ブログ

2017年12月09日 Sat

_

セミナーのお知らせ

 

 

セミナーのお知らせです。2018年3月1日。わたくしの敬愛するお二人とご一緒できる機会が生まれました。
岩崎駿介さんは、都市計画家として憧れた人です。わたくしが若いころアーバンデザイナーを目指し、歴史的町並み保存運動に参加して、今があるのは、岩崎さんのおかげです!
伊礼智さんは、住宅作家として万人に好かれる設計が素晴らしいと、日頃から憧れています。作品を見てそのエッセンスを学びたいと、わたくしの主催する木組ゼミの講師をお願いしております。
今回は、インテグラルの藤間さんの企画で、「美しさ」をテーマに参加することになりました。
わたくしは、日本の住まいのルーツである民家と家づくりの仕組みについてお話しさせていただきます。歴史に埋もれた構法と社会的な取り組みが今こそ重要だと思っております。
お時間のある方は、是非お運びください。
わたくしも、お二人の素晴らしい講演を楽しみにしております。

2017年03月16日 Thu

_

4月6日~9日は台湾表敬訪問の為、お休み致します。

台湾棟梁 揚さん

台湾棟梁 揚さん

台湾でわたしたちが執筆いたしました木造住宅「私家版仕様書」を読み木組の家を自力建設している
揚さんに会いに行くため、4月6日~9日の間 松井郁夫建築設計事務所はお休みになります。

その間に戴きましたご連絡は、10日以降のお返事になります。
ご迷惑おかけいたしますが、ご了承ください。

揚さんが松井の表敬訪問についてFacebook に書いてくれています。一冊大木家屋
出会いが広がり、嬉しい限りです。

訪問の様子はFBにて逐次、報告いたします。

 

2017年02月20日 Mon

_

2017古民家再生ゼミが始まります。

 

古民家を取り巻く現状は、いま大きく動いています。

内閣府が推進する「明日の日本を支える観光ビジョン」の提言に、古民家の利活用が戦略として取り上げられたからです。

これまでの古民家は、価値のわかる人達の中で熱烈に支持されてきましたが、今回あらたに日本の観光資源として国を挙げて推進することになったのです。

この施策は歓迎すべき流れですが、古民家再生を一過性のブームにしてはいけません。

古民家には暮らしの美しさがあります。純粋な用と美の姿には、真の豊かさがあります。

本講座では、その昔、古民家を手がけた無名の職人たちの手仕事をくみ取り活かすことで、むかしと未来をつなぐ再生利活用の実践を目指したいと思います。

古民家の歴史を知り、実際の古民家を実測し、改修設計を行います。

いますぐ実践できる、古民家再生のスキルを身に着けたい方の応募をお待ちします。

 

申し込みフォームはこちら。

申込み用紙印刷用PDFはこちら。

(※チラシの日程に誤りがあり修正致しました。6月10日は、土曜日で13時に日本民家園集合です。失礼いたしました)

 

2014年11月26日 Wed

_

和の住まいシンポ

2014年11月23日 Sun

_

滋賀講演会

湖国すまい h26家づくり講演会 表_(1)湖国すまい h26家づくり講演会 裏

2014年11月23日 Sun

_

第二回公開フォラム

第二回伝木フォーラムチラシ表第二回伝木フォーラムチラシ裏

2014年10月22日 Wed

_

エコハウス研究会で講演します

141021ecohouse

丸谷博男さん主催のエコハウス研究会で、松井が講演します。

快適な温熱環境の家づくりをライフワークにしてきた丸谷さんが「土」、
木組の家の松井が「木」をテーマに語ります。

お時間のある方はぜひご来場下さい。

ご案内PDFはこちらです。

2014年08月23日 Sat

_

8月末より講演会ラッシュです!

