古民家再生のこだわり

古民家再生のこだわり

私たちが古民家を再生するときに大切にしているこだわりをご紹介します。

1.専門性を極めた入念な調査【調査】

古民家再生は、まず古民家の状態をしっかりと把握すること、架構を理解することがスタートとなります。

当事務所では、簡易調査と詳細調査両方を行います。

簡易調査では、再生可能な古民家かどうか、住まい手の想いに沿った家をつくれるかどうかなどを判断し、夢のあるアイデアを提案するためのもの。

詳細調査では、架構のチェック、木材に腐朽や蟻害(シロアリ被害)がないかどうかなど。古材の打診や表皮をめくるなど、今後100年にわたって使えるかどうかを判断します。

この他、良質な柱、梁、美しい建具や家具などについてもしっかりと見ていきます。

2.できるだけ丁寧に「野帳」を描く 調査

「野帳」とは簡易診断や実測調査の内容を紙に落とし込んだラフな図面(平面図・展開図、断面図など)のことで、フィールドノートとも呼ばれます。わたしたちは、現地踏査・調査の時点でこれをできるだけ見やすく、できるだけ丁寧に描くように努めています。なぜなら、野帳はイメージをふくらませたり、パースや模型を制作したりするうえで非常に重要だからです。
野帳を描くためには、まず天井裏に上がったり床下に潜ったりしながら古民家の構造を的確に把握します。そして、それを誰が見ても理解できるように図に落とし込みます。この事前の準備作業がいい加減だと、設計図を正確に描けません。手を抜くとスケール(縮尺)感などに誤差が生じ、いろいろな不都合が出ることもあるのです。

野帳を丁寧に描くことによって、古民家の空間構成(光の採り方や風の流れ方など)が見えてきます。空間構成を知ることは、古民家再生における大切な要素。増改築を繰り返したことでパッシブデザインが機能しなくなった家は少なくありませんが、野帳によって古民家が本来備えている「快適に暮らすためのイメージ」を蘇らせることができるのです。


3.架構(骨組み)を最大限に活かした自由度の高い設計 設計

古民家の特徴は、その架構(骨組み)にあります。古民家を読み解くには、架構をしっかりと読み解かなければなりません。

設計は、まず、読み解いた架構を最大限に活かし、住まい手のライフスタイルにあわせた間取りを決めていきます。その上で、住まい手の好み(土間や囲炉裏、茅葺き、モダンテイストなど)にあわせて設計をつくりこんでいきます。

4.思い描く古民家暮らしを実現するための美しいデザイン 設計

古民家を修復ではなく再生する場合、そして住まい手の望む古民家暮らしを実現するためにも、新たにデザインが必要となってきます。

当事務所のデザインに対する考え方は、次のとおりです。

  • 控えめながらその古民家の持つ伝統と美しさを引き出せているデザインか
  • 細部まで美しくデザインされているか
  • 飽きがこないか
  • 住まい手の暮らしに寄り添うデザインか

次の100年、時代が変わっても美しく佇まい続けるデザインを大切にしています。

事例紹介:平屋古民家リノベーション(千葉県南房総)

築100年以上のこの古民家。大学の建築の先生や設計者など様々な人に相談したところ、どの方も壊した方がいいだろう、助言されたそうです。
当建築設計事務所はご縁をいただき、リノベーションすることを提案し、調査解体してみたところ、明治時代の丈夫な木組、丁寧な左官仕事が残されており、とても価値のある建築であることがわかりました。しかし、足固め部分の虫喰いや柱と足固めの接合に用いられていたボルトの結露による 柱の腐朽など、建物の傷みもありました。

リノベーションでは、そのボルトを木栓に 、開口部はアルミサッシ二重ガラスに変更し、土壁は再利用の上、漆喰で仕上げました。天井には吸放湿+断熱性能のよい板を貼り、古民家の断熱・気密性能に取り組み、古民家の持つ魅力や佇まいと多湿な山あいでの快適な暮らしを両立することができました。

5.夏涼しく冬あたたかい環境づくり 設計

古民家と言うと、夏はいいけれども冬がとにかく寒い、というイメージがありますが、当事務所が行う古民家再生は、断熱改修にしっかりと力を入れていますので、夏涼しく、冬あたたかい暮らしが可能です。

断熱改修には、天然素材の木質計断熱材を用い、また床板も、デザイン性と熱環境や結露のリスクをさけるため、合板フローリングではなく、国産無垢財を使うなど自然素材を基本としています。

また、電気や灯油をあまり使わず、建物のまわりにある自然の持つエネルギー(太陽光、太陽熱、風、水)なども活かした改修設計を大切にしています。

事例紹介: 熱損失係数判定書

南房総の家では、古民家再生時に断熱改修を施した場合とそうでない場合の熱損失、初期コストとランニングコストから見るコストパフォーマンスについて調査分析しました。詳細はこちらをご覧ください。

6.地場を熟知した職人との連携 施工

その土地の地場、気候風土を熟知していること、住まい手から近いため、迅速なアフターフォロー街応ができることなどから、その土地の職人と協働で施工を行うことをおすすめしています。

当事務所では、全国各地の職人と独自のネットワークを築いていますので、職人、施工業者のご相談もお受けいたしております。

また、当事務所では、古民家再生に携わる中で、これまでに多くの職人達と仕事をしてきました。古民家再生の実績がまだ少ない職人達ともコミュニケーションを密に取りながら、監理業務を進めています。


施工中、職人へ造作のイメージを伝えるために描いたイメージスケッチ。現場で描いて職人に渡して説明する、を繰り返すことも。
_