ブログ

2016年04月03日 Sun

_

金物に頼らないわけ

木と木を組むことで、丈夫な家ができると考えています。

木組みとは、継手や仕口と言われる木を加工した接合部から出来ています。プレカットのように金物に頼ることはありません。木のめり込みと摩擦で力を減衰するのが木組みの耐震の基本です。

木の最大の特性は、繊維に直交した方向のめり込みに強いということです。貫が柱を貫通しているのは、そのめり込みの強さを活かして建物の倒壊を防ぐためです。

貫の入った建物は大きく変形しても倒壊しないことは、阪神大震災でも実証されています。むしろ、貫の入った建物は、揺れ戻しと言われる元に戻る復元力があります。貫はやめてはいけないのです。

逆に金物に頼った建物の金物が木材を破壊して倒壊した例があります。2008年10月のEディフェンスの3階建ての建物が倒壊した実験がその例です。

昔から「針金で豆腐を釣ってはいけない」という言い方がありました。つまり木材という柔らかい母材を、鉄などの硬い金物が壊してしまうという言い方です。

木と木を組むことで、復元力を持った粘り強い建物を建ててきたのが日本の古民家です。

わたしたちは、古民家に学び、木の特性を活かした現代の家づくりを実践しています。

木組みの家の貫

木組みの家の貫

阪神大震災の時に貫で倒壊しなかっっ建物

想定外の揺れがあっても、貫ははずれない

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