ブログ

2018年05月02日 Wed

_

「漢方の本陣」建て起こし完了

「漢方の本陣」の建て起こしが終わりました。

長年の傾きが、最大9センチだった柱が、ほぼ真っすぐに直りました。

これから足固め、板壁で耐震補強して、温熱向上の工夫を始めます。

古民家に最大の欠点である寒さの克服に向けて、空気のコントロールを仕掛けます。

滋賀県の夏見工務店さんのお力を借りて、いよいよ日本でも珍しい古民家の温熱改修が始まります。

乞うご期待!

2018年05月02日 Wed

_

「八王子の古民家再生」構造見学会を行いました

 

都内では珍しい、茅葺き農家の再生を依頼され、4年掛かってようやく工事に入りました。

解体後の、美しい架構が見える工事の途中で、見学会を開催しました。

古民家には、日本の木造住宅のルーツがあります。

太くて丈夫な、大黒柱や梁の軸組部分と、屋根の架構の違いを見るにはちょうどよい時期です。

桁や梁の木組の軸部は大工仕事で、丸太の扠首など縄で縛り付けた屋根は、屋根職人の仕事です。

あまり知られていないことですが、このような伝統の木組は台風や地震の力を、揺れることで逃がす仕組みでできています。

減衰設計といいます。超高層ビルと同じ考え方です。

それに比べて、在来工法は全く別の仕組みです。日本の家の構法は、明治の西欧化ですっかり形を変えてしまったのです。

現代の一般住宅はすでに日本の伝統の建物ではありません。和洋折衷です。

伝統の民家に比べると固く金物で縛って、自然に対抗する考え方の強度設計です。

今回は、日本の家のルーツを古民家にたどり、架構に学ぶことが目的です。

木組ゼミの受講生や、建主さんや、日大の学生さんも見えて盛況でした。

これを機会に、少しでも古民家の魅力に触れていただけれたなら幸いです。

いい時期にまた、見学会をやります。乞うご期待!

2018年04月26日 Thu

_

「西荻窪の家」お別れ見学会盛況でした

わたくしが、建築を志そうと決めた家が、壊されます。

妻の叔父の家「西荻の家」です。

先日の日曜日に、有志の方や「木組ゼミ」の受講生とお別れ見学会を開催しました。

この家の設計者は、小川行夫さん(88歳)です。わたしが若い頃、最初に師事した先生です。

元大工棟梁で、建築家協会の会員でした。

小川さんは、終戦の年、13歳で大工を目指し20歳のときに肩を壊して設計に進んだといいます。

28歳のときに、妻の家も設計しています。この家は、それから数年後の油の乗り切った頃の作品です。

わたくしが26歳のときに結婚を報告した宴会の帰り、義理の叔父に招かれて、この家の玄関に立ちました。

その時の衝撃は今でも忘れません。

低く長い軒をくぐると、太い柱に梁、梁の向こうに庭のツツジが見えます。

厚い床板が、無造作に切りっぱなしの小口を見せて、客を迎い入れようとしています。

あまりの素材感と美しさに、慌てて靴下を脱いで、裸足で上がりました。

切目縁の向こうには、庭から伐ったばかりの桐の木を床柱にした茶室。後に葉が生えたといいます。

大きな自然石の手水。月見台に虹のように掛かった古材の丸太が印象的でした。

リビングに入る階段は、無垢の梁の切りっぱなしが数段。

床から浮いた家具。梁の梁の間にフチ無しではめ込まれたガラス。その隙間から入るかぼそい光と、室内の梁の織りなす影。

廊下の行き止まりには、明り取りのはめ殺し窓。そのガラスに直に、戸当り無しで閉まる引き戸。

浮造りされた合板の切りっぱなしの小口はそのまま壁の見切りになって、木組の和の家なのに、モダンな納まりとバタ臭い素材の使い方。

繊細なディテールと、豪胆な架構。外観は、民家のような真壁の土壁。低い塀は元の家の瓦。

その頃、都市計画を仕事にしていましたが、この家を見て建築を作りたいと思いました。

私の人生を変えた家です。

この家のすべてが、いま、わたしつくっている建物の原点「木組のモダニズム」なのだと改めて確信しました。

義叔父は「もうじゅうぶん、この家と庭を楽しんだよ」といいます。ゆっくりと家も庭も噛み締めた、お別れ見学会でした。

娘のFBでは、さらにラブストリーも?

