ブログ

2016年01月24日 Sun

_

鎌倉近代美術館の水面

鎌倉近代美術館が閉館になるという。近代モダニズムの建築でありながら、古都鎌倉の歴史環境に溶け込んだ名建築なのに、残念だ。

1951年開館した日本初の公共美術館。坂倉準三の設計で、多くの市民に「鎌倉近美」の愛称で長く愛された。シンプルなファサードで自己を主張しないことが、周囲の景観にもよく溶け込んでいる。

水辺にたたずむ姿は、凛とした静けさがあり、池に臨むテラスでは、水面の反射が美しく、天井を眺めるといつまでも飽きることがなく、時間を忘れることができた。

鎌倉近代美術館

鎌倉近代美術館

2016年01月17日 Sun

_

今日を忘れない

1月17日です。6434人の死者を出した阪神大震災から21年になりました。そのうち8割が圧死です。約5000人の人が、建物もしくは家具の下敷きになって亡くなりました。

建築に携わる人間とって、今日は忘れられない日です。

地震に強いと言われた、10万4906棟の家屋が全壊しました。一部損壊までを入れると、63万9686棟にも登ります。

その後、木造住宅の耐震性能が大きな課題となったことはもちろんです。

当時の仲間たちと「私家版仕様書」を書いたのは、地震被害からいかに命を守る家づくりができるかを知りたかったからです。

今日が、わたくしの家づくりの方向性を決めました。美術学部出身にもかかわらず、心から日本家屋の構造の本質を学びたいと思いました。

伝統構法と呼ばれる日本古来の家づくりには、先人たちの多くの知恵があると思ったのです。

2007年から国土交通省による、振動台実大実験にも実務者として参加させていただきました。5年間の実験で、分かったことはたくさんあります。木造住宅の特性は、めり込みと粘りと復元力です。

そこで学んだ命を守る貫や足固めは、毎回の実務に生かしています。建物が人の命を奪わない家づくりが、わたくしの使命だと考えています。

今日は忘れられない日です。阪神大震災の教訓はしっかり引き継いでいきたいと考えます。

合掌。

2016年01月12日 Tue

_

二つの建築展

あけましておめでとうございます。正月気分の抜けない3連休に、二つの建築展を見に行ってきました。

ワタリウムで開催されている、ブラジルの女性建築家「リナ・ボ・バルディ展」ーブラジルが最も愛した建築家―と六本木ヒルズ 森美術館で開催されているイギリスの建築家ノーマン・フォスターの「フォスター+パートナーズ展」ー都市と建築のイノベーションーです。

ノーマン・フォスターは、サー(卿)の称号を持つ英国が世界に誇る建築家です。

わたくしが、事務所を始めたころ、フォスターの画集が3巻出版されて初期の作品が掲載されたときは、枕元に置いて毎晩眺めながら寝ました。分かりやすいイラストによるプレゼンテーションに魅せられました。スケールの大きなプロジェクトから小さな住宅まで、飽くことなく見たために画集はボロボロになりました。

今回の展覧会は、最近の作品を見る良い機会でした。本来、架構や構造のシステムの長けている建築家ですが、組織的な展開を駆使し、各国の空港など見ごたえのあるスケールでした。日本では住宅の設計も、実現されていることを初めて知りました。

日本の住宅を設計していました

日本での住宅設計

ノーマンフォスター展会場

ノーマンフォステー展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2002年に、イギリスに行って実際の建物を見る機会がありましたが、全体と細部のバランスの良さに驚きました。ネジ一本にまで気を抜かない精度です。

会場が、六本木ヒルズの最上階 東京シティビューということもあって、フォスターの展示にぴったりの都市空間でした。
http://www.mori.art.museum/contents/foster_partners/

ワタリウムのリナ・ボ・バルディ展は、今回初めて知った女性建築家ですが、あのザッハに似た風貌で驚きました。

こじんまりとした展示で、第二次大戦前後の作品展でしたが、モダニズムの初期の作品とも思えない土着との融合があり、時間の流れに耐える先進性を持った建物の展示でした。スイスの建築家マリオ・ボッタ設計のワタリウムの建物に似合ったスケールで、心地よい印象でした。
http://www.watarium.co.jp/museumcontents.html

年明けから気の引き締まる二つの建築展でした。今年も例年同様、あけても暮れても建築のことをずーっと考える一年になりそうですが、よろしくお願いいたします。

2016年01月08日 Fri

_

「阿佐ヶ谷の家」構造見学会のお知らせ

asagaya_kengaku

東京都杉並区阿佐ヶ谷に、木組の家が上棟しました。

壁一面の本棚と、光が差し込む吹き抜けが特徴の小さい木組みの家です。

骨組みの美しさが「き」組の家の特徴です。

構造見学会は、日本古来の耐震の工夫である
貫や足固めをじっくりご覧いただけるよい機会です。

みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

 

