人技術を引き継ぐならば、伝統的な造り方を踏襲し、工夫することの決意をしなければなりません。私たちの先達は、なにを残そうとしたのでしょうか。
スケッチは、つくばの建築研究所で行われた伝統的な木造建築の水平加力実験の様子です。建物は、国土交通省が支援する「大工育成塾」の一期生が造りました。金物に頼らない土壁の家です。水平に50cmまで加力しました。
柱の破損や土壁の落下など、多くの課題を残しましたが、予想を上回る初期剛性と、加力後も倒壊しないことが分かりました。詳しい分析は、住木センターの報告書を待たなければなりません。
これからの私たちに出来ることは何か?「むかしといまをみらいにつなぐ」技術と熱意を改めて持たねばならないと思います。(画・文 松井郁夫)

つくば「大工育成塾卒業制作建物」加力実験

2007年07月10日 Tue

_

鹿教湯温泉「薬師堂」

文殊様が、鹿に教えたという逸話の残る上田の温泉には何度か行っています。朝の散歩は決まって「文殊堂」にお参りします。文殊堂の脇に茅葺の小さな「薬師堂」があります。樹間に建つ祠は、いつも朝日をあびて美しい姿を見せてくれます。谷間のひっそりとした温泉場ですが、蛍の時期には、数匹ほのかに飛びます。(画・文 郁夫)

鹿教湯温泉「薬師堂」

2007年07月04日 Wed

_

宇治山田駅

近鉄電車の宇治山田駅は、アールデコ調です。少しむかしの雰囲気が漂う駅の構内は、ゆったりと時間が流れているような気にさせてくれます。

最近の駅舎の建物にくらべると、デザインにメッセージ性があると思います。(画・文 郁夫)

宇治山田駅

2007年04月13日 Fri

_

京都・八坂の塔「夜景」

坂の下から見上げる八坂の塔は堂々たるものがあります。街の中に建つその姿は昔から親しまれて来たに違いありません。スケッチをしていたら夕方になり月がきれいに見え始めました。塔と月はよく似合います。

京都・八坂の塔「夜景」

2007年04月02日 Mon

_

木組ゼミ 満員御礼となりました

おかげさまで今期も応募者多数で4月の開講を迎えることとなりました。お申し込みの遅れた方には申し訳ありませんがまた来年お待ちしております。どうもありがとうございました。
写真は2期生の田中千勝さんが長野で実践された木組みの家です。ゼミでの勉強がすぐに実践に結びついて生かされた良い事例です。

木組みゼミ 満員御礼となりました

2007年03月15日 Thu

_

木組のデザインゼミナール第4期生募集中

木組みゼミが4月15日から始まります。おかげさまで、今年で4年を迎えます。1期から3期まで、木組みの家を実践したいと考える設計者が、これまでに約40名学びました。なかでも3名の実践者が素晴らしい木組みの家を実際に建ててくれました。松井事務所HPをご覧下さい。http://www.matsui-ikuo.jp/news/news-kigumizemi-top.html
木造住宅の設計をよりスキルアップして伝統的な木組みの技術を学たい方に必修の講座です。私家版仕様書のメンバー小林一元、宮越喜彦、風其建設・渡邊隆が講師を務めます。
美術講座もあり、美しい木組みの世界へあなたもどうぞ!

2007年01月11日 Thu

_

茶道 正月初釜

今年で二回目の初釜の会に出席しました。
お屠蘇と懐石とお抹茶を頂きました。
日本の伝統文化の中に身をおいて、気持ちの引き締まる思いで、一年の始まりを祈念しました。

床の間のしつらいは、裏千家の正月飾りです。
「祝い、喜ぶ、いかばかり、だいだいかち栗、柿俵」
縁起物の飾りにちなんで、今年も良い年でありますように・・・

2007年01月01日 Mon

_

新年 明けまして おめでとうございます!

2007年 さわやかな新年を迎えました。
本年は、20周年を踏まえ、新しい境地を開きたいと精進する所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。

新年 明けまして おめでとうございます!

2006年09月21日 Thu

_

パエリア

石井崇さん直伝のパエリアを作ってみました。
今回はイカスミを入れなかったのできれいな黄色のご飯がたけました。
おいしそうでしょー 奈穂

「パエリア」

2006年09月19日 Tue

_

20周年展、お越しいただきありがとうございました。

たくさんの方が来て下さり、大盛況のうちに終わることが出来ました。
友人、仲間も見え、ギャラリーにならんだいろいろな仕事を見てさまざまなご意見を聞かせていただくことができました。事務所としてもこの機会にここまでの仕事を振り返り、これからにつなげて行きたいと思っております。
これからもよろしくお願いいたします。

