ブログ

2018年03月31日 Sat

_

「西荻窪の家」お別れ見学会のお知らせ

義叔父の家「西荻窪の家」が壊されることになりました。

わたしが木組の家を目指すきっかけになった、建築家:小川行夫先生の作品です。

妻と結婚してすぐの宴会の後に、義叔父に連れて行かれた家の衝撃は、今でも忘れません。

低い塀の向こうにたたずむ真壁の平屋。和風なのにどこかバタ臭い外観。

玄関に入ると正面には、ドウダンツツジ。美しい床板の厚みと感覚を確かめたくて、思わず靴下を脱ぎました。

庭に生えていた桐の木を床柱にした茶室。入り口の切目縁。月見台の頭上に掛けられた、弓なりの丸太梁。

スキップした床の階段は、元の家の無垢の梁材。床から浮いた食堂の家具。

廊下の突き当りはガラスの壁。そこに突き止めの戸が当たるディテール。

深い思考の末に、練り上げられ、造られた「木組のモダニズム」だと思います。

数年前に義叔父は一人になってしまって、このたび敷地ごと売ることになりました。

この家に出会わなければ、今の自分はいなかったと思います。

わたくしの人生を変えてくれた家とのお別れは、本当に悲しくて、残念です。

いましばらく、壊される前のひとときを、じっくり味わいたいと思います。

義叔父の厚意で、見学会を開催させていただくことになりました。

追ってご案内いたしますが、参加ご希望の方はメールにてお知らせください。

4月22日を予定しております。

2018年03月27日 Tue

_

「漢方の本陣」建て起こし

270年もの間、徐々に傾いてきた北国街道の町家「漢方の本陣」。

何度かの補修の跡が見られますが、貫の入った壁のおかげで、倒壊を免れてきたようです。

これまでの改修で外された足固めを入れ直し、柱を根接ぎし土壁を落として傾きを直します。

昭和56年の豪雪のあとに入れられたと思える、鉄骨の架構も今回は外します。

創建当時の架構に戻し、本来の骨組みに現代の生活を反映します。

一年をかけて、再生する様子を逐次報告したします。 

もう200年生きる民家に生まれ変わります。

2018年03月26日 Mon

_

「浜田山の家Ⅲ」完成内覧会のお知らせ

木組の醍醐味が味わえる「せがい造り」の家が、完成いたしました。

建主様のご厚意で完成内覧会を開催いたします。

金物に頼らない、無垢の木と木を組み上げたダイナミックな構造です。

二階が一階よりのせり出して、まるで船のように見えます。

この機会にぜひお運びください。

「浜田山の家Ⅲ」内覧会のお知らせ

2018年03月19日 Mon

_

八王子の古民家再生進行中

古民家というと、暗くて寒いイメージですが、八王子の古民家再生工事は、床下の断熱改修を行うために防湿コンクリートを打ちました。

この後、柱の石場置き部分や足固めの補修をして、温かい古民家再生を実践します。

古民家の再生は耐震補強ばかりでなく、温熱向上や省エネも実践できます。

完成までに時間がかかりますが、壁や窓にも熱を逃さない工夫をして快適空間を実現します。

2018年03月05日 Mon

_

講演会報告

珍しい組み合わせの三人です(笑)インテグラルセミナーにて

木組のメンバーがたくさん来てくれました、なんとこの中に8人!

敬愛する岩崎夫妻と益子先生 ありがとうございました!

 

2月から続いた講演会ラッシュが、好評のうちに終わりました。

横浜での「ラーニングモア」では、伝統の木組と現代建築へのつながりをお話いたしました。

若い設計者に好評で、何名かが「木組のデザインゼミナール」に参加してくれるそうです。

鶴岡の講演会では、建設関係者や、行政の方たちと交流を深めることができました。

歴史的な建物の残る鶴岡の町に、木組の理解者が増えたことは喜ばしいことです。

インテグラルのセミナーには、他の建築家とともに170名の聴衆の前でお話させていただきましたが、わたしの敬愛する建築家・岩崎駿介さんの講演が、地球規模から哲学の世界までを網羅するスケールの大きな内容と迫力で圧倒されてしまいました。

伊礼さんの沖縄からの原体験の話ときれいなスライドで現実に戻されてホッとしました。

松井は、古民家の持っている可能性と現代住宅のとの歴史的な分断をつなぐ話をさせていただき、多くの方から「目からウロコの話」だと評価されました。

会場には、「ワークショップき組」のメンバーも遠くから駆けつけてくれて、インテグラルの社長柳澤さんや企画者の藤間さんと交流を深めました。

みなさんから元気をもらうセミナーが続き、大きな収穫となった講演会ラッシュでした。

楽しい企画をありがとうございました。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

選択して下さい

このページの先頭へ