猛暑の中、異常気象が日本中に被害をもたらしています。全国各地で災害に見舞われた方々には、お見舞い申し上げます。

さて、わたくしの講演会が、今月末より目白押しです。多くのみなさんが、今わたくしに講演会を依頼され、期待されていることは、おそらく、伝統的な日本の家づくりがこれからどこへ向かっているのか、を確かめたいのだろうと察します。

つまり、5年間に及んだ国の伝統的木造住宅の実大実験の成果は、どうなってゆくのか?

2020年より義務化される、省エネルギー法改正に伝統的な木造住宅は、乗り越えられるのか?

日々、伝統的な構法で研鑽を重ねる工務店さんや大工さんは、今後の行方が気になるのも無理はありません。

わたしの立場は明快です。伝統構法の家づくりは、次々と繰り出される国の制度改正を乗り越えて、さらに進化してゆくべきだと考えます。

そこで、以下の講演会を行いますので、どうぞお時間の許す方はお運びください。

8月27日 14:00~ 優良工務店の会 九州地区勉強会
「進化してゆく木造住宅」
博多アーバンスクエアビル11階会議室
(財団法人・住宅産業研修財団福岡事務所 092-418-8120中村)

9月1日 18:00~ 伝統木造の会 東海事務局 
「これからの伝統木造の姿」
名城大学名駅サテライト 名古屋駅前桜通ビル13階 多目的室
(東海林建築設計事務所内 ・引越ししましたので、番号をお間違えの無いようお願いします。)
TEL:052-853-9817 FAX:052-853-9818
E-Mail :info@tokairin.jp  (TEL・FAX:052-853-9724 ACC事務局)

9月4日 16:45~ 住宅医・東京
「古民家再生から見える日本の家」
AGC studio AGC旭硝子ショールーム(住宅医協会 06-6454-3465 藤村)

9月28日 9:00~ 伝統木構造講座
「伝統構法の行方(仮)」
姫路商工会館 (㈱兵庫確認検査機構 079-289-3002 中安)

 

140901勉強会の御案内

140901勉強会の御案内

 

2014年03月11日 Tue

_

「山口の木でやまぐちの家を建てる」

140314yamaguchi2140314yamaguchi山口県で、林野庁25年度「地域住宅づくり支援事業」成果発表【山口の木でやまぐちの家を建てる】の基調講演を行うことになりました。

山口大学大学院教授の内田文雄先生と、山とつながる地産地消の家づくりについて語ります。

お近くの方はぜひお越しください。

日時:3月14日(金)14:00~17:00
場所:山口市民会館 小ホール
定員:80名(先着受付順)
主催:やまぐち木の家ネットワーク事務局 株式会社トピア
お問い合わせ先:083-928-5566(担当:山本・小松・西村)

申込書はこちらからどうぞ。

2014年02月12日 Wed

_

「住宅建築」講演会

松井郁夫「住宅建築講演会伝統木造のエコ改修」

「南房総の古民家再生」(平久里中の古民家再生)が「住宅建築」4月号に掲載されることになりました。

発売を記念して講演会が開催されます。

第1部は松井郁夫が「伝統木造のエコ改修」と題して、快適な温熱環境を実現するこれからの古民家再生を語ります。

第2部では杉坂建築事務所の落合俊也氏が「木造住宅と森林医学」と題して、安息できる家を森林医学の効果とともに語ります。

どうぞ奮ってご参加ください。

 

 

 

 

住宅建築4月号発売記念講演会

開催日時:
2014年2月25日(火)
18:30~(18:00開場)

会費:
『住宅建築』定期購読者:500円
『コンフォルト』『庭』定期購読者:3,000円
一般:4,000円
学生:2,000円

申込:「住宅建築」編集部
〒130-0026 東京都墨田区両国4-32-16 両国プラザ1004号
TEL:03-3632-3236 FAX:03-3635-0045
メール:tegaki@gol.com

必要事項を記入の上、メールまたはFAXで上記へお申込み下さい。
1、氏名
2、ふりがな
3、職業
4、所属
5、電話番号
6、メールアドレス
7、申込区分(定期購読[誌名]/一般/学生)

印刷用PDFはこちら

住宅建築のFacebookはこちら

 

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