荻窪の、祖母の兄の家見に行きました。95歳のおじさんのお家。ここはこの後壊されて、8軒の建て売りが建つそうです。私の祖父は、このお兄さんの親友。 おじさんに会うとついつい祖母のラブストーリーを思い出します。祖母は女学生の頃、…

きむら めぐるさんの投稿 2018年4月22日(日)

2018年04月23日 Mon

_

【急募】スタッフ募集 募集期間が変更となりました

スタッフ募集の期日が5月15日に変更となりました。

「新築住宅」の仕事はもちろん「古民家の再生」の仕事が増えておりますので、興味と熱意のある方の応募をお待ちします。

豊かなみらいを生きる、木組の家を 一緒につくりませんか !

募集要項は次のとおりです。

 

松井郁夫建築設計事務所のスタッフを募集します。

 

スタッフ募集について       松井郁夫

本当に豊かな社会とは、どんな社会でしょうか?

わたしは、家づくりの立場から、オーナーはもちろん家づくりに関わる職人さんや素材をつくる山の人たちまでが、豊かさを得られる家を実現したいと思っています。いわゆる、成熟した社会をつくる家づくりです。

わたしの事務所では、建築の設計やまちづくりを通して共存共栄の仕組みづくりを目指しています。素材と構法と仕組みが一体となって豊かな未来が創れないかと考えています。環境保全はもちろん、未来につなぐ技術の継承が目的です。美しい空間つくることが豊かな世界を拓いてくれることを願っています。

わたしと一緒にまちづくりや家づくりを協働できるスタッフを募集します。

健康で健全な熱意を持っている方の応募をお待ちしております。

 

応募される方に望むこと

事務所には住宅建築やまちをつくるための

知恵や技術や経験が、たくさん行き交っています。

それらを身につけて、あたらしい空間を

みてみたい。つくってみたい

という人をお待ちします。

具体的には、全ての仕事を把握するための事務作業と家づくりの設計補助を担当してもらいます。

・事務作業 各種勉強会の事務局 所長のアシスタント業務 PC管理

・設計補助 各建物の設計作業補助 各建物の申請と役所対応など

 

仕事は多岐にわたりますが、共同作業の軸になってもらいたいと思っています。

どの局面でもその人のセンスが反映され、できあがる空間に結びつく仕事です。

もちろん、はじめから万全である必要はありません。

自分のクリエイティビティをふくらませたいとおもっていれば、技術はついてくると考えています。

アイデアを重ね、ゆたかな空間をづくりを共にできること楽しみにしています。

 

設計者募集要項

[募集人数]

スタッフ1名

 

[対象となる方]

男女は問いませんが、実務の経験のある35歳くらいまでの方。CADの技術は必須。

建築士資格は問いません。

木組の家に興味があり、共著「木造住宅【私家版】仕様書」(エクスナレッジ発行)を習得できる人。

PC管理のできる方歓迎します。

 

[OSと主要ソフト]

Windows&Mac

VectorWorks、Microsoft Office ADOBE ILLUSTRATOR他

 

[雇用形態]

事務所スタッフ:正社員

 

[勤務時間]

9:00から18:00 (状況により残業あり)

 

[給与]

正所員 月給:年齢と能力に応じて20万円~

賞与年2回

 

[休日休暇]

土日祝、夏期休暇、年末年始、慶弔休暇、特別休暇

 

[待遇]

社会保険完備、住居手当、育児手当、交通費支給

 

[試用期間]

3ヶ月~6ヶ月 (アルバイト扱い 交通費別途、給与体系別途)

 

[勤務地]

東京都中野区江原町1-46-12-102

地下鉄大江戸線「新江古田」駅より徒歩2分

西武池袋線「江古田」駅より徒歩15分

[会社概要]

会社名 株式会社 松井郁夫建築設計事務所

代表取締役 松井郁夫

所在地 東京都中野区江原町1-46-12-102

創業 1985年

資本金 300万円

従業員 3名

 

応募方法

2018年5月15日必着で、以下の提出物一式を送りください。

[提出物]

・履歴書(手書き)

・作品集(ご自身の仕事集)

 

[履歴書]

任意の履歴書使用、手書きで記入の上、ご提出願います。

[作品集]

A3サイズもしくはA4サイズに出力して書類にて封筒で提出してください。任意の様式で自由。CDやメールにての提出は受け付けません。作品は返却できませんのでコピーをお送りください。

