美しい家とはどのような家でしょうか。
「本来のもの」=「本物」=「美」と考えると、本来のものを使った家が、日本の自然、気候風土に沿った豊かさを実感できる家だと考えています。

骨組み(架構)の美しさ、貫と足固めによる丈夫でしなやかな構造美、無垢の木と漆喰に囲まれた空間美、時間が経つほど味わいの増す空間、控えめで暮らしの邪魔をせず細部にまでこだわるデザイン、ライフスタイルの変化に対応できる実用的な間取り「用」、そして風景を美しくする家の佇まい。このような家づくりを私たちは古民家から学んできました。
そして、これらの伝統「美」に最新の設備を融合させることで、ここちよく豊かな気持ちにさせてくれる空間に囲まれながら、快適な活き活きした暮らしをご提供します。

住まいの美しさは、住む人の立ち振舞に現れると私たちは考えています。伝統構法による家づくりができる職人達、森を育て天然乾燥の無垢材をつくる林業者達、そして設計者が協働して、あなたの理想とする「用」と「美」の暮らしづくりをご提案してまいります。

_