ブログ

2016年05月29日 Sun

_

古民家に学ぶわけ①

 

エッセイ「古民家に学ぶわけ①」

松井事務所がいつでも古民家に学んで設計している理由を書かせていただきました。
こちらからどうぞ。

http://www.kominkanet.com/column/post-13/

民家園をたずねた古民家再生ゼミ

日本民家園にて古民家に学ぶゼミのみなさんです

2016年05月26日 Thu

_

「吉祥寺の家4」が始まります

玄関側は二階がせり出しています

玄関側は二階がせり出す「せがい造り」です

バルコニー側

南側はバルコニーと木製引込戸が見所

「阿佐ヶ谷の家」に続き、「吉祥寺の家4」が始まりました。
吉祥寺にはご縁があって4軒目となりますが、中央線沿いの建主さんが内覧会で集まるなど、楽しいつながりができています。

「吉祥寺の家4」は、玄関を入って、シューズクローゼット、パントリー、壁に本棚、二階に納戸と、
収納を沢山もうけたので、居間に物の出てこないすっきりとした暮らしができそうです。

 

kichijyouji4-3

玄関から一本力桁階段が、チラリ

2016年05月23日 Mon

_

「阿佐ヶ谷の家」足場が外れました

焼杉板の外観がお目見えです!

焼杉板の外観がお目見えです!


吊り階段

「吊り階段」リビングも内覧会でお披露目です

「阿佐ヶ谷の家」足場が外れ、
ドドーンとお目見えです。

焼杉板とモルタルのコントラストが特徴です。
本棚の壁が楽しみですね!

 

本棚の壁が並びます

西側の全面本棚をお掃除中の棟梁

2016年6月25日(土)

完成内覧会を予定しています。
詳細が決まりましたら、またお知らせいたします。

2016年05月12日 Thu

_

繰り返す地震に耐えるには?

熊本の地震から1か月がたちました。震災で亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。

今回の地震は、震度7の揺れが2度3度と襲ってくるばかりか、余震が連続して起こる、これまでに例のない災害となりました。

県民の象徴である、熊本城の惨状は目を覆うものがあります。いまだ納まらない余震の中で、避難生活を送られている方々の苦労は、計り知れません。

このように繰り返し揺らされるという想定のない、現行の建築基準法にとっても課題の多い地震です。

現行の金物で止めつける耐震の方法では、震度7の地震に一度だけ耐えることが想定ですから、今回のように何度も揺らされては、強度を増すために使用したはずの金物が木材を壊しかねません。

そこで早速、強い揺れにも耐えるように、現行耐震基準の強度を増した法規にするべきとの声があがっています。より耐震強度を上げて地震に対抗しようという方向です。

はたして、そうでしょうか?

今後も想定できない自然の猛威に、さらに抵抗することは可能でしょうか?建物の強度をどんどん上げることで、さらに地震の入力が増しますから、いたちごっこです。

では、わたしたちの先人たちは、この地震大国でどのように地震に対処してきたのでしょう。どうやら現在と違った独自の地震対策を行ってきたようです。

それは、自然の猛威に対して抵抗するのではなく、受け流す方法です。

むかしからの伝統的な木組の家には、壁の中に貫が入っていて、木のめり込みを利用して、大きく変形しても粘り強く崩壊しない壁を造っていました。また、継手・仕口という接合部は、揺れを摩擦力で吸収します。貫と継手・仕口によって、繰り返し揺られても元に戻る、「復元力」を備えているのです。

このブログでは、何度も繰り返しになりますが、「貫をやめてはいけない」のです。木と木を組むことで、地震力を減衰することができることは、実験によって検証されています。とはいえ地盤の悪いところでは、どんな建物もひとたまりもありませんが、先人たちは土地を選んで家を建ててきた経緯があります。

地盤の良いところもしくは改良してでも、「復元力のある木組の家」を建てることは、わたしたちの使命だと考えています。

 

bが貫(ぬき) 伝統構法では柱と柱の間に貫が渡してあり、これが地震の備えとなります

bが貫(ぬき) 伝統構法では柱と柱の間に貫が渡してあり、これが地震の備えとなります

ブログ

プロジェクト

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年5月
  2. 2017年4月
  3. 2017年3月
  4. 2017年2月
  5. 2017年1月
  6. 2016年12月
  7. 2016年11月
  8. 2016年10月
  9. 2016年9月
  10. 2016年8月
  11. 2016年7月
  12. 2016年6月
  13. 2016年5月
  14. 2016年4月
  15. 2016年3月
  16. 2016年2月
  17. 2016年1月
  18. 2015年12月
  19. 2015年11月
  20. 2015年10月
  21. 2015年9月
  22. 2015年8月
  23. 2015年7月
  24. 2015年6月
  25. 2015年5月
  26. 2015年4月
  27. 2015年3月
  28. 2015年2月
  29. 2015年1月
  30. 2014年12月
  31. 2014年11月
  32. 2014年10月
  33. 2014年9月
  34. 2014年8月
  35. 2014年7月
  36. 2014年6月
  37. 2014年5月
  38. 2014年4月
  39. 2014年3月
  40. 2014年2月
  41. 2014年1月
  42. 2013年12月
  43. 2013年11月
  44. 2013年10月
  45. 2013年9月
  46. 2013年8月
  47. 2013年7月
  48. 2013年6月
  49. 2013年5月
  50. 2013年3月
  51. 2013年2月
  52. 2013年1月
  53. 2012年12月
  54. 2012年11月
  55. 2012年10月
  56. 2012年9月
  57. 2012年8月
  58. 2012年7月
  59. 2012年6月
  60. 2012年5月
  61. 2012年4月
  62. 2012年2月
  63. 2011年12月
  64. 2011年11月
  65. 2011年10月
  66. 2011年9月
  67. 2011年8月
  68. 2011年7月
  69. 2011年6月
  70. 2011年5月
  71. 2011年4月
  72. 2011年3月
  73. 2011年2月
  74. 2011年1月
  75. 2010年12月
  76. 2010年11月
  77. 2010年10月
  78. 2010年9月
  79. 2010年8月
  80. 2010年7月
  81. 2010年6月
  82. 2010年5月
  83. 2010年4月
  84. 2010年3月
  85. 2010年2月
  86. 2010年1月
  87. 2009年12月
  88. 2009年11月
  89. 2009年10月
  90. 2009年9月
  91. 2009年8月
  92. 2009年7月
  93. 2009年6月
  94. 2009年5月
  95. 2009年4月
  96. 2009年3月
  97. 2009年2月
  98. 2009年1月
  99. 2008年12月
  100. 2008年11月
  101. 2008年10月
  102. 2008年9月
  103. 2008年8月
  104. 2008年7月
  105. 2008年6月
  106. 2008年5月
  107. 2008年4月
  108. 2008年3月
  109. 2008年2月
  110. 2008年1月
  111. 2007年12月
  112. 2007年11月
  113. 2007年10月
  114. 2007年9月
  115. 2007年8月
  116. 2007年7月
  117. 2007年6月
  118. 2007年5月
  119. 2007年4月
  120. 2007年3月
  121. 2007年2月
  122. 2007年1月
  123. 2006年12月
  124. 2006年11月
  125. 2006年10月
  126. 2006年9月
  127. 2006年8月
  128. 2006年7月
  129. 2006年6月
  130. 2006年5月
  131. 2006年4月
  132. 2006年3月
  133. 2006年2月
  134. 2006年1月
  135. 2005年12月
  136. 2005年8月
  137. 2005年6月
  138. 2005年5月
  139. 2005年4月
  140. 2004年12月
  141. 2001年12月

このページの先頭へ