応募書類郵送先

〒165-0023

東京都中野区江原町1-46-102

㈱松井郁夫建築設計事務所内

採用係

応募は郵送のみを受け付けます。宅配やバイク便、持ち込みはご遠慮ください。

書類選考は5月15日より開始します。

書類選考通過者のみ、お電話にてご連絡の上、面接を行ないます。

5月15日以降、随時面接を予定しています。

試用研修期間3ヶ月~6ヶ月後正式採用になります。

 

お問い合わせは、メールok@matsui-ikuo.jpにて受け付けます。

 

応募様式一式は返却いたしませんのでご了承ください。

書類は、採用選考目的のみに使用します。

個人情報の取り扱いは、厳重な管理の下に行ないます。

不採用の場合の提出書類は、適切な方法にて処理いたします。

 

2018年04月19日 Thu

_

【募集】スタッフ募集

おかげさまで、松井事務所に仕事が多くてスタッフが不足しております。

「新築住宅」の仕事はもちろん「古民家の再生」の仕事が増えておりますので、興味と熱意のある方の応募をお待ちします。

豊かなみらいを生きる、木組の家を 一緒につくりませんか!

募集要項は次のとおりです。

 

松井郁夫建築設計事務所のスタッフを募集します。

 

スタッフ募集について       松井郁夫

本当に豊かな社会とは、どんな社会でしょうか?

わたしは、家づくりの立場から、オーナーはもちろん家づくりに関わる職人さんや素材をつくる山の人たちまでが、豊かさを得られる家を実現したいと思っています。いわゆる、成熟した社会をつくる家づくりです。

わたしの事務所では、建築の設計やまちづくりを通して共存共栄の仕組みづくりを目指しています。素材と構法と仕組みが一体となって豊かな未来が創れないかと考えています。環境保全はもちろん、未来につなぐ技術の継承が目的です。美しい空間つくることが豊かな世界を拓いてくれることを願っています。

わたしと一緒にまちづくりや家づくりを協働できるスタッフを募集します。

健康で健全な熱意を持っている方の応募をお待ちしております。

 

応募される方に望むこと

事務所には住宅建築やまちをつくるための

知恵や技術や経験が、たくさん行き交っています。

それらを身につけて、あたらしい空間を

みてみたい。つくってみたい

という人をお待ちします。

具体的には、全ての仕事を把握するための事務作業と家づくりの設計補助を担当してもらいます。

・事務作業 各種勉強会の事務局 所長のアシスタント業務 PC管理

・設計補助 各建物の設計作業補助 各建物の申請と役所対応など

 

仕事は多岐にわたりますが、共同作業の軸になってもらいたいと思っています。

どの局面でもその人のセンスが反映され、できあがる空間に結びつく仕事です。

もちろん、はじめから万全である必要はありません。

自分のクリエイティビティをふくらませたいとおもっていれば、技術はついてくると考えています。

アイデアを重ね、ゆたかな空間をづくりを共にできること楽しみにしています。

 

設計者募集要項

[募集人数]

スタッフ1名

 

[対象となる方]

男女は問いませんが、実務の経験のある35歳くらいまでの方。CADの技術は必須。

建築士資格は問いません。

木組の家に興味があり、共著「木造住宅【私家版】仕様書」(エクスナレッジ発行)を習得できる人。

PC管理のできる方歓迎します。

 

[OSと主要ソフト]

Windows&Mac

VectorWorks、Microsoft Office ADOBE ILLUSTRATOR他

 

[雇用形態]

事務所スタッフ:正社員

 

[勤務時間]

9:00から18:00 (状況により残業あり)

 

[給与]

正所員 月給:年齢と能力に応じて20万円~

賞与年2回

 

[休日休暇]

土日祝、夏期休暇、年末年始、慶弔休暇、特別休暇

 

[待遇]

社会保険完備、住居手当、育児手当、交通費支給

 

[試用期間]

3ヶ月~6ヶ月 (アルバイト扱い 交通費別途、給与体系別途)

 

[勤務地]

東京都中野区江原町1-46-12-102

地下鉄大江戸線「新江古田」駅より徒歩2分

西武池袋線「江古田」駅より徒歩15分

[会社概要]

会社名 株式会社 松井郁夫建築設計事務所

代表取締役 松井郁夫

所在地 東京都中野区江原町1-46-12-102

創業 1985年

資本金 300万円

従業員 3名

 

