_

ブログ

2016年04月11日 Mon

_

なぜ漆喰を使うのか(再掲)

室内の仕上げは、漆喰の壁がいいと考えています。

漆喰は、古代エジプトの壁画や、高松塚古墳の壁画の下地に使われている丈夫で長持ちする塗り壁です。

石灰岩を焼いて水と混ぜ合わせることで、白くて硬い土壁になります。日本のお城の壁や蔵に使われているので、わたしたちには馴染みの深い壁です。厚みは意外と薄くて、せいぜい1ミリですが、一度塗れば、何年もの間長く持ちます。

左官屋さんが平滑に塗ることで、真っ平らな壁ができます。ビニールクロスのように静電気を帯びないので、ホコリが付くこともありません。

表面は平滑ですが、肉眼では見えない細かな穴が開いていて、湿度の高い時には空気中の湿気を吸い、室内が乾いてくると湿気を放出する性質があります。

室内の湿度が、ある程度保たれるので、梅雨時は汗が引き、乾燥した冬でも肌がしっとりします。

土壁なので、蓄熱効果もあります。一度温めたり冷やしたりすると、夏はひんやり冬はぽかぽかと、しばらくその効果が続きます。

さらに、漆喰壁は廃棄されると土にかえりますが、石灰分はまた水に溶けて、地中で長い時間をかけ石灰石に還ります。永遠になくならない素材なのです。

何やら、不思議な話に聞こえますが、こればかりは体感していただかないと理解していただけないと思います。

当事務所では、現在お住まいの家で、漆喰壁の内部を見せていただくこともできますので、どうぞご連絡ください。

漆喰の優れた調湿調温作用が体感出来ます。

木組みの家「高円寺の家」ダイニング

床は桧、壁は漆喰です

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年9月
  2. 2017年8月
  3. 2017年7月
  4. 2017年6月
  5. 2017年5月
  6. 2017年4月
  7. 2017年3月
  8. 2017年2月
  9. 2017年1月
  10. 2016年12月
  11. 2016年11月
  12. 2016年10月
  13. 2016年9月
  14. 2016年8月
  15. 2016年7月
  16. 2016年6月
  17. 2016年5月
  18. 2016年4月
  19. 2016年3月
  20. 2016年2月
  21. 2016年1月
  22. 2015年12月
  23. 2015年11月
  24. 2015年10月
  25. 2015年9月
  26. 2015年8月
  27. 2015年7月
  28. 2015年6月
  29. 2015年5月
  30. 2015年4月
  31. 2015年3月
  32. 2015年2月
  33. 2015年1月
  34. 2014年12月
  35. 2014年11月
  36. 2014年10月
  37. 2014年9月
  38. 2014年8月
  39. 2014年7月
  40. 2014年6月
  41. 2014年5月
  42. 2014年4月
  43. 2014年3月
  44. 2014年2月
  45. 2014年1月
  46. 2013年12月
  47. 2013年11月
  48. 2013年10月
  49. 2013年9月
  50. 2013年8月
  51. 2013年7月
  52. 2013年6月
  53. 2013年5月
  54. 2013年3月
  55. 2013年2月
  56. 2013年1月
  57. 2012年12月
  58. 2012年11月
  59. 2012年10月
  60. 2012年9月
  61. 2012年8月
  62. 2012年7月
  63. 2012年6月
  64. 2012年5月
  65. 2012年4月
  66. 2012年2月
  67. 2011年12月
  68. 2011年11月
  69. 2011年10月
  70. 2011年9月
  71. 2011年8月
  72. 2011年7月
  73. 2011年6月
  74. 2011年5月
  75. 2011年4月
  76. 2011年3月
  77. 2011年2月
  78. 2011年1月
  79. 2010年12月
  80. 2010年11月
  81. 2010年10月
  82. 2010年9月
  83. 2010年8月
  84. 2010年7月
  85. 2010年6月
  86. 2010年5月
  87. 2010年4月
  88. 2010年3月
  89. 2010年2月
  90. 2010年1月
  91. 2009年12月
  92. 2009年11月
  93. 2009年10月
  94. 2009年9月
  95. 2009年8月
  96. 2009年7月
  97. 2009年6月
  98. 2009年5月
  99. 2009年4月
  100. 2009年3月
  101. 2009年2月
  102. 2009年1月
  103. 2008年12月
  104. 2008年11月
  105. 2008年10月
  106. 2008年9月
  107. 2008年8月
  108. 2008年7月
  109. 2008年6月
  110. 2008年5月
  111. 2008年4月
  112. 2008年3月
  113. 2008年2月
  114. 2008年1月
  115. 2007年12月
  116. 2007年11月
  117. 2007年10月
  118. 2007年9月
  119. 2007年8月
  120. 2007年7月
  121. 2007年6月
  122. 2007年5月
  123. 2007年4月
  124. 2007年3月
  125. 2007年2月
  126. 2007年1月
  127. 2006年12月
  128. 2006年11月
  129. 2006年10月
  130. 2006年9月
  131. 2006年8月
  132. 2006年7月
  133. 2006年6月
  134. 2006年5月
  135. 2006年4月
  136. 2006年3月
  137. 2006年2月
  138. 2006年1月
  139. 2005年12月
  140. 2005年8月
  141. 2005年6月
  142. 2005年5月
  143. 2005年4月
  144. 2004年12月
  145. 2001年12月

このページの先頭へ