「20周年展、お越しいただきありがとうございました。」

2006年09月17日 Sun

_

20周年記念展、始まりました。

16日から事務所をギャラリーに替え、20年間の仕事の軌跡を発表しています。特にこの5年間の住宅を中心に、模型や写真を展示いたしました。ワークショップ「き」組のこれまでの住宅も10棟、模型を並べております。17日、18日の3日間の開催です。みなさまのお越しをお待ちしております。

いつも一緒に仕事をしている大工さんたちも、現場から駆けつけてくれました。自分たちが作り上げた家がたくさんあり、楽しそうに思い出していました。職人さんと共に歩んできたという感慨があります。

「20周年記念展、始まりました。」

2006年09月01日 Fri

_

「日本列島・民家の旅」スケッチ展 本日から始まります

全国の「民家」を訪ね、描きためたスケッチの中から、今回は16点ほど展示いたします。「民家に学び、先人の知恵を現代に生かしていく」という想いから、これからも旅を続けて行きたいと思っています。16日からは当事務所にて、20周年記念展も開催します。
どちらもご高覧下さい。

「日本列島・民家の旅」スケッチ展 本日から始まります

池袋西口から徒歩7分ほどのところです。
立教の方向、斜めに入らず広い通りをそのまま西へ行き、デイリーストアーの角を右に曲がります。50メートルほど入った右側、2Fです。

2006年05月30日 Tue

_

「パエリア・パーティー」

千倉で素敵な方と出会いました。画家の石井崇さんです。スペインで暮らし、きれいな風景や人々の暮らしを描いています。とてもきれいな色で、ユーモラスな素敵な絵です。そして、なんと日本に居るときは館山で自力建設した家に住んでいるのです。ワインバー・リブロスで隣り合わせになって初めて知り合ったのですが、そんなこんなで話が弾み、2日後には石井さんのお宅へおじゃましてしまいました。そして今度はこちらの事務所へも来ていただいたのです。

石井さんは午前中からいらして、スーパーで材料を仕入れお料理にとりかかりました。12時を過ぎる頃には事務所のベランダに机を出しランチタイムとなりました。サラダとパエリア、パンとチーズ、ビールにワイン。ゆったりとしたスペイン流の時間が流れおいしいものと楽しいおしゃべり。一日に5回食事をするスペインの習慣はどういう意味があるのか、など面白い話がたくさん聞けました。パエリアの鍋をいただいたので当事務所のパーティーメニューにしたいと思っています。

石井崇HP

2006年05月13日 Sat

_

「南長崎の家」オン・エアー

本日「ズームイン!!サタデー」で生中継された「南長崎の家」です。
国産材でつくる木組みの醍醐味が伝わったでしょうか。

TV放映本番、自慢のお庭でレポーターの取材を受けるご主人。

書斎の前でレポーターに家の中の説明をするご主人

朝早くから、みなさんお疲れ様でした。

「南長崎の家」オン・エアー

2006年05月11日 Thu

_

「南長崎の家」TV放映決定!

日本テレビ「ズームイン!!サタデー」に取り上げられることになりました。
5月13日(土) 朝7:30ごろ
お時間のある方、見てください!

当日は生中継で、住んでいる方のお話が聞けると思います。
国産材の木組みの家のすばらしさを実感していただければ幸いです。

「南長崎の家」TV放映決定!

2006年05月02日 Tue

_

「セカンドハウスの提案」

自然に囲まれた雑木林にたたずむセカンドハウスを計画しました。周囲の木々や山並みが一望できる開放的な間取りと架構の提案です。これからセカンドハウスを建てようとご計画の方、ぜひご連絡ください。詳しくはHP上で追ってご紹介します。

「セカンドハウスの提案」

2006年03月23日 Thu

_

「木組のデザイン」ゼミナール受講生募集中です

アクセスありがとうございます。
いつもはスケッチ三昧の気ままなブログですが、今日は私家版仕様書研究会からのお知らせです。
当事務所では、毎年、設計者向の実践講座「木組のデザイン」ゼミナールを開催しています。「美術講座」と「設計講座」が好評で、全国から受講に見えます。毎年10人ほどの卒業生を各地に送り出しています。
設計者の中には、美術は初めてという方が多いのですが、デッサンや色面構成・木組みの立体構成を楽しく学んでいます。
そこで今日のブログでは昨年度受講の美術講座作品をご紹介します。
本年度は4月16日(日)開講です。ご興味のある方は、当事務所のHPのニュース欄をご覧ください。