応募方法

2018年5月15日必着で、以下の提出物一式を送りください。

[提出物]

・履歴書(手書き)

・作品集(ご自身の仕事集)

 

[履歴書]

任意の履歴書使用、手書きで記入の上、ご提出願います。

[作品集]

A3サイズもしくはA4サイズに出力して書類にて封筒で提出してください。任意の様式で自由。CDやメールにての提出は受け付けません。作品は返却できませんのでコピーをお送りください。

応募書類郵送先

〒165-0023

東京都中野区江原町1-46-102

㈱松井郁夫建築設計事務所内

採用係

応募は郵送のみを受け付けます。宅配やバイク便、持ち込みはご遠慮ください。

書類選考は5月15日より開始します。

書類選考通過者のみ、お電話にてご連絡の上、面接を行ないます。

5月15日以降、随時面接を予定しています。

試用研修期間3ヶ月~6ヶ月後正式採用になります。

 

お問い合わせは、メールok@matsui-ikuo.jpにて受け付けます。

 

応募様式一式は返却いたしませんのでご了承ください。

書類は、採用選考目的のみに使用します。

個人情報の取り扱いは、厳重な管理の下に行ないます。

不採用の場合の提出書類は、適切な方法にて処理いたします。

 

 

2018年04月10日 Tue

_

「八王子の古民家再生」骨組みが現れました

八王子の古民家の屋根の茅をおろしました。

ついに、当初の骨組みが現れました。。

叉首(サス)構造の丸太が、規則正しくん並んでいます。

このままでも、美しい架構です

これまで、大きな改造をすることなく、生き続けた民家だということがわかります。

このあと屋根に断熱材を施工しながら、明り取りの窓を工夫します。

床下の断熱改修も進めます。さてどんな工事になるのやら、わくわくしますね!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

2018年04月10日 Tue

_

「中落合の家Ⅱ」もうすぐ完成です。

当事務所のすぐ近くに都市型の住宅が完成しました。

オリジナル家具が入り、少し落ち着いてから内覧会を行います。

乞うご期待。

「中落合の家Ⅱ」足場が外れました

 

2018年04月10日 Tue

_

「浜田山の家Ⅲ」内覧会のお知らせ

建設を進めておりました「浜田山の家Ⅲ」が完成いたしました。

建主様のご厚意で、内覧会を開催することになりました。

「せがい造り」という二階が一階よりせり出した建物です。

和船から学んだ、伝統構法の家です。

金物に頼らない「木組」の醍醐味をどうぞ、ご堪能ください。

所員一同、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

「浜田山の家Ⅲ」内覧会のお知らせ

2018年04月03日 Tue

_

「八王子の古民家再生」茅おろし

東京都内では、めったに残っていない茅葺き民家の再生ですが、このたび茅をおろしました。

大量の茅に、解体を担当した職人は真っ黒くろすけです。

いよいよ骨組みが現れます。ワクワクしますね。

 

2018年03月31日 Sat

_

「西荻窪の家」お別れ見学会のお知らせ

義叔父の家「西荻窪の家」が壊されることになりました。

わたしが木組の家を目指すきっかけになった、建築家:小川行夫先生の作品です。

妻と結婚してすぐの宴会の後に、義叔父に連れて行かれた家の衝撃は、今でも忘れません。

低い塀の向こうにたたずむ真壁の平屋。和風なのにどこかバタ臭い外観。

玄関に入ると正面には、ドウダンツツジ。美しい床板の厚みと感覚を確かめたくて、思わず靴下を脱ぎました。

庭に生えていた桐の木を床柱にした茶室。入り口の切目縁。月見台の頭上に掛けられた、弓なりの丸太梁。

スキップした床の階段は、元の家の無垢の梁材。床から浮いた食堂の家具。

廊下の突き当りはガラスの壁。そこに突き止めの戸が当たるディテール。

深い思考の末に、練り上げられ、造られた「木組のモダニズム」だと思います。

数年前に義叔父は一人になってしまって、このたび敷地ごと売ることになりました。

この家に出会わなければ、今の自分はいなかったと思います。

わたくしの人生を変えてくれた家とのお別れは、本当に悲しくて、残念です。

いましばらく、壊される前のひとときを、じっくり味わいたいと思います。

義叔父の厚意で、見学会を開催させていただくことになりました。

追ってご案内いたしますが、参加ご希望の方はメールにてお知らせください。

4月22日を予定しております。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