 

「阿佐ヶ谷の家」木組みの構造見学会

開催日時:
2016年2月13日(土)
10:00~16:00

対象:家づくりをご検討の方・本年度「木組ゼミ」受講生

お申込みはこちらからどうぞ

 

「阿佐ヶ谷の家」データ

小さくて楽しい木組の家
1F 38.21㎡ 2F 35.89㎡
延床面積 74.10㎡(22.42坪)
構造材 天竜杉・桧(手刻み)
外壁 焼杉・土壁風藁入モルタル
内壁 漆喰塗り
開口部 防火サッシ・木製玄関ドア
断熱材 高性能GW
設計:松井郁夫建築設計事務所
構造計画協力:悟工房
施工:キューブワン・ハウジング
山:天竜T.S.ドライシステム協同組合

2016年01月01日 Fri

_

あけましておめでとうございます

2016年元旦

あけましておめでとうございます。
今年も、ますます楽しい家づくりをしていきたいと思います。
2016年も、どうぞよろしくお願いします。

ブログ

プロジェクトレポート

選択して下さい

月刊アーカイブ

  1. 2017年10月
  2. 2017年9月
  3. 2017年8月
  4. 2017年7月
  5. 2017年6月
  6. 2017年5月
  7. 2017年4月
  8. 2017年3月
  9. 2017年2月
  10. 2017年1月
  11. 2016年12月
  12. 2016年11月
  13. 2016年10月
  14. 2016年9月
  15. 2016年8月
  16. 2016年7月
  17. 2016年6月
  18. 2016年5月
  19. 2016年4月
  20. 2016年3月
  21. 2016年2月
  22. 2016年1月
  23. 2015年12月
  24. 2015年11月
  25. 2015年10月
  26. 2015年9月
  27. 2015年8月
  28. 2015年7月
  29. 2015年6月
  30. 2015年5月
  31. 2015年4月
  32. 2015年3月
  33. 2015年2月
  34. 2015年1月
  35. 2014年12月
  36. 2014年11月
  37. 2014年10月
  38. 2014年9月
  39. 2014年8月
  40. 2014年7月
  41. 2014年6月
  42. 2014年5月
  43. 2014年4月
  44. 2014年3月
  45. 2014年2月
  46. 2014年1月
  47. 2013年12月
  48. 2013年11月
  49. 2013年10月
  50. 2013年9月
  51. 2013年8月
  52. 2013年7月
  53. 2013年6月
  54. 2013年5月
  55. 2013年3月
  56. 2013年2月
  57. 2013年1月
  58. 2012年12月
  59. 2012年11月
  60. 2012年10月
  61. 2012年9月
  62. 2012年8月
  63. 2012年7月
  64. 2012年6月
  65. 2012年5月
  66. 2012年4月
  67. 2012年2月
  68. 2011年12月
  69. 2011年11月
  70. 2011年10月
  71. 2011年9月
  72. 2011年8月
  73. 2011年7月
  74. 2011年6月
  75. 2011年5月
  76. 2011年4月
  77. 2011年3月
  78. 2011年2月
  79. 2011年1月
  80. 2010年12月
  81. 2010年11月
  82. 2010年10月
  83. 2010年9月
  84. 2010年8月
  85. 2010年7月
  86. 2010年6月
  87. 2010年5月
  88. 2010年4月
  89. 2010年3月
  90. 2010年2月
  91. 2010年1月
  92. 2009年12月
  93. 2009年11月
  94. 2009年10月
  95. 2009年9月
  96. 2009年8月
  97. 2009年7月
  98. 2009年6月
  99. 2009年5月
  100. 2009年4月
  101. 2009年3月
  102. 2009年2月
  103. 2009年1月
  104. 2008年12月
  105. 2008年11月
  106. 2008年10月
  107. 2008年9月
  108. 2008年8月
  109. 2008年7月
  110. 2008年6月
  111. 2008年5月
  112. 2008年4月
  113. 2008年3月
  114. 2008年2月
  115. 2008年1月
  116. 2007年12月
  117. 2007年11月
  118. 2007年10月
  119. 2007年9月
  120. 2007年8月
  121. 2007年7月
  122. 2007年6月
  123. 2007年5月
  124. 2007年4月
  125. 2007年3月
  126. 2007年2月
  127. 2007年1月
  128. 2006年12月
  129. 2006年11月
  130. 2006年10月
  131. 2006年9月
  132. 2006年8月
  133. 2006年7月
  134. 2006年6月
  135. 2006年5月
  136. 2006年4月
  137. 2006年3月
  138. 2006年2月
  139. 2006年1月
  140. 2005年12月
  141. 2005年8月
  142. 2005年6月
  143. 2005年5月
  144. 2005年4月
  145. 2004年12月
  146. 2001年12月

このページの先頭へ