ブログ

2014年08月14日 Thu

_

「松本城の見える家」が始まります

木組みの家「松本城の見える家」模型俯瞰

木組みのパッシブハウス「松本城の見える家」

木組みの家「松本城の見える家」模型東

片流の屋根と「せがい造り」が特徴です

木組みの家「松本城の見える家」模型玄関

梁の大きさや間隔も、じっくり検討しました。架構がそのまま意匠となる「木組のデザイン」です

「松本城の見える家」が始まります。 長野県松本市の、松本城が見える高台の敷地に”木組の家のパッシブハウス”が建ちます。

片流の屋根、板張りの外壁、2階をせり出す木組みならではの架構「せがい造り」が特徴です。

躯体は寒冷地仕様の高断熱で、薪ストーブを設置し、夏は家全体の通風を考慮した、冬暖かく夏涼しい”木組の家のパッシブハウス”になります。

「き」組メンバー、田中製材工業(俊建築設計室)さんが施工し、構造設計サポートは悟工房の山中信悟さんです。

架構には、貫と足固めを採用し地震にねばり強く、100年の長寿命、自然素材、無垢の木と漆喰による快適で省エネな木組みの家は、これからの木造住宅です。

竣工は来年5月を予定しています。
進行中のレポートは、随時更新いたしますので、ご期待ください!

松本城が見える高台の敷地

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