「木組みゼミ」詳細はこちら

「鉛筆デッサン」

受講生の静物デッサンの作品です。光や影の描写が綺麗ですね。
プロポーションやレイアウトも適切にかけました。

「色面構成」

色彩による構成の課題です。テーマは「春」。設計事務所を主宰されている方ですが、絵の具を使ったのは久しぶりだとか。

2005年12月20日 Tue

_

ヨーロッパ

気ままなブログは突然海外に飛びます。もう15年も前に旅したイタリアとフランスの楽しいスケッチを少々。吉田桂二先生のお供で湾岸戦争が終わった直後に行きました。

地中海の島。イタリアのシシリー島の遺跡から。ギリシヤ時代の神殿跡です。地中海にはこんな遺跡がたくさんあるのでしょう。積み上げた石が崩れていますが、元は木造の軸組み構造を石に置き換えた柱マグサ構造ではないかと言われています。神殿は永遠にと言うことでしょうか。約2000年前の建物が目の前にあります。

「イタリア SELINUNTE」

2001年12月31日 Mon

_

東京都・東京の木/いえづくり協議会による 住宅ローンの優遇融資制度「とうきょうの森のいえ」

東京都の支援により、多摩でつくられた杉の木を住宅に活用した場合、 住宅ローンの融資上の優遇等を受けることが出来るようになりました。 松井事務所は「東京の木・いえづくり協議会」の会員なのでこの制度が使えます。 詳しくは下記ホームページをご覧下さい。

東京の木・いえづくり協議会

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年6月
  2. 2017年5月
  3. 2017年4月
  4. 2017年3月
  5. 2017年2月
  6. 2017年1月
  7. 2016年12月
  8. 2016年11月
  9. 2016年10月
  10. 2016年9月
  11. 2016年8月
  12. 2016年7月
  13. 2016年6月
  14. 2016年5月
  15. 2016年4月
  16. 2016年3月
  17. 2016年2月
  18. 2016年1月
  19. 2015年12月
  20. 2015年11月
  21. 2015年10月
  22. 2015年9月
  23. 2015年8月
  24. 2015年7月
  25. 2015年6月
  26. 2015年5月
  27. 2015年4月
  28. 2015年3月
  29. 2015年2月
  30. 2015年1月
  31. 2014年12月
  32. 2014年11月
  33. 2014年10月
  34. 2014年9月
  35. 2014年8月
  36. 2014年7月
  37. 2014年6月
  38. 2014年5月
  39. 2014年4月
  40. 2014年3月
  41. 2014年2月
  42. 2014年1月
  43. 2013年12月
  44. 2013年11月
  45. 2013年10月
  46. 2013年9月
  47. 2013年8月
  48. 2013年7月
  49. 2013年6月
  50. 2013年5月
  51. 2013年3月
  52. 2013年2月
  53. 2013年1月
  54. 2012年12月
  55. 2012年11月
  56. 2012年10月
  57. 2012年9月
  58. 2012年8月
  59. 2012年7月
  60. 2012年6月
  61. 2012年5月
  62. 2012年4月
  63. 2012年2月
  64. 2011年12月
  65. 2011年11月
  66. 2011年10月
  67. 2011年9月
  68. 2011年8月
  69. 2011年7月
  70. 2011年6月
  71. 2011年5月
  72. 2011年4月
  73. 2011年3月
  74. 2011年2月
  75. 2011年1月
  76. 2010年12月
  77. 2010年11月
  78. 2010年10月
  79. 2010年9月
  80. 2010年8月
  81. 2010年7月
  82. 2010年6月
  83. 2010年5月
  84. 2010年4月
  85. 2010年3月
  86. 2010年2月
  87. 2010年1月
  88. 2009年12月
  89. 2009年11月
  90. 2009年10月
  91. 2009年9月
  92. 2009年8月
  93. 2009年7月
  94. 2009年6月
  95. 2009年5月
  96. 2009年4月
  97. 2009年3月
  98. 2009年2月
  99. 2009年1月
  100. 2008年12月
  101. 2008年11月
  102. 2008年10月
  103. 2008年9月
  104. 2008年8月
  105. 2008年7月
  106. 2008年6月
  107. 2008年5月
  108. 2008年4月
  109. 2008年3月
  110. 2008年2月
  111. 2008年1月
  112. 2007年12月
  113. 2007年11月
  114. 2007年10月
  115. 2007年9月
  116. 2007年8月
  117. 2007年7月
  118. 2007年6月
  119. 2007年5月
  120. 2007年4月
  121. 2007年3月
  122. 2007年2月
  123. 2007年1月
  124. 2006年12月
  125. 2006年11月
  126. 2006年10月
  127. 2006年9月
  128. 2006年8月
  129. 2006年7月
  130. 2006年6月
  131. 2006年5月
  132. 2006年4月
  133. 2006年3月
  134. 2006年2月
  135. 2006年1月
  136. 2005年12月
  137. 2005年8月
  138. 2005年6月
  139. 2005年5月
  140. 2005年4月
  141. 2004年12月
  142. 2001年12月

このページの先頭